• インプラントについて
  • メンテナンス
  • 治療料金と治療期間
  • センター長紹介
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • お問い合わせ

インプラントのブログ

インプラントのデメリットを考える

328d2fd3e17d618b21ef8d780b5976f9_s.jpg

インプラントに関するメリットとデメリットを考える前に
少しデメリットについて考えてみたいと思います。

メリットとデメリットを考えるときはどんな時でしょうか。
・住む場所アパートを決める。
・持ち家を購入する。
・進学する学校を決める。
・新しい家電を購入する。
・結婚を考える。

それを選択することによって新しい環境やものを手に入れたいと思うとき、
ある魅力的なものの中から一つを選ばなくてはいけないときなどが当てはまります。
そして、それらの多くは、決断した後にキャンセルすることや、
やり直すことが簡単にはできません。
決断するために、決断した時に既に
犠牲(支払・契約期間の取り決めなど)を払っているからです。
たとえやり直しが出来ても、大きな労力と金銭面での負担が
求められてしまうことが多いのだと思います。

メリットとデメリットについて私たちが調べようと思うときは、
私たちの人生にとって、とても大きな決断であることが多いような気がします。

メリットとデメリットを考えるということは、
その複数の選択肢の中から一つを決断することによって、
決断した選択肢の中に含まれるある程度の犠牲を、
決断とともに受け入れる準備をするということです。

例えば、持ち家を購入するとき、新しい生活環境の変わりに、
金銭面で大きく負債を抱えることになります。
上京して望んでいた仕事に就くとき、
大好きな家族や地元を離れていくこともあるかもれません。
ダイエットを例に考えると、目標とする体形を目指して、
トレーニングで汗を流したりして、継続して体力と精神力を使いながら
自分自身を制してコントロールをする必要がでてきます。

何も考えずにものを選択するときと違って、
それぞれに魅力的な点があるからこそ、
その中のひとつを選ぶ時、
そして選ばない時にどういう結果が待っているかを
考えようとすることの始まりがデメリットをきちんと知ることなのです。
このことを踏まえると、私たちがデメリットについて考えるときは、
前に踏み出すことを考えているともいえるのではないでしょうか。

5f4957cf63ea84b6dee5ec4edef01cfa_s.jpg

インプラントのデメリットについて考えてみたいと思います。
デメリットはメリットとされている益を手に入れるために必ず付随してくる、
負担となるものです。
デメリットはメリットと対になっているため、インプラントのメリットも一緒に考えます。

■インプラントのメリット
・見た目がきれい
・周りの歯への負担が少ないため、健康な周りの歯を削る必要がない
 (ブリッジ治療では健康な歯を削ってしまう)
・装着時にずれるなど違和感がない
・噛む力が回復する
・メンテナンスの手間が少ない
・自信につながる(見た目、食生活など)

■インプラントのデメリット
①金額が高い
②手術への不安
③メンテナンス

インプラントのデメリットは大きく分けて3つになります。
それぞれのデメリットについて、詳しくみていきましょう。

①金額が高い
 ご存知の方も多いと思いますが、インプラントは保険診療の適用がされず、
自由(保険外)診療となります。
悪くなったものを治療するのではなく、見た目を整えたり、
機能の向上を目指すことが目的となるからです。

その分、ご自身の歯の状態、金額の予算などを考え、
インプラントの治療法や材料の選択肢が増えるため、自分で納得するまで考え決めることができます。

②手術への不安
 インプラント治療はやはり外科手術となるため、
体への負担は虫歯の治療のように簡単なものではありません。
当医院にてメインで行われているインプラント治療は、
1回で全ての手術が完了するものではなく、
患者さんの口の中の状態を経過を確認しながら進めていくものとなっています。

 ある程度インプラントが骨とくっつき、
しっかりした歯の力を味わえるためには
2週間~1か月程度の期間が必要となります。

 患者さんごとの歯と口の状態を踏まえ、インプラント手術の日程、
手術後の経過観察、その後のメンテナンスについて、
事前に全てお話しし相談することでその不安は解消することが出来ます。
インプラント手術について起きる問題は以下に代表されます。

インプラント手術によって起こる問題
 ・イメージとの相違
 ・インプラント手術の失敗
 ・インプラントの不適合(グラグラする・はずれる)

 どこの歯にどのようなインプラントが進められるのか、
インプラント手術をした場合どのように変化するかなど相談と確認を
しっかりしていただくことで、イメージとの相違による問題は解消されます。

 インプラント手術の失敗やインプラントの不適合については、
知識が浅く設備も整っていない歯科医院でよく見られる問題です。
骨の密度が十分ではなかったり、安定していなかったりと、
インプラント治療を行うための基盤を判断するには熟練の経験が必要です。
骨が十分にインプラントに耐えうる状態ではない場合は、
骨を補充して、安定した土台を作りっていくことで、
インプラント治療を受けることができます。
埋め込んだインプラントがグラグラしてしまう、外れるなどの問題は、
専門的な知識と技術、判断力があればめったに起こりません。
しかし、インプラントは患者さんへの宣伝となり歯科医院にとって魅力的だと考え、
知識や技術がないにもかかわらずインプラント手術を
請け負ってしまう歯科医院があることも事実です。

 きちんとした事前の症状、状態の確認、インプラントの土台となる
骨の密度のチェックなどを行ったうえで、患者さんに合ったインプラント方法を
提供できれば、インプラント手術後にグラグラしたり、
はずれてしまうようなことはほぼありません。

 事前にきちんと相談が出来、納得するまで説明をしてくれる歯科医院を
見つけることで、インプラント手術への不安は解消できると思います。

③メンテナンス
 入れ歯のように、簡単に外れるものではないため、
取り外しをしてからのお手入れなどがなくなります。
入れ歯のお手入れを考えれば、メンテナンスにかかる不便さは多少軽くなるかと思います。

しかし、汚い部屋を掃除してもそこに住む人の特質が変わらなければ、
前と同じようにすぐ汚くなってしまうのと一緒で、
毎日の歯磨きが徹底できてない人は、
インプラント手術後も口の中が清潔に保たれず、炎症を起こしてしまうことがあります。

 そして、人工物を入れた部分に関しては、
自然の歯が生えている部分より免疫が弱くなってしるので、
炎症の進行ははやくなります。
口の中のお手入れが習慣化されていない人には、
インプラントをお勧めすることはできません。
何よりも口の中は、お手入れと定期的なメンテナンスが命です。

O72ZZW0.jpg

多くの人が、今現在インプラントの歯を自分の歯として、
生活を楽しんでいらっしゃいます。
自分の歯で、もう一度噛めるようになるというメリットは、
少しの犠牲にかえても手に入れる価値のあるものではないでしょうか。
インプラントを考えている方のデメリットとして考える部分が、
相談やお問い合わせなどによって解消できるのであれば、
ぜひお役にたちたいと思っています。

 おかげさまで当歯科医院では、他の歯科医院でみてもらったが
納得がいかなかったという方もお越し下さり、
治療を始められるというケースもあります。
また、部分的にインプラント手術を行い、
それに満足してほかの歯も続けて手術をされる方もいます。
治療法を納得いくまで、相談することが出来ることや、
何よりも私たちプラザ若葉歯科のインプラント技術が、
患者さんに納得して頂ける形として提供できている証拠だと感じています。

 デメリットを考えるのは、
そのデメリットを受け入れてもなお価値があるものなのかを
判断したいからだと思います。
インプラントのデメリットとして考えるうちの半分が
不安からくるものであれば、相談で解決することが可能です。
不安がどこにあるかを明確にし、新しい自分や食生活への自信を持つために、
一歩踏み出してみませんか。

 インプラントの相談は、インプラント専門医のいる当院へお待ちしています。
インプラントに関する疑問、不安、相談などすべてお答えすることが出来ます。
プラザ若葉歯科へご連絡、ご相談お待ちしております。

インプラントで食を楽しむ

20170502.jpg

埼玉県が誇る美しく古い街並みが並ぶ観光地と言えば、川越です。
小江戸の街として、蔵造りの街並みが古き良き時代の懐かしい雰囲気を醸し出しています。
都心から、1時間とアクセスもよく、平日・休日を問わず多くの人で賑わっています。

夏には川越百万灯夏まつり、花火大会、秋には川越まつり、
毎月ある「きものの日」など、そこにある古い街並みだけではなく、
四季折々の楽しみ方があるのも大きな魅力の一つです。

若者のデートからご年配のおじいちゃんおばあちゃんたちまで、
多くの人たちが街の風情を感じに訪れる場所となっています。

川越の楽しみと言えば、昼も夜もそれぞれの顔色で美しさを魅せてくれる街並みと時の鐘。
商店街の方々が街づくりに力を入れていることが、街の活気から訪れる人に伝わっていくのだと思います。
そのためか、そこで体験したり見学することの一つ一つが、胸を躍らせてくれるものとなっています。
活気のある町で頂く美味しいものはまた格別です。
お食事やスイーツ、名物の紫色まんじゅうやアイスクリームは外せません。

川越の街並みを楽しみながら、見どころを巡り、
軒を連ねている美味しいもの屋さんめぐるのが定番の観光ルートとなることでしょう。

菓子屋横丁もあり、古く懐かしいお菓子など色とりどりの美味しいものが揃っています。
たくさんの食べ物が揃っているからこそ、選ぶ楽しみもあります。
食べ物なくして、毎日の楽しみは考えられないですよね。

美味しいものを美味しいと感じるには、
やはり食べ物の歯ごたえ、味、食感を心置きなく味わうことが重要になってきます。
そこで大切になってくるのが、健康な歯です。

グラグラした歯では、柔らかいものも噛みきれなかったり、
固い物を食べることを遠慮してしまったりと、不自由がたくさん出てきます。
毎日大切にお手入れをしていても、時とともに古くなってしまえば、
機能も少しずつ衰えていきます。

川越の古い街並みが美しく整えられ、
わたしたちに今もきれいと思わせてくれる陰には、
街を管理する方々、住民の皆さんが大切に保管してくださっている大きな働きがあります。

古い家は柱や梁が補強され、
外観などの良い部分を残しながら整えられていきます。
また、ぼろぼろになってしまったものは、
良いものと古くなりすぎて使えないものとを分別し、
リノベーションすることによって、美しく生まれ変わることもできます。

川越を愛し守っている方々は、その場所に訪れる方々が安心して、
きれいな街並みを楽しめるように努力して整備しているのです。

美しく維持していくためには、それぞれの古くなった家屋の状態を見直し、
どこに何が必要か、不要なものは何かを日常的にチェックしなければいけません。

私たちの健康ととてもよく似ていますね。
私たちは日々健康を保つために、バランスの良い食事を心掛けたり、スポーツをしたり、
歯磨きをしたりすることである程度の病気や怪我を予防することができます。

それでも、突発的なけがや病気、年齢を重ねることによる老化などを、
全て防ぐことはできません。
形あるものは時がたてば古くなるものです。
古くなれば、病気やけがもしやすくなります。
また、どんなに予防しても事故や病気で健康が害されることもあります。

古くなって使えないことを仕方ないと諦めるか。
事故や病気で、かけてしまったものを回復せずにないものとして受け入れるか。
もしくは、出来る改善・治療を施し、よりよい健康を取り戻すか。
それは自分次第です。

街並みを綺麗に維持することと、健康で快適な食生活(健康生活)を楽しめるかは、
とてもよく似ています。
まだ機能しうる大切な部分を生かし、必要な手入れをしていくことで、
よい状態を長続きさせることができるのです。

歯の健康の維持のための画期的な解決法の一つがインプラントです。
街を整えるために全てをさら地にして、作り変えることをしないように、
インプラントもすべての歯の構成要素を1から作り直すわけではありません。
インプラントはすべてを一新するのではなく、使える部分を清潔に維持し、
補強が必要な部分に適切な処置を施すことで、
患者さんが安心して食生活を楽しめるように応援するものなのです。

そのためには、歯1本1本の状態を丁寧に検査し、
どんな補強が必要かどうかを判断する必要があります。
他の治療により、歯の状態の改善が見込めるなど、
インプラントが必要ない場合は、無理にお勧めすることはありません。

古いものを見直し検査すること、
より良いものに変えるために新しいものに変えていくには、
勇気が必要な時があります。

人生には、時々大きな決断が必要です。
しかし、そこには諸先輩からの助言や友人からの励ましがあることでしょう。

私たちプラザ若葉歯科は、患者さん一人一人の不安に向き合って、
一緒に治療法を考え、提案していくことを大切にしています。
治療法、治療にかかる料金など、心配なことは多くあると思いますが、
プラザ若葉歯科にはベテランのスタッフと、
経験・技術あるインプラント専門医がいます。

一歩、勇気をもって踏み出してみませんか。
不安や疑問なをお話しし、相談するだけでも構いません。
私たちは、一人でも多くの方々に健康で安心できる食生活を
楽しんでいただきたいと考えています。

インプラントは古くて頼りなくなってしまった歯に変わり、
みなさんの食生活を全面的に応援する画期的な治療です。

私たちプラザ若葉歯科には、
おかげさまで川越をはじめとする近隣の市町村の方々より、
インプラントに関する多くのご相談をお受けしております。

古い街並みを誇る川越が美しく保たれているように、
私たちがいつも安心して食を楽しむことが出来るように、
インプラント技術があります。
インプラント技術によって、口の中の歯に関する健康状態を、
大きく改善することが出来ます。

治療を進めていく上での、疑問や質問なども親身に受け付けていますので、
プラザ若葉歯科へお気軽にご相談下さい。

小江戸川越からもアクセスしやすいインプラント専門医は、
ここプラザ若葉歯科です。

インプラント治療のメリット

170422.png

インプラントというものは、歯周病であったり、外傷などによって歯を失ってしまった場合、その機能を補う方法のひとつとして有効な処置であります。

治療法としましては、失ってしまった自分の歯の代替えとして人工の歯根を顎の骨に埋入し、その上に被せ物(人工の歯)を取り付けることによって、噛み合わせを回復させます。
従来はブリッジ、入れ歯等、残った他の歯に力や機能の分担させる方法が一般的であったのですが、インプラント治療は、固定性になりますので、ガタついたりすることもなく、本来の自分の歯と同様、噛める力が元通りになります。見た目も、本来の元の健康な歯にちかくなるのです。
本当に、ほとんどの歯がなくなってしまった場合でも、以前のような健康な歯の状態へ戻すことが可能な「リセットボタン」のような治療法がインプラントというものなのです。
インプラントの治療にはデメリットもあるのですが、、それに以上に数多くのメリットがあります。

・本来の元の歯に近い審美性

見た目が、以前の本来の自分の歯とほとんど同様ににキレイに仕上がり、審美的にもとても優れています。歯は、たった1本失うだけでも審美性が大きく崩れ、身体全体のバランスに対しても悪影響を及ぼしてしまうのです。
インプラント治療の場合は、失ってしまった穂の部分のみを治療するので、ブリッジのように両隣の健康な歯を削ることにより傷つけてしまうこともありません。両隣の健康な歯まで削ってしまうと、その健康な歯までむし歯になってしまう可能性が高まります。健康な歯は、健康の歯のまま残すという最適な治療法になるのです。
インプラント以外の治療法である入れ歯では金具がみえてしまいます、審美性という観点からは多くは期待できませんでした、ですが、インプラントの場合はそのような問題を解決することが出来るのです。ブリッジの場合は健康な歯を削ずらないといけません。インプラントの場合そういう健康な歯を削るというデメリットはなくなります。要するに、インプラントの場合、周りの歯に負担をかけることなく、本来の自分の歯に近い見た目の歯というメリットがあるのです。

・本来の自分の歯と同様に噛むことが出来る(食事を楽しむことができる)。

インプラントではなく入れ歯の場合は、味覚が低下してしまったり、熱を感じづらくなってしまうので、喉をやけどしてしまったりということがあります。インプラント治療の場合は、自分の歯とほとんど同じ状態になるので、味覚が低下したり喉をやけどしてしまうという心配は、ほとんどありません。
そして、ブリッジの場合でも、自分の歯と同様に噛むことが出来るのですが、両隣りの歯に負担がかかってしまいます。部分入れ歯の場合の噛む力は、失ってしまった本来の自分の歯の3分の1程度しかないと言われています。噛む力のみで比べれば、総入れ歯の場合は健康な時の2割まで機能を回復することができれば良いほうといわれているのです。ですが、インプラント治療の場合は、天然歯の状態の8割近くまで噛む力が回復するといわれております。歯を失う前の本来の自分の歯と同様に何でも噛むことが可能になり、食事などの不自由さから解放されます。インプラント治療は失ってしまった歯だけでなく、失った歯根まで再生するので、歯を失う前と同様に何でも噛めるようになるのです。

・顎の骨量が減少することを防ぐことができる
歯を失ってしまうと、食べ物を噛み砕くということが減り、歯茎やあごの骨が痩せ細っていきます。ですが、インプラントでしたら、骨や歯茎に噛むことが伝わります、よって、顎の骨や歯茎が痩せていくということをを防ぐことが出来ます。
入れ歯やブリッジの場合は、刺激が伝わらず、顎の骨や歯茎が痩せていってしまいます。

・噛み合わせを維持することが可能

インプラントはブラッシングやメンテナンスをきっちりとやっていけば、長持ちします。そして、長時間におきまして、安定した噛み合わせが可能なのです。ブリッジの寿命は7年ぐらいと言われており、土台になる両隣りの歯を悪くする可能性等もあるのです。入れ歯の場合も、長期間の噛み合わせを維持するのは、困難と言われています。

・複数の歯を失ってしまった場合でも治療可能

ブリッジの場合は、失ってしまった歯の両サイドに土台となる歯が必要になってきます。ですが、インプラントの場合は、歯が両サイドになかったとしても、人工の歯をつくることが可能だというメリットがあります。そして、入れ歯の場合も、複数の歯を失った場合でも治療はできるのですが、他の様々な面を見比べるとインプラントにはやっぱり劣ってしまいます。発音に支障をきたし話しづらかったり、入れ歯がはずれてしまうなんてこともあります。歯根から再生させるインプラント治療では、そのようなことはまずないといっても過言ではありません。歯をなくしたという事実に対するショックや、食事を美味しく食べれなくなってしまったり、年老いてしまったという感覚を、インプラント治療をすることにより、取り戻すことが可能です。歯をなくしたことで食べることができなくなってしまった固い食べ物も、インプラント治療をすることにより食べることが可能になります。
口臭が気になって親しい人や大切な人と会話をすることが嫌になってしまった、等の悩みもインプラントは解決してくれます。

・違和感がない!

インプラント治療の場合は、人工歯根を埋入することにより、失った歯を補う治療になりますので、入れ歯があわず口の中が痛い等、違和感があるということも殆ど無いと言っても過言ではありません。

インプラントの料金について

170330.png

インプラントは自由診療になります。歯科医院独自が費用設定できます。したがって、歯医者によって料金が異なるので、費用重視で歯科医院を選ぶ人も少なくないと思われます。

インプラントは外科手術が必要になります。リスクを伴うことになるのです。安易に、「安い」という理由だけで歯医者を選ぶことはオススメできません。

安全性、治療の質(医師の技術)を考慮して、歯医者を選ぶことが重要になってきます。

■インプラント費用の違い
インプラント本体の料金は、メーカーごとに違います。あまり信用がない安いインプラントを採用している歯科医院もあれば、多少、費用はかかっても実績、信用等のあるインプラントを使用している歯科医院もあります。

そして、治療の安全性を向上させるために機器・設備等にも費用がかかっています。歯科医師の技術向上のための研修・学会等への参加、麻酔専門医の立ち合い等、治療に対しての安全性を向上させるために費用がかかってしまうのがまぎれもない現実になるのです。

平均的な治療費よりも、極端に安い場合には、著しい企業努力なのか、ただの裏があるのか見極めが必要となります。

■料金を比較する際に知っておきたいこと

インプラント治療を扱う歯科医院を選ぶ際には料金を比較することも、確かに、重要な要素です。安い買い物ではないのです。ですが、数字だけで判断することをオススメすることはできません。

・インプラント治療の料金に含まれるもの
インプラントの材料を質のよいものにすれば、もちろん、それだけ高額になることは目に見えています。料金に合った材料を使用しているかどうかを確認する必要があると思われます。また、検査や診断等にどの程度の時間が必要になってくるかでも料金は、変わってきます。インプラントは外科手術です。だから、患者様からすれば、丁寧に診てくれる歯医者さんを選びたいという気持ちになるのは当り前であるとおもいます。プラス、治療をする歯科医師の技術レベルも料金に加算されています。

・インプラント治療は保険適用外 ご存じの方もいらっしゃると思いますが、インプラント治療には保険が適用されません。よって、高額に感じてしまうのは仕方のないことです。インプラント治療の相場を目安にして、料金を比較するようにすることをオススメ致します。

■地域によって変わるインプラントの相場

「1 本15 万円」などと宣伝している格安インプラントもある一方、1 本60 万円で治療を行っている歯科医院もあります。インプラントの費用相場は、地域により変わってきます。東京等の首都圏、大阪等の大都市では、値段が比較的高い傾向です。

全国のインプラントの費用相場は30 ~ 50 万円とされていますが、東京などの大都市では35 ~ 45 万円とされています。

2000 年頃は50 万円から100 万円程度が相場でした。依然高額な治療ではあるのですが、昔と比較すると、かなり治療が受けやすくなったといえます。

今よりも昔はインプラントは特殊治療で、術式や材料等も現在とは異なりました。インプラントを日本に導入した歯科医師は、この先端の治療を広めたいという気持から、1本あたり100 万円程度で治療をしたのがはじまりです。かなり高い治療費だと思いますが、当時は、この金額であっても大赤字だったようです。

一部の人限られた人のみ受けることができた特別な治療であるインプラント。それが、一人の歯科医師から普及し価格も下がり、現在は、一般の方でも受けやすくなりました。これは、インプラントに限らず、他の治療でも見られるプロセスです。では、もっと待てば、さらに今よりも安く治療が受けることは可能なのでしょうか?

可能性はゼロではないです。ですが、これ以上大きく料金が下がることは多大なる企業努力が必要となり期待できないと思われます。なぜならば、他の類似治療との比較から推察されます。

インプラントの費用は、おおまかにわけますとインプラント体を顎の骨に埋入し人工歯根を作るための費用と、その上にかぶせる人工歯(上部構造)の部分を作る費用とにわけられます。

歯の根にあたる部分を作る事に関しましてはインプラント本体の費プラス、オペ自体の技術提供の費用、オペをに必要となる費用(消耗品代、薬品代、インプラントのオペを行うために必要な器具や設備にかかる費用、オペに必要な人員の確保にかかる費用など)がかかってきます。

上部構造はセラミックで作られることが多数になります。したがって、自由診療のセラミッククラウン等の価格(セラミックの種類等によって幅がありますが、おおよそ10 万円程度が相場と考えられます。)に、アバットメントなど接続する部分の費用を加えた費用、それが、上部構造の相場になります。

一部になるのですが、激安のインプラントを提供している歯科医院もあります。いくつかの料金プランが用意されており、実際には相場程度になるよう誘導される事が殆どだそうです。

低価格の医院へ相談にいったにもかかわらず、結局は高い見積になってしまい、別の医院へ相談へ行った、という事例も耳にしたことがあります。

必要な器具や設備、人員削減により、低価格のインプラントを提供する歯科医院もあるのですが、衛生面や安全面がおざなりになるようでは、意味がありません。

インプラント治療は、高ければいい、安いのはダメ、というものではないのですが、衛生管理や安全性、術後のフォロー体制等、後々の事まで総合的に考え歯科医院選びをする事がオススメです。

■インプラントで気を付けるべきこと

医院選びをすることは大切なことです、そうしないと下記のようなトラブルに合う可能性は高くなります。

・医師の技術力が低い
インプラント治療を成功させる要因として、歯科医師の技術力は一番のファクターになると言われても過言ではありません。技術力の高い歯科医師はそれ相応の経験や知識を身につけるために、費用と期間を要しています。そのぶん料金は高くなるのが極必然ある ということは言うまでもありません。しかし、医院の方針として、できる限り安い料金でインプラント治療をできる環境と作ろうと努める歯科医院もあります。

・劣化しやすい素材を使っている
インプラントの素材を選ぶ際には耐久性も確認しなければならない一つの指標です。見た目に違いがなかったとしても、長く使用していますと変色、破損等、劣化しやすいものもあります。

・検査や治療内容が限定されていることも
まれになりますが、一般的に行われるはずの検査や治療が受けられない場合もあります。CT 撮影は行っているのか、全身麻酔を受けられるのかといったことを事前に確認するもとも必要です。

・保証期間が短い
インプラント治療は一度受けたら終了というわけではありません。責任をもって、術後のメンテナンス等も行ってくれる歯科医院を選びことが重要です。ほとんどの歯科医院では保証期間は、5 年から10 年としています。保証期間が短いとなにか問題があった場合、結果的に出費がかさんでしまう恐れがあるので注意してください。

■メンテナンスにかかる費用も忘れずに

・インプラントはメンテナンスが必要
インプラントそのものは人工の歯です。虫歯になる心配は不要になります。しかし、歯磨き等で汚れをきちんと落とさなければ、細菌のかたまりであるプラークのせいでインプラント周辺の歯茎や骨に炎症が起こる可能性が出てきます。この炎症を放置してしまうと、あごの骨から抜け落ちる可能性もあります、要注意が必要です。かみあわせの調整も定期的に行う必要があります。ですから、最低でも1 年に1 ~ 2 回のメンテナンスは必要となってきます。

・メンテナンスの内容
メンテナンスでは、汚れや炎症を見るために歯や歯茎の状態を確認します。歯についてしまった汚れはクリーニングで除去て炎症を防がないといけません。インプラント周辺の骨や歯の状態はレントゲンで確認します。そして、かみ合わせに不具合が生じていないかもチェックし、必要に応じ人工歯を削ります。

■得するインプラント治療の選び方

・医療費控除の対象となる
自由診療であるインプラント治療は全額が自己負担となるのですが、医療費控除の対象となっております。医療費控除は、年間の医療費が10 万円以上になる場合、支払った医療費の一部が戻ってくる制度です。インプラント治療に関する検査や診断、手術の費用だ けでなく、通院に要した交通費も対象となりますので領収書やレシートはすべて保管しておくことがオススメです。

・ローンや分割払いができる可能性がある
インプラント治療は、費用が高額になってしまうので、あらかじめ費用を用意できなかったとしても、ローンや分割払いを利用できる場合もあります。歯科医院が提携している信販会社によるデンタルローンや、通常のクレジットカード、銀行等の多目的ローンを使用できる可能性はあります。また、歯科医院との直接契約で、分割払いをできるところもあります。

・保険を適用できるケースがある
2012 年4 月より、病気や事故などであごの骨を失ってしまった場合のみになりますが、インプラント治療に保険を適用できるようになりました。ただし、適用に際しては、条件があります。対象となる歯科医院も限られています。歯科医院に事前に確認はひつよう となります。

インプラントの種類について

170328_2.png

インプラント( 人工歯根) にはさまざまな形状や素材があり、ご自身の希望に合わせてどれを使うか選ぶことが可能になります。ただ、それぞれの形状や素材によってインプラントの特性も変わってくるので、医師と相談のうえ最適なものを選ぶことがオススメ です。

歯科のインプラントというものは、顎の骨に埋入する「インプラント(人工歯根)」と、失ってしまった歯の代わりとなる人工歯とも呼ばれる「上部構造」、それらインプラントと上部構造を連結する「アバットメント」の3 つの部品で構成されています。

インプラントには多数の種類があり、歯科医院によって取り扱う製品も違ってきます。

それでは、下記でインプラントの種類をご説明致します。

■インプラントの形状の種類

インプラントの本体となる人工歯根。これは、歯に埋入するネジの部分です。この人工歯根の形状には次のような種類が存在致します。

・スクリュータイプ
ネジのような形をしているインプラントの種類になります。骨に埋入する穴が小さく、噛む力を効率よく骨に伝えることができるため、現在では、最も多く使用されているタイプになります。先が細くなっている「ルートタイプ」、太さが変わらない「ストレートタイプ」の二種類があります。

・バスケットタイプ
ネジのような螺旋があり、スクリュータイプに似ていますが、穴が数箇所開いていて、中が空洞になっているのが特徴になります。穴があることによって、骨が中まで入り込み、骨とより強く結合させることが可能なのですが、空洞のためインプラント自身の強度が弱く、破損のトラブルもあります。近年は殆ど、使われなくなってきています。

・シリンダータイプ
スクリュータイプと同様、主流として採用されているインプラントの種類になります。ネジの螺旋がない円筒形で、凹凸がないため容易に埋入が可能です。ですが、表面積が小さくなるので、初期固定が弱いという弱点があります。2 回法(※2)の治療に適してい るタイプのインプラントです。

・ブレードタイプ
T 字の板状になっているインプラントです。幅が狭く薄いので、骨幅が狭い部分に使えるというメリットがあります。ですが、力のかかり方に偏りがあり、破損等が起きやすいという釈天があるので、現在は、ほとんど使用されることがなくなりました。

※1.1 回法
インプラント体を埋める部位の粘膜を切開して骨を露出させて、ドリルで穴を開けワンピースインプラントを埋入します。ツーピースインプラントの場合においては、インプラント体を埋め込み、同時にアバットメントを連結いたします。

※2.2 回法
1 回法と同じようにしてインプラント体を埋入後、上部の穴にカバーを付け、切開した粘膜を糸で縫い合わせて1 回目の手術は終了になります。インプラント体と骨が結合するまで上顎(上あご)では5 カ月前後、下顎(下あご)では3 カ月前後待ちます(治癒期間)。2 回目の手術はカバーの上の粘膜を切開して、カバーを除去後仮のアバットメント(ヒーリングアバットメント)を連結させます。粘膜の治癒を2 ~ 3 週間待って、本物のアバットメントを連結致します。骨の量が十分にあり硬い場合には1 回法でも問題はありませんが、骨の量が少なく骨移植が必要だったり骨が軟らかい場合には2 回法が採用されます。

※ワンピース型とツーピース型
インプラントとアバットメントが最初から一体化されている「ワンピース型」と、別々になった「ツーピース型」が存在し、ワンピース型は1 回法(※1)の治療に使用されています。どのインプラントの種類を使用すればよいかは、患者様一人ひとりのお口の環境 次第に合わせて歯科医療のインプラント専門医が選定をすることになります。

どちらが良くて、どちらが悪いということはないのですが、インプラント治療としてスタンダードであるのは、ツーピース型のインプラントになります。その理由は、もし、歯冠部分にトラブルが起きた場合、骨の中に埋入されている部分と口の中に出ている部分が一体化されているワンピース型では大変な問題となってしまうからです。また、インプラントを埋入時に生じる、感染のリスクもワンピース型インプラントの方が高まります。

では、どうして、ワンピース型インプラントのニーズはあるのでしょうか?理由は、コストを安くできるからです。

一般的に、ツーピースインプラントの治療費は、30-50 万円といわれていますが、手術回数や部品も少なく、また、もともと精度の高さを考えていない(オーダーメイドと既製品の違いと考えるとわかりやすい)ワンピースインプラントであれば、普通の技工士さ んが作製することができるという理由で、10-30 万円程度で費用は収まります。

しかし、同じインプラントでも、ワンピースとツーピースでは、技術や労力に雲泥の差があり、それが治療費の差になっていることはあまり知られておりません。

■インプラントの材質

インプラントの材質として使用されていますのが、チタン(チタニウム)になります。私たちの体は異物(例えば金属)が入り込むと、これを吸収したり排除しようとしたりします。この生体反応の一つが金属アレルギーになります。金属はイオン化し、少しずつ溶けていくのですが、チタンはイオン化しないので、アレルギー反応がほとんどおこることはありません。したがって、生体親和性が高く拒絶反応が起きないチタンは、口腔内の温度変化に強く、対腐食性、強度においても優れているため、骨や軟組織が表面によくくっつく性質をも備えている、インプラントに最も適した材質になるのです。

・ハイドロキシアパタイト(HA)
骨結合は早いのが特徴です。しかし、5 ~ 7 年で吸収してしまうので、表面に炎症性細胞が出現してしまうと、急激にインプラントがダメになります。

・チタン
多少時間はかかってしまうのですが、骨結合はHAと同等のレベルで、経年変化がありません。強度が高く腐食にも強く、かつ金属アレルギーも置きにくいメリットの多い素材です。インプラント治療において今現在最も主流となっている素材といえるでしょう。

・チタンニッケル合金
生体適合性や骨の結合性はチタンより劣るのですが、その分形状記憶の特性がメリットとなる素材になります。

・チタン合金
特性はチタンとほぼ変わりません。かつ強度においてはチタンより高いのが特徴的な素材になります。加工性についても優れています。

・人工サファイア
一昔前に使われていた素材になります。骨との結合性が低く、今となってはメリットの少ないです。現在は使用されることはほとんどありません。

・ジルコニア
耐摩耗性や強度が高いジルコニアは、素材の白さからも審美性にも優れております。加えて、100%無垢のジルコニアが使われたインプラントなら、金属アレルギーを起こす心配も皆無です。

〈表面性状タイプ〉

・削り出しタイプ:初期のインプラントになります。骨結合に1 年もかかってしまい、手術が2 回必要になります。

・TPSタイプ: プラズマ・レーザーを溶射して表面に荒さを与えたものになります。骨結合は約3 ヶ月必要です。

・SLAタイプ: サンド・ブラスト処理(表面に硬い砂状の粒子をジェット噴射でぶつける)と酸エッチング処理を併用した表面処理になります。骨結合は6 週間になります。手術も1 回で終了です。

世界中では、インプラントシステムは100 種類も使用されています。特に採用本数の多い代表的な有名ブランドは「4 大インプラントシステム」と呼ばれていて、世界中のシェアの大半を占めるほど広く浸透しています。日本でも多数の歯科医院が採用しています。

■ブローネマルクインプラント
スウェーデンのNoberBiocare 社(ノーベル・バイオケア社)が手がけているインプラントになります。主に2 回法の手術に多くの採用実績があります。チタンの骨親和性を発見、インプラントの礎を築いたブローネマルク博士の研究を元に開発されました。世界初のインプラントシステムとしても有名です。40 年以上の歴史と実績があります。医師の技術力も高いのが魅力なのですが、インプラントが比較的長くて大きいので、日本人の骨格ではやや使用が限られる場合もあります。料金も高いです。

■アストラ
スウェーデンのAstraTech 社(アストラテック社)が手がけているインプラントになります。2 回法の手術に採用されています。二酸化チタンをインプラントの表面に吹き付けることにより、より骨との結合性を高めるという独自システムを開発しました。比較的新しいブランドになるのですが、確実にシェアを伸ばしてきています。

■ストローマンインプラント
スイスのStrauman 社(ストローマン社)が1974 年より手がけている、歴史のあるインプラントになります。主に1 回法の手術に高い実績を持つインプラントシステムになります。メーカー随一の研究開発費を投じています。信頼性の高いシステムでも知られてい ます。インプラントが比較的小さいので、日本人の骨格に適しています。

■スイスプラス
アメリカのZimmerDental 社(ジンマーデンタル社)が手がけるインプラントになります。スイスで開発されたITI インプラント(ストローマンインプラント)を真似て作られたものになります。本家越えができるように「スイスプラス」の名前が付けられました。 表面がザラザラしているので、骨と結合しやすく、治療期間が短縮できるので、人気のインプラントです。

他にも、最近飛躍的にシェアを伸ばしてきているブランドに「リプレイスセレクトインプラント」があります。ブローネマルクと同じスウェーデンのNoberBiocare 社(ノーベル・バイオケア社)が扱っているインプラントになります。ブローネマルクはインプラントが厚くて長めなので、日本人の骨格に合わない傾向があるのですが、リプレイスセレクトはインプラントが短めで、日本人向きのブランドとして、ブローネマルクから乗り換える日本の歯科医院も増加中です。

前歯のインプラント治療について

170328.png

歯のもっとも大切な役割は食べるために「噛む」ということになります。前歯の役割は、食べ物を噛み切ることになります。奥歯の役割は食べ物をすりつぶすことになります。

加えて、人間の場合、発音に関しましても歯の果たす役割はとても重要です。前歯の場合、サ行の発音をする時に、必要な歯となります。また、前歯は顔の表情を作る時場合でも、大切にです。顔は、表情筋と呼ばれる筋肉の働きがあり、笑ったり怒ったりという表情を作るのです。その時、前歯も表情を形作ることに大きく関与しています。そういうわけで、前歯を失った場合、それを補うための何らかの治療が必要となってきます。

前歯が抜けたり、損傷してしまったりした場合は、ブリッジ或いは、インプラント治療を検討することになると思います。前歯は奥歯に比べて頑丈な骨がないので、場合によりましては、ブリッジを提案されることもあるのですが、インプラントにはブリッジと比 較した場合、メリットが多数あります。

まず第一に、インプラントはブリッジのように、周囲の健康な歯を削ることはありません。これはとても大きなメリットになります。歯を削ってしまうと土台の歯の寿命が短くなってしまいますし、ブリッジの場合、隙間があきやすく、その場所から、虫歯にもなりやすくなってしまいます。最終的に、両隣の歯も抜かなくてはならないケースもあります。ですが、インプラントの場合は他の歯に影響することはないのです。

耐久性に関しましても、ブリッジ、インプラント、両方共「何年もちます」と医師は断言することはできません。しかし、ブリッジは10 年持てば成功と言われます。そして、インプラントの場合は、適切な手術と管理を行うことによって、50 年持つ臨床例が報告されているのです。50 年前よりも現在の技術の方がはるかに進歩しているので、正しい手術とメンテナンスをすることによってインプラントは永久にもつ、と言っても過言ではないのです。

さらに、インプラントは物を噛み切るとき、ぐらつきを感じることはありません。自分の歯と同じような感覚でものを食べること可能なのです。

前歯のインプラントをする場合の5 つの注意点

前歯のインプラントは、奥歯のインプラントとは異なる特徴があり、難易度が高いと言われています。そこで、前歯のインプラント治療をする場合の注意点につきまして下記にまとめました。

■歯茎が下がりやすい
歯茎は歯を支えている骨についているので、骨が吸収されてやせてきますと、歯茎も下がってきます。もし、インプラントの手術の刺激で骨が痩せてしまうと、歯茎も下がってしまうのです。歯茎が下がってしまいますと、他の歯と比較して、歯が大きく見える様になってしまいます。見た目に大きく違和感がある状態になってしまいます。

■骨が薄い
前歯は奥歯と異なり、モノを噛み切る役割があります。したがって、食事の時、奥歯の様な大きな力がかからないので、骨も奥歯ほどに厚みがありしっかりしているわけではないのです。
要するに、前歯を支えている骨は薄いということです。骨が薄いと、インプラントの手術の刺激のため、骨が吸収(とけてしまうこと)する可能性が高くなります。前歯の場合は特に注意が必要になります。骨が吸収してしまうと、インプラントが露出してしまうおそ れがあり、そうなった場合、見た目が非常に醜悪になってしまいます。

■噛み合わせ
前歯の役割は、食べ物を噛み切ることです。噛み合わせがゆるい場合、噛み切ることが難しくなってしまいます。
しっかり噛める状態にするために、噛み合わせる歯と当てすぎてしまいますと、歯が欠けてきたりすることがあるのです。この微妙なバランスが非常に難しくなります。また、歯ならびが受け口の場合、特に上の前歯のインプラントがかけてしまったり、傷んだりしやすくなってしまうのです。このように、前歯の噛み合わせをつくる場合は、奥歯の治療には存在しない困難さがあるのです。

■前歯の形や色
前歯は、目立つ位置にあります。したがって、奥歯と比較して外見に大きく影響いたします。
他の前歯と比較し、より違和感のない、要するに、自然な仕上がりにしなければならないのです。つまり、インプラントの人工歯の形や色をしっかりとあわせることが重要になってきます。

■歯茎の色
歯茎の厚みが薄いと、インプラントの色が透けて見えてしまいます。歯茎の色がその部分だけ変わってしまうことがあるのです。

前歯をインプラントにする場合、これらの注意があります。

■前歯のインプラントの方法

1. 手術前検査
インプラント手術を行なう前に、レントゲン写真やCT 等を撮影しまして、骨の厚み、吸収具合等の状態把握をいたします。また、歯型をとり、インプラントにつける人工歯の形について検討します。

2. インプラントの埋入
局所麻酔をして、歯茎を切開し、インプラントを埋入する部分を露出させます。その後、インプラントを埋入する部分の骨の表面に印をします。そして、専用のドリルで、インプラントを入れる方向にガイドとなる穴をあけ、このガイドに沿って、専用のドリルで穴を拡大させ、インプラントを入れるための幅のある穴に形成いたします。出来た穴にインプラントを埋入します。埋入したインプラントには、仮の蓋をします。

3. 骨の造成
インプラント周囲の骨の厚みを確保するための骨造成術を行います。移植材料は、自家骨や代用骨、或いはその両者になります。また、移植した骨がしっかりと骨になるよう、メンブレンとよばれる特殊な膜をその上に置いて保護することもあります。

4. 縫合
インプラントや造成した骨を覆う様に、歯茎を縫合し閉鎖します。閉鎖するためには歯茎が不足し、歯茎に無理な力がかかりそうな時は、歯茎を伸ばす処置を行うことがあります。なお、抜歯は大体1 週間後となります。

5. 仮歯
インプラントの手術だけでは、まだ前歯がないままなので、しばらくの間は、仮歯をつけ、生活することになります。仮歯はとれやすいため、仮歯の部分で食べ物を噛まない様にしなければなりません。

6.人工歯の装着
インプラントの周囲に骨が結合してくる期間は、大体4~6 ヶ月ほどになります。この期間が終了後、人工歯を装着する段階に移っていきます。まず、局所麻酔をして、歯茎を切開します。すると、インプラントの仮の蓋が見えてくるので、それを取り外し、アバッ トメントとよばれる人工歯とインプラントを繋げる芯を埋入します。そして、歯型をとり、人工歯をとりつけ、終了です。

■前歯のインプラントの治療費用に関して

前歯のインプラント治療の総額の目安は30 万~ 45 万円程度になります。

インプラントの手術費用自体は150,000 円~ 350,000 円程度が相場になるのですが、そこにレントゲン撮影や歯の模型作成などを行う手術前の検査があり、医師の診断料( 約15,000 円~ 50,000 円)、抜歯治療(5,000 円~ 8,000 円)、人工歯・連結するネジの代金、接着するためのセメント代金などの素材代(50,000 円~ 200,000 円)、治療期間中に装着する仮歯(5,000 円~ 20,000 円) などが必要になってきます。

そして、初診料や再診料、カウンセリング料、管理費、麻酔代などを請求される場合もあります。

前歯のインプラント治療は、前歯の骨が薄いため神経を傷つける恐れもあり、高度な医療技術が求められるます。ですが、前歯は、顔の見た目や表情、発音などにまで影響のある大切な部位です。絶対に失敗したくないはずです!そのためには熟練の歯科医師をしっかりと探すことが必要不可欠になってきます。

まず、ひとつのクリニックに絞らないで、いくつかのクリニックで担当医のカウンセリングを受けることをオススメ致します。不安や疑問に親身になり答えていただけます。メリットだけでなくリスクも説明してくれるのか、インプラントや歯科治療において実績が豊富か等を確認して下さい。インプラント治療を検討している場合であっても、虫歯や歯周病、審美性など様々な課題をクリアする必要があります。ですから、口腔内のこと全てに柔軟に対応が可能な歯の総合医療機関の方が、すべての角度からの適切な専門治療を受けることが出来るので、より一層安心ですし、オススメです。

インプラント手術に関して

170327.png

近年、インプラント治療は、以前のようにインプラントを骨のある所に埋入してしまえば良いという考えから、審美性に優れた、要するに、外観(見た目)も天然歯にできる限り近く、自然な美しさを持つということが求められるようになってきました。様々な患者様からの要求に可能なかぎり応えることができるように、技術的にも様々な治療が開発されてきています。

特に前歯など、人から見える場所にインプラントを埋入した場合、いかに自然観を出すかが非常に重要になっています。

では、インプラントの手術法にはどのようなものがあるのでしょうか?これから、ご説明していきます。

インプラントの手術には「1回法」と「2回法」と呼ばれている2種類の方法があります。

■2回法手術
歯肉切開をする外科手術を2回行うことで「2回法」と呼ばれています。殆どの歯科医院がインプラント手術において、2回法を採用しています。
2回法では、まず最初に1次手術で歯肉を切開をして、ドリルを使ってアゴの骨に穴を開けます。そして、歯の土台となるインプラント(人工歯根)を埋め込み、一度歯茎を閉じて、インプラントと骨が結合するまで3~6ヶ月間待ちます。インプラントが安定しましたら、2次手術で再度、歯肉を切開しインプラントの頭を出して「アバットメント」と呼ばれる結合部分をインプラントの上部に装着していきます。最後に人工歯をアバットメントに取り付け、治療は終了となります。

■1回法手術
2回法と異なり、外科手術を1回しか行わない術式を「1回法」と呼びます。先ほどご説明しましたように、2回法の場合では、インプラントとアバットメントを別々の手術で装着すrのですが、1回法におきましては、インプラントとアバットメントを一回の手術で装着していきます。
インプラントとアバットメントがあらかじめ一体となっているパーツを埋め込む「1ピース型」と、インプラントを手術で埋め込んだ後でアバットメントを取り付ける「2ピース型」があります。また、1回の手術でインプラントとアバットメントを装着するだけではなく、仮歯や人工歯まで当日(一回の手術で)取り付ける「即時負荷」という方法もあります。

そして、人によってはインプラント手術を受ける前や手術の際に、「補助手術」と呼ばれる補助治療が必要になる場合もあるのです。このことは、インプラントの土台や支えとなる骨を強化するためであったり、周辺環境を整えたりする手術になり、最終的には、インプラントを定着しやすくするために行われます。

下記で補助手術についてご説明致します。

■GBR(Guided Bone Regeneration) 骨再生誘導法
GBR法というのは、特殊な膜を使用し骨が欠損している場所に自家骨やオステオグラフトなどの人工骨を入れスペースメイキングすることにより、新生骨の再生を図る方法です。手術法は、前もってGBR法により骨の増大を図った後、インプラントの埋入を行う場合と、インプラント埋入と同時にGBR法を行う場合と2パターンあります。

■GTR法(組織誘導再生法)
歯周病等で、歯を支えている歯根膜や歯槽骨等の歯周組織が破壊されてしまった場合、そのままでは破壊された歯周組織は再生しません。その上、吸収が起こって、どんどん痩せて来てしまいます。その破壊されてしまった歯周組織を出来る限り元の状態に再生させる方法がGTRです。
歯と歯肉の間をきれいに清掃して、組織を再生したい部分に人工の膜を入れて覆うことによって、歯周組織の再生を促す方法になります。インプラントの土台となる歯周組織の状態が悪いがゆえにインプラントができなかった人であっても、歯周組織を回復することで、インプラントが行える場合があるのです。

■サイナスリフト(上顎洞底挙上術)
サイナスリフト法とは、上顎の骨の再生手術の術式のひとつになります。頬側の歯肉を剥離して骨を取り除いて上顎洞底部を持ち上げて隙間を作り、骨移植や再生療法などで骨造成を誘導する治療法になります。上顎洞底部から歯槽骨の先までの垂直的な骨の量が非常に少ない(5mmに満たない)場合に用います。

■ソケットリフト法(上顎洞底挙上術)
歯の生えていた部分から(歯を抜いたときはその穴から) 施術する方法です。
通常のインプラント治療をするには骨が足りないものの、シュナイダー膜までの骨の高さが5mm以上ある場合に適用することができます。サイナスリフトと比較した場合、傷口が小さいので処置時間が短くなり痛みや腫れもより少ないと言われています。上顎のインプラントを埋入する穴(歯が生えていた場所)に、移植骨を入れ、少しずつシュナイダー膜を押し上げ、インプラントを埋入するのに十分な骨の厚さを確保します。それと同時にインプラントを埋入するので、治療期間は約4ヶ月ほどで噛めるようになります。

■骨移植(ボーングラフト)
ボーングラフト(骨移植)とは、骨が吸収されて薄くなっている部分に骨のブロックを移植して、細かく砕いた患者様自身の骨または骨補填材を詰め、骨の再生を促す治療法になります。患者様ご自身の骨で移植をする自家骨移植、本人以外の骨から作られている骨補填材を使用する他家骨移植、ハイドロキシアパタイトなどの人工骨を使用する人工骨移植があります。中でも、自家骨移植が最も再生率が高いと考えられています。
そして、最近では画期的な手術方法も行われてきています。
手術したその日から歯がしっかり埋入されて噛める方法、一回の手術で4本の歯を埋入できる画期的な手法も登場しています。ただすべての歯科医院が取り扱っているわけではありません。くわしくはかかりつけ歯科医院の歯科医師に相談してみましょう。

■抜歯即時埋入
文字通り、歯を抜いたその日にインプラントを埋入する手術方法になります。通常、傷んだ歯を抜きインプラントを埋入する場合、抜歯後の穴が治癒するまでに数ヶ月かかるので、通常のインプラントよりも治療期間が長くなるといった事情がありました。ですが、こうしたデメリットを解消することを目的に開発されましたのが「抜歯即時埋入法」で、抜歯した穴にインプラントを埋入し、インプラントと穴の隙間に人工骨を入れます。
場合によりましては同時に人工歯もかぶせられるので、2回以上かかっていた手術が1回で済むことになります。従来の治療期間の半分以下に短縮することができます。ただし骨の量が十分であることや歯周病がないこと等の条件がありますので、誰でも受けられるというわけではありません。

■オールオンフォー
片アゴ4本のインプラントだけで、10~12本の固定式人工歯を支える手術法になります。総入れ歯の方であったり、残っている歯を保存するのが難しい方のために開発された術式になります。全ての歯を失ってしまった場合、これまでは、片顎で12本の歯を支えるために8~14本のインプラントを埋入するのが一般的でした。肉体的・金銭的にとても負担が大きいのことが難点になっていたのですが、オールインフォーにおきましては、片顎に4本のインプラントをバランスよく埋入し、1つにつながった固定式の人工歯を固定することで身体の負担を軽減することができるようになりました。しかも、比較的短期間で治療を終えることができます。

ただし自分の歯が全くない状態でしか施術できないので、まだ使える歯も抜く必要があります。よく考えてからの治療をオススメ致します。

インプラントの治療期間に関して

implant170325.png

失ってしまった歯を取り戻すことが出来るインプラント治療。従来の入れ歯と比較して多くのメリットがあるのが、事実ですが、逆にデメリットがあるのも事実であります。例えば治療期間が長くなってしまうのも一つのデメリットになります。特に、遠方からの通院や仕事が忙しい患者さんは、治療期間の長さが気になる点であると思います。そこで、ここではインプラントの治療期間がどのくらいなのかについてご説明致します。

インプラント治療は、基本的に2度の手術を行います。「基本的に」と付けたのは、1回の手術で終える一回法という治療方法もあるからなのです。まとめますと、インプラント治療では1度の手術だけで治療する方法を一回法、従来どおり2度の手術を行って治療する方法と二回法があります。

そして、治療期間で考える場合でしたら、一回法だと治療期間が若干短くなります。ただし、格段に短くなるわけではないです。単に治療期間の差でどちらかを決めるのはおすすめすることはできません。なぜかというと、一回法、二回法ではそれぞれ独自の特徴や注意点があるからになります。これらの特徴や注意点、全てを把握して考慮した上でどちらの治療にするかを決めることが大切です。

もちろん、患者さんからすれば、治療期間が短い方がいいというのは当然です。ですが、歯科医師の立場から考えますと、治療期間の長さだけで、インプラント治療を決めるということはリスクがありすぎます。インプラント治療は歯科治療の中でも手術を必要とした高度で、大掛かりな治療になってきます。そのような理由がありますから、安全性を最優先した治療を、歯科医師は心掛けているのです。

もし、仮に治療期間の短さを売りにしている歯科医院があったとして、治療期間だけにこだわる患者さんにはそれが魅力に感じるかもしれません。しかし、精密検査を疎かにする等、治療を省くことでの治療期間の短縮であるならば、そのことは安全性に関わってきます。治療期間を考えることも、もちろん大切なのですが、それだけを基準にした歯科医院は選びは絶対にしてはいけません。

それでは、具体的にインプラントの治療には、どれくらいの期間がかかるのかご説明致します。

インプラントの治療は、

1、人工歯根を歯茎の中へ埋め込む
歯が抜けてしまったところに人工歯根(インプラント)を入れます。 治療にかかる時間は、状態や本数にもよるのですが、通常は30分~60分程度です。それほど長い治療時間はかかりません。

2、骨肉と人工歯根の結合を待つ
インプラントと骨とがしっかりとくっつくまで待ちます。 この間は仮歯を入れるので、普通に噛むことは可能です。安静期間は、個人差がありますが、だいたい2~3ヶ月です。状態確認をしながら待ちます。

3、連結部分を着けて人工歯をかぶせる
しっかりと骨とくっついたインプラントに歯冠部をつけていきます。噛み合せなども調整していきますので、快適に噛むことができるようになります。噛み合わせの調整にはじっくりと時間をかけるのですが、歯冠部の装着時間は30分~60分程度です。

4、インプラントの治療中について
手術直後に仮歯を入れることが可能です。入れ歯をお使いの場合は、その入れ歯を仮歯に作り直すことも出来るのです。
よって、治療期間中に「食べられない」等といった問題は、全くございません。

上記の大きな3つのプロセスがあります。その中で、「2、の定着期間」は約1ヶ月以上の期間が必要になってきます。
よって、インプラントの治療期間はトータルで2~6ヶ月ほどかかるのが一般的と言われております。

虫歯治療に比べまして「長い」と感じる人もいらっしゃると思うのですが、インプラントとはアゴの骨に穴を開け、器具を埋め込む外科手術になりますので、ある程度の治療期間は必要になってきます。

そして、口腔内環境や骨の硬さ、大きさ等は、人それぞれで、異なってきますので、治療期間に関しましても人それぞれになります。歯周病や虫歯などがある人の場合は、先に歯の治療を行います。骨の幅が少ない場合は骨の増大治療を行った上、インプラント治療を行うことになります。入れる本数が多くなれば多くなるほど、時間もかかってきます。骨がやわらかい人の場合は、治癒に時間がかかるケースが多くなってきます。

あくまで目安として、治療期間を受け止めて、くわしくは歯科医師と相談し、自分がどうしたいのか、どのくらいの期間がかかるのかをしっかり確認しておくことが大切です。

最近は、「仕事が忙しいため、長期間通うことが出来ない」「人前に出る仕事なので、歯のない状態で長く生活できない」等、そのような人のため、抜歯と同時にインプラントを埋入する「抜歯即時インプラント」であったり、埋入手術後すぐに仮歯を入れる「即日負荷インプラント」等、短期間で治療を進めることができる治療法も増えてきています。これらは治療が受けられる人とそうでない人がいますので、くわしくは歯科医師に相談することがベストです。

長い治療が完了しても、それで終わりではありません。耐久性に優れ、長期間にわたって歯と同様に使えると言われるインプラントでありますが、100%万能とは言えません。この理由としては、インプラントには厄介な敵「歯周病」が待ちかまえているからなのです。

時間とお金をかけてインプラントを入れたとしても、歯周病により周囲の歯肉が痛んだり、痩せたりしますと、インプラントが使えなくなってしまうケースもあります。また、インプラントは人工物なので、周囲が歯槽膿漏などになっても自覚症状はなく、悪化する場合があります。

このようなトラブルを放っておいたままにしておくと、最悪の場合になるのですが、インプラントが抜け落ちてしまうことがあります。また骨が大きく痩せてしまった人、全身の健康状態に問題がある人等は、再手術ができないこともあるので注意が必要になります。

インプラントを1日でも長く維持させるためには、日頃からの正しい歯磨きやプラークコントロール等を行い、お口の中を健康に保つことが重要になってきます。歯ブラシやデンタルフロスなどでまめにケアすることはもちろんなのですが、歯医者さんの歯科衛生士さんにお願いして自力では行き届かない部分までクリーニングしてもらうこともオススメです。

加えて、定期的に歯科医院で検診を受けることをすればさらに確実です。レントゲンで骨の状態をチェックしたり、かみ合わせや口腔内の環境がうまくいっているかなど、歯科医師に正しく診断してもらうことはとても大切です。メンテナンスは可能なら3ヶ月に1回くらいのペースで、少なくとも年1~2回は通うことが良いと思われます。

最後になりますが、インプラントの治療期間に関してですが、まとめさせていただきます。

ポイント1.インプラントの治療期間:平均で2ヶ月~6ヶ月。手術後の定着期間が人によって様々なので、ここまで差が出てしまいます。

ポイント2.骨の状態次第で治療期間は長くなる:骨移植や骨造成などを行うと治療期間が長くなってしまいます。

ポイント3.治療後も通院が必要:治療が終わっても一定期間ごとにメンテナンスのための通院が必要です。

ポイント4.一回法の検討:一回法は手術が1度で済むので、二回法と比べまして治療期間が少し短くなります。

ポイント5.治療期間だけに捉われない:治療期間の短さだけで歯科医院を選ぶのは安全性に関わってきます。

上記5つのことにより、インプラントの治療はどのくらいの期間が必要になってくるのかが分かります。インプラント治療は確かに治療期間が長いです。ですが、その長い期間中、頻繁に通院しなければならないというわけではありません。治療期間が長くなる理由の主は定着期間があるからなのです。それぞれの治療においては、日数は掛からないのです。ただし、長期間の通院が必要になることは確かなのです。このため、治療する歯科医院を決める時、そこに長期間通えるのかどうかということも歯科医院選びの判断基準にすることがオススメです。

インプラント部の歯磨き


~川越市でインプラントをご検討中なら、川越・鶴ヶ島・坂戸インプラントセンター~

インプラントを長持ちさせる上で、重要なことはいくつか挙げられますが、天然歯同様に
手入れをするということが何より大切です。

以前にブログで、インプラントに負荷を与えないようにと書かせていただきましたが
歯が抜けてしまう程の大きな衝撃は、スポーツや格闘技、交通事故など自分自身で
気を付けていてもどうにもならない事もあります。

しかし、日常の手入れをしっかりと行えていれば、インプラント部が植わっている
歯肉も健康な状態ですので、多少の衝撃にも耐えられる強さを保持出来ているかもしれません。

万が一の時にも、日頃の管理が行えている、いないで結果が変わってくることを忘れないようにしましょう。

そればかりか、現存する歯を守ることが出来れば、何もインプラント治療を受けずとも
歯を気にせずに食事を楽しむ生活は可能となります。

ケアが行えれば、自分の為になる。
その事を念頭に日々のセルフメンテナンスを行っていってください。


~インプラント部の磨き方~

①歯ブラシ・歯磨き粉を用意する

歯ブラシはインプラント用も販売されていますが、必ずインプラント用のものを使わなければ
いけないわけではありません。
歯磨き粉は研磨剤の入っていないものを選ぶようにするといいです。
 
 また、歯ブラシだけでは磨ききれない部分をカバーする為に
 デンタルフロスや歯間ブラシ、マウスウォッシュを使用するとより清掃力が高まります。

②磨き方

インプラントと歯茎の境目や、隣の歯との間、噛合わせる歯同士の凸凹した部分に
気をつけて磨いていきます。

③磨く際の注意点
 
インプラントの箇所だけでなく、周りの歯も磨くことを意識してください。
 周囲がちゃんと磨けていないと、そのせいでインプラント部が悪くなってしまいます。
 部分的だけでなく、全体を清潔に保つということが重要です。
 
 しっかり磨こうと意識すると力が入りすぎてしまいがちです。
 強く磨き過ぎるとインプラント体に傷がついてしまい、結果として細菌が入ってしまう
 有り得るので注意してください。

 歯間ブラシは、サイズが適切かどうか担当医に確認してもらうと良いです。
 通常の歯ブラシ同様、強く磨きすぎないように注意して行います。

 デンタルフロスは、歯間ブラシより、狭く届きにくい箇所を清掃するのにおすすめです。
 糸状になっているので、より奥や細かい箇所を狙うことも可能となります。
 糸を切って使用するものと、持ち手がついているものがあります。
 糸だけだと扱いにくいという方は、柄のついたタイプを購入するのも良いと思います。

 マウスウォッシュは磨ききれなかったり、取れなかった汚れを流す効果も期待でき、
 より衛生的です。
 術後すぐは使用できませんので、担当医の指示に従うようにしてください。

 仕事や外出中で歯磨きする余裕がない時にも、お口の中を清掃出来るといったメリットが
 あります。
 ただ、これだけでは完全にお口の中を清潔に保つことは出来ません。
 基本は歯ブラシによる清掃が必要であることを忘れないでいましょう。


正しいメンテナンスを行っていけば、インプラントは長持ちします。
ご自身の歯と同様、むしろそれ以上にしっかりとケアしていくようにしましょう。


当院ではインプラントの治療はもちろん、メンテンスも徹底して行っています。
AIM 認定インプラント専門歯科衛生士も在籍しておりますので、常に患者さんのお口をより良くするサポートさせて頂きます。

インプラントをまだ迷われている方も、他医院で治療途中に諦めてしまわれた方も
お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


 

休診のお知らせ

H28.11月1日(火)午後から11月6日(日)まで、研修の為休診とさせていただきます。 ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど、宜しくお願い致します。 尚、11月7日(月)から通常診療となります。 〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101 TEL:049-287-1515 【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30 休診日:水曜、日曜、祝日

インプラントが保険適用になる場合

原則、自由診療(自費診療)となるインプラントですが、一部保険適用となるケースが存在します。
今回はそのことについて書かせて頂きます。

《保険適用となるケース》

●先天的(生まれた時から)顎の骨の1/3が失われた状態
(※連続して失われている場合。)

①上顎において1/3以上の連続欠損。そして、副鼻腔や鼻腔に繋がっていると診断された。
②下顎において1/3以上の連続欠損。

●顎の骨の形が悪く、正しく形成されていない

●骨移植によって、顎の骨が再度構築されている

これらのような特別な事情を要します。
もちろん、自身の判断ではなく、歯科医師や医師による診断が必須となります。

ここまでで、多くの方が保険適用対象者に当てはまらなくなります。
また、上記の要件に該当していると診断されても必ず保険適用となるわけではありません。


~治療を受ける施設要件~

例えば、上記が認められたとしても、どこの施設でもインプラント治療を受けられるわけでは
ありません。
さらに、以下に該当する施設で治療を受けられることが条件となります。

●歯科口腔外科が診療科目として掲げられている
●当直体制がとられている
●歯科や口腔外科の分野においては、5年以上。
インプラントにおいては治療経験が3年以上 ある歯科医師が在籍している ※2名以上
●入院者用のベットが20以上ある
●医療機器・医薬品が整備されている

このような条件を満たすとなると、大きな総合病院・大学病院になってきます。
まず地域密着の小規模医院であれば、保険でインプラント治療を受けることは難しいでしょう。

全くもって、保険治療が受けられないわけではありません。
しかし、要件はそれなりに高いハードルがあります。


インプラントは治療の選択肢の一つです。
当院では、その患者さんにあった最適な治療を提案していきます。

インプラントをまだ迷われている方も、他医院で治療途中に諦めてしまわれた方も
お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

噛み合わせに気をつけよう

~川越市でインプラントをご検討中なら、川越・鶴ヶ島・坂戸インプラントセンター~

インプラントにしても入れ歯にしても噛み合わせはとても重要です。
噛み合わせが正しくないことによって生じる問題は何もインプラントだけではありません。

例えば、噛み合わせが悪く、インプラントの被せ物が割れてしまったとします。
インプラントは骨にしっかりと固定される為、結合に問題がない場合動くということはありません。
しかし、天然の歯は最悪のケースで歯を失うことに繋がっていきます。

自分自身で行える噛み合わせのセルフチェック方法をご紹介していきます。

確認方法①

●歯が見えないか確認する

上唇と下唇を合わせます。その状態で歯が見えてしまう場合、
上唇で下唇が隠れてしまう。または、唇を前歯で噛んでしまうといった状態は良くありません。

確認方法②


●奥歯で噛んでみる

鏡を使ってチェックしていきます。
まず、奥歯でしっかりと噛みます。噛んだ状態を保ったまま、両手の人差し指で入れ、
頬側に引っ張ります。
この状態で鏡をチェックします。

上の歯列が下の歯列より前に出ていれば正常です。
歯の生え方に凸凹があると、歯によっては外側、内側と差が生じます。
あまり神経質になる必要はありませんが、噛み合わせが良くないとも
考えられます。

また、上下の歯に隙間が大きい場合(舌が見えている)は注意する必要があります。
隙間はある程度であれば正常です。確認が難しいので、歯科医院に相談してみる
のが一番良いです。

その他に、下前歯がほとんど見えていない、歯並び自体が良くない、歯間の隙間が広い
状態も噛み合わせに注意です。

確認方法③


●実際に物を噛んでみる

金属製のもの、硬すぎるものは歯を傷める原因となりますので控えてください。
身近なものでいうと、割り箸程度のものが良いです。

用意した割り箸を横にして噛みます。割り箸が水平の状態であれば問題はありません。
鏡でみた時に箸が傾いていれば、噛み合わせに問題があります。
ご自身で判断が難しければ、ご家族に見てもらうのも良いです。

傾きが大きい状態のまま、噛み続けると歯に負担が掛かります。
時間を作って歯科医院で正確に診断してもらいましょう。


噛み合わせを気にするのは、歯科医院で何か詰める治療をしてもらった時や
入れ歯、被せ物をした時くらいかもしれません。
しかし、インプラントや入れ歯をしているしていないではなく
噛み合わせはとても大切であることをご理解いただき気になる時は
早めの相談をするようにしましょう。

当センターでは、インプラントや入れ歯はもちろんのこと、噛み合わせの調整、
骨の状態を診断した上での適切な治療を提供しています。

お口の中でお困りのことがございましたら、是非お気軽にご相談ください。


当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラント治療の失敗

~川越市でインプラントをご検討中なら、川越・鶴ヶ島・坂戸インプラントセンター~


保険外診療で行われているインプラントは、国内での正確な症例数確認を行うことができません。
しかし、新しいインプラントメーカーの誕生や、素材が開発されていることをみると、インプラントを
希望される患者さんは増えていることも事実です。

インプラント治療の開始を迷われている方からは、失敗やトラブルが心配という声を
良くお聞きします。

今回はその事について書かせて頂きます。


≪インプラント治療に失敗はありえるのか≫

結論からいいますと、100%ないとは言い切れません。


≪失敗とはどんな場合に起こりうるのか≫

正直なところ、歯科医院側に原因があるケースと
治療を受けた方に原因があるケースふたつに分かれます。

●歯科医院側に原因があるケース

・インプラント本体と骨がうまく結合しない

この場合は、インプラントを埋め込む時の位置が悪い。
または、手術中に骨がドリルの熱でダメージを受けて結合できないという
ケースもあります。
埋め込む位置というのは、深さや角度も含めた上で適切でなければいけません。
治療の計画はとても大事なものになってきます。

・噛み合わせの問題

インプラントにおいて、噛み合わせはとても重要です。
噛み合わせに不具合があると、余計な力が加わる為、被せ物やインプラント本体に
負担を掛け続けます。人口歯の破損だけでなく、最悪はインプラント本体がダメになって
しまうこともありえます。

・持続する痛みがある

通常術後に痛みがあったとしても、鎮痛剤を服用すれば痛みは治まります。
もし激しい痛みや痺れが生じていたり、痛みが繰り返すようであれば
手術中に神経を傷つけている可能性やインプラント本体の位置が悪い可能性も考えられます。


●治療を受けた方が気を付けなければいけないこと

・担当医から受けた注意事項、来院のスケジュールを守る

例えば、機械でも使用方法を誤ると壊れるように、インプラントも同じく
使い方、手入れを間違えれば失敗に繋ってしまいます。
決められた来院頻度や生活上の注意をよく守るようにしましょう。

特別なことは必要ありません。
つい痛みがないと後回しにしてしまいがちですが
しっかりと管理を行っていきましょう。

通常の虫歯の治療とは違い、インプラントは経験・技術が求められる治療です。
もし、かかりつけや近所の歯科医院で不安な時は、どれくらいの症例数があるのか
等確認してみるのも良いと思います。

当院ではこれまで多くの方にインプラントの治療を行ってきた経験・実績があります。
治療前の入念な計画、正確な手術、アフターフォローも万全です。

インプラントをまだ迷われている方も、他医院で治療途中に諦めてしまわれた方も
お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

すぐにインプラント治療を開始出来ないケース

~川越市でインプラントをご検討中なら、川越・鶴ヶ島・坂戸インプラントセンター~

◇突然歯が抜けてしまったのでインプラントにしたい


特に前歯、日常生活において人から見える部分においては
早急に治療を進めたいと考えますよね。
ですが、こういった場合はすぐにインプラント治療を行えない場合があります。

●抜けてしまった原因を考える

外的な要因(事故や強い力が掛かる)を除くと、歯が抜けてしまうケースは
歯周病を疑います。
歯茎の状態が悪く、歯が抜け落ちてしまっている状態では
インプラント治療をすぐに開始出来ません。

●なぜ歯周病だとインプラント治療が難しいのか

単純にお口の中の衛生環境が整っていないからです。
実際に歯周病が原因で歯が抜け落ちてしまったのだとしたら、
その他の歯も歯周病によって良くない状態である可能性が出てきます。

細菌によってインプラントが骨と結合しにくくなることや、術後も細菌によって
歯茎の状態が悪くなっていけば、インプラントであっても天然歯同様に
抜け落ちることは充分にありえるのです。


メンテナンスが重要というご案内をさせていただいているのは
そういった理由からです。インプラントだから歯磨きをしなくていいということは
ありません。

●噛み合わせによる問題も生じる

長い間歯周病を放置した結果、歯が抜けてしまっているわけです。
歯の位置がズレ、噛み合わせも変わってしまっている可能性も高いです。
その点も考慮した上でのインプラント治療でないと術後噛み合わせが悪く
余計な力でインプラントに負荷が掛かることもありえます。

このように、歯周病だからといって、今後インプラント治療を行えないというわけではありません。
しかし、歯周病を治さずに治療を行っても、充分満足のいく結果をえられないということを認識しておきましょう。
せっかくインプラントにしたのに、あっと言う間に抜け落ちてしまったのでは残念ですよね。

決めたからには、早くインプラントにしたいというお気持ちはよくわかります。

ですが、お口の状態をしっかりと整えてからインプラント治療を開始することの
重要性を理解していただき歯周治療を優先して行っていきましょう。


当院ではインプラントの治療はもちろん、メンテンスも徹底して行っています。
AIM 認定インプラント専門歯科衛生士も在籍しておりますので、常に患者さんのお口をより良くするサポートさせて頂きます。

インプラントをまだ迷われている方も、他医院で治療途中に諦めてしまわれた方も
お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


部分入れ歯からインプラントに

~川越市でインプラントをご検討中なら、川越・鶴ヶ島・坂戸インプラントセンター~

前回、治療費に書かせていただきましたが

インプラント保険外診療となる為、
保険適応の治療と比べると
どうしても費用が高くなります。

その為、検討された結果、インプラントではなく部分入れ歯を選択される方もいらっしゃいます。

しかし、その後、入れ歯での生活を送っていく中で、
やはりインプラントにしたいとご相談にいらっしゃるケースも少なくありません。

部分入れ歯も昔に比べると格段に進歩しています。

ですが、


・着用の際の違和感に馴染めない

・取り外して行う洗浄が面倒

・入れ歯というもの自体に抵抗がある

・食事の際に外れ易い

上記のような理由でインプラントにしようという方もいます。

これらのことは、インプラントの場合基本的に起こりません。

まずインプラント体(軸として骨と結合する部分)は骨と結合していますので
他の歯が生えているのと同様に違和感はありません。

よって、歯肉の中に埋まっている状態ですので、
その物自体を取り出して洗浄することはありません。

食事の際も、インプラントが安定するまでの期間、担当医の指示に従って
生活を行っていただければ、外れるということはまずないです。

もちろん100%起こらないということは言い切れません。
起こるケースというと、かぶせ物(歯となる部分)が外れる、割れる場合です。


被せ物に使用する素材は、セラミックや強化したプラスチックのもの、銀歯など
種類があります。

日常生活で他人の目に触れる部分は、天然の歯と見た目で違和感が出ないものを
好まれる方が多いです。

普通に生活している分には簡単に割れませんが、
激しい運動等で過度な衝撃や圧力が加わると割れが生じる場合もあります。

健康な歯も手入れをしなければ虫歯になってしまうのと同様に、インプラントにもある程度
気を配ることは必要です。

あとは定期的にメンテナンスが必要なのは入れ歯も同じです。

見た目、噛み心地が気になると、食事、生活にも響いてきます。

もし、今入れ歯を使用していて、ストレスを感じていらっしゃるのなら

インプラントを検討されることをおすすめします。


インプラントはあくまで治療の選択肢の1つです。
当院では、患者さん一人、一人に合わせてベストな治療をご提案致します。


当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


インプラントの治療費

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


今回はお問い合わせいただく事の多い、インプラントの治療費について
書かせていただきます。

インプラント〇〇円~〇〇円となっていますがどうしてですか?


このように、インプラント治療についての値段にある程度幅があるのは

上部構造(歯にあたる部分)で何を選択するかで金額が変わってくる為です。

殆どの歯科医院では、インプラントそのものの価格や手術料金は決定していて

あとは被せ物を選択して合計費用がわかるというシステムになっています。

インプラント治療開始決定後、被せ物の種類について医師からの説明、提案がされ
ご検討いただくことになります。


審美性(見た目)の観点から、前歯はなるべくご自身の歯と並んでも違和感が出ない
ものを選ぶことをおすすめします。
また、奥歯であればよく噛む部分となりますので、強度を第一に考えるという選択もあります。

選んだ被せ物とは長い付き合いとなります。
説明を聞き、しっかりと検討するようにしてください。


その他、特殊な症例によっては費用が変わることもあります。

歯科医院のHP上で記載されている価格は、一般的なインプラント症例に対して
の参考価格となっています。
特別な処置が必要となる場合には、追加で掛かる費用も出てきます。

例えば、静脈内鎮静麻酔を用いる場合などは、別途費用がかかります。


最終的にトータルでいくら掛かるか?や保障内容は事前に確認をし
納得した上で、治療を開始するようにしましょう。


当院では、わかり易い治療費用の提示を行っています。

その他インプラントについてご不安な点、疑問をお持ちの方は
お気軽にご相談ください。


当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラント治療の前に

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

今はインターネット上でインプラントについての情報はたくさん掲載されていて
それらの情報をもとに、"インプラントをしたい"というご希望でいらっしゃる方も
多くなってきました。

今回は再度治療の流れについて、おさらいをしていきましょう。


●まずはカウンセリングから

特にインプラント以外で治療にかかられていない方の場合、
その方のお口の中の状況がわかりません。
CTを撮影して、その画像を見ながら、当院でご用意している説明資料とともに
カウンセリングを行います。

この時に、インプラントのメリットと治療後の注意といった基本内容や、
最終的に歯の部分となる、被せ物の種類などもご紹介しています。

それぞれの素材に特長がありますので、それらも説明した上で
患者さんにお選びいただきます。

もちろん、その場で即決出来ない方もいらっしゃいますので
その場合は期間や再度ご相談の機会を設けて納得した形で
進行していけるようにしています。

●治療前の準備

お口の中の状態によっては、すぐにインプラント治療を開始出来ない場合があります。
何等かの疾病で、服用されているお薬による影響を考慮する必要がある場合や
重度の歯周病など。
これらのケースは、主治医の判断、歯周治療を優先することによって
手術のタイミングを遅らせることになります。

●手術~手術後

問題がなければ、予定を決め、1回目の手術を行います。
術後、インプラント本体を定着させるまでがとても大事な時期です。
日常生活上のルールのご説明を再度致しますので
それらを守るよう徹底しましょう。


●2度目の手術~被せ物装着

一度目の手術後、何度かご来院いただきインプラントや口腔内に問題がなければ
二度目の手術を行います。この二度目の手術は一度目と比べ短期間で身体への
負担も殆どありません。
手術後は一度目と同じように、注意事項を守りましょう。
その後、完成した被せ物が装着されて治療は終了となります。


●治療終了後

治療が終わってからはメンテナンスへ移行していきます。
せっかく、治療を終えたインプラントを長持ちさせる為に
担当医、衛生士に状態の確認をしてもらいましょう。
状態が良好であれば、通院頻度はどんどん広がっていきます。
どうしてもセルフメンテナンスだけでは難しいので
歯科医院で行うのがベストです。

歯のないところへ、天然の歯と同等の見た目、機能性をもたらす
インプラントですが、患者さんにも頑張っていただくことが必要です。

メンテナンスを行っていけば、インプラントをした箇所も
それ以外の状態もより良く保つことが出来ます。

健康なご自身の歯を守るという点でも
定期的な受診をおすすめします。

当院ではインプラントの治療はもちろん、メンテンスも徹底して行っています。
AIM 認定インプラント専門歯科衛生士も在籍しておりますので、常に患者さんのお口をより良くするサポートさせて頂きます。

インプラントをまだ迷われている方も、他医院で治療途中に諦めてしまわれた方も
お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


インプラントを迷ったら

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


《歯が失われた箇所をどうするか》
例えば虫歯が進行してしまって、歯を抜くことになった時、
その箇所をどう補填するか歯科医師から提案があると思います。

インプラント治療を薦められて迷ってしまったら、
迷う理由を考えてみましょう。


・手術が心配
・治療費が心配
・骨の状態が心配

上記がインプラントを迷う方に多い理由です。

①手術が心配

外科手術と聞くと抵抗がある方も多いと思います。
元々歯科医院に通うのが苦手という方なら尚更です。
不安に感じられると思いますが、インプラント治療も進化しています。
麻酔によって痛みは殆ど解消されます。
担当医に相談してみましょう。

②治療費が心配

インプラントは保険が適用されない分、保険診療に比べると
金額が掛かります。
実際、被せ物が入るまでやその後のメンテナンスで掛かる費用は
予め確認しておくと安心です。
もし、治療を検討している歯科医院で、具体的な説明がないようであれば
躊躇せず、質問するようにしましょう。
また、インプラントは医療費控除の対象にもなっています。

坂戸・鶴ヶ島・川越インプラントセンター医療費控除

③骨の状態が心配

ご自身の骨量が少なく、治療を受けることが出来ないのではないかと
心配される方も多くいらっしゃいます。
そのような場合でも、まず一度相談をしてみましょう。
他の科の病院で言われている事、現在服用されているお薬なども忘れずに
伝えましょう。
その上で、CT等を用いた診断で、治療が可能かどうか確認をしてもらいます。


坂戸・鶴ヶ島・川越インプラントセンターでは、骨再生治療も行っています。


骨再生治療について

もし、現状で骨量が足りず治療を受けられないとしても、骨再生治療を行えば
インプラント手術を実施できる可能性が高まります。

歯を失った状態でそのままにしておくと、歯のない方へ残った歯が傾いてしまい
インプラントを埋入するスペースが狭くなってしまうなど、治療がより複雑化して
しまうこともあります。

不安はつきものだと思いますので、まずは歯科医師に相談をしてみることを
おすすめします。

インプラントはあくまで治療の選択肢の1つです。
当院では、患者さん一人、一人に合わせてベストな治療をご提案致します。


当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラントの手術後

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

インプラント手術というと、緊張される患者さんも多いと思います。
よく疑問に思われるのは、手術後の腫れや痛みがどれくらいなのか、ということです。
一度に埋入するインプラントの本数や、感じ方は各々で個人に差があるので、一概には言えませんが、眠れないほど痛くなるというケースは少ないでしょう。
一週間ぐらいは、腫れや違和感、鈍痛、軽い疼痛などの症状が出てくる可能性もあります。
もちろん抗生物質や鎮痛薬もお出ししますので、それらの症状も緩和されると思います。

しかし、手術後の口の中は、しばらくは腫れぼったい感じがします。
出血の関しては、傷口は縫ってありますので、いつまでも出血が続くということはないでしょう。
もし出血が続く場合は、すみやかに連絡してください。
特に、血液をサラサラにするお薬を飲んでいる患者さんは、前もって、担当の先生にご相談しておく必要があります。

また、手術後しばらくは、安静にしておいてください。
例えば、スポーツジムでなどの激しい運動はお控えください。
特に注意が必要なのが、プールや温泉などです。
温泉などで長湯して血流がよくなりすぎてしまったり、水中には多くの雑菌がいるので、感染してしまう可能性があるからです。

手術が終わったからと言って、そこで治療が終了するわけではありません。手術後の生活も気を付けることが大切です。

インプラントはあくまで治療の選択肢の1つです。
当院では、患者さん一人、一人に合わせてベストな治療をご提案致します。


当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラントと全身疾患

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

インプラント治療が始まった初期のころは、全身疾患を持ってる患者さんがインプラント治療ができないというパターンもありました。
しかし、インプラントの技術が進むにつれて、糖尿病などの全身疾患を持った患者さんでも、内科医によるコントロールができていて、普通に生活できていれば、基本的に可能と言われています。
しかし、現在でも、インプラント治療によるストレスが悪影響を及ぼすような全身疾患や、リウマチや骨粗そしょう症などの、骨に関係している全身疾患は慎重な判断が必要になります。
例えば、骨粗しょう症に関しても、インプラントを埋める顎の骨には、あまり関係性はないという研究結果がありますが、骨粗しょう症の方の主治医と相談したり、必要なデータをもらったりして、実際にインプラント治療が可能かどうかの判断を行うこともあります。
このように、全身疾患がある患者さんは絶対にインプラント治療できないということはありませんし、逆に、この全身疾患ならインプラント治療ができるということもありません。
また、がん治療などで放射線治療を行っている場合は、インプラント治療は不可能になります。

インプラント治療は、正確な判断と対処が重要になってきます。

インプラントはあくまで治療の選択肢の1つです。
当院では、患者さん一人、一人に合わせてベストな治療をご提案致します。


当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラントとリスク①

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

インプラントが壊れたり、外れたりしないのですか?、と疑問に思われる患者さんもおられるかもしれません。
そもそも、素材に使われている純チタンは、とても強固な素材ですので、特に異常な状態でなければ、性質的に折れることはありません。

しかし、インプラント体が咬合面に対して斜めに埋入している場合など、かみ合わせが合っていない場合に、余計な力がかかって折れてしまうリスクがあります。
また、インプラント周囲炎やインプラント体に過度な負担がかかり、その状態が続くことにより、骨との結合がはずれるリスクもあります。

このようなことが起こる原因として、インプラント体を埋入してから、埋入部分の清掃不良や、体の変化に合わせてかみ合わせが変化したときに調整を行わずに、そのまま使い続けたりなどが、あげられます。

インプラント体を埋入したからと言って、インプラント治療がそこで終わりになるわけではありません。
定期的に歯科医院に通って、かみ合わせのチェック、歯がしっかり磨けているかの状態のチェックなどを、行っていく必要があります。
長く使うために、日頃の生活習慣やメンテナンスが重要になってきます。

当院では、メンテンスも徹底して行っています。
また、AIM 認定インプラント専門歯科衛生士も在籍しておりますので、常に患者さんのお口をより良くするサポートさせて頂きます。

インプラントをまだ迷われている方も、他医院で治療途中に諦めてしまわれた方も
お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラントと喫煙

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

タバコが人体に悪影響を及ぼすということは、なんとなく誰もが知ってると思います。
また、タバコによって肺がんなどのリスクが上がることも広く知れ渡っております。
しかし、タバコが歯や歯肉に影響を与えていることを知っている人は多くはないと思います。
タバコを吸いすぎると、毛細血管の循環が悪くなり、口腔内の病原菌が増殖し、歯周病が悪化してしまうのです。
なので、喫煙を続けている人は、歯周病になりやすく、治療しても治りにくく、悪化しやすいということがわかっています。
また、口腔外科の観点でも、傷口の治りが悪くなったり、免疫力が弱くなってしまいます。

もちろん喫煙はインプラント治療にも悪影響を与えます。
インプラント治療の禁忌というわけではありませんが、タバコを吸っているだけで、リスクが上がることにはなります。
治療の時だけではなく、治療が完了した後のインプラントの寿命も、タバコを吸うことがインプラントの寿命にも悪影響を与え、日々短くなっています。
もしインプラントを長持ちさせたかったり、これからインプラント治療を受けたいのでしたら、タバコを止めることをお勧めします。

インプラントは日頃の生活習慣やメンテナンスが重要になってきます。

当院ではインプラントの治療はもちろん、メンテンスも徹底して行っています。
AIM 認定インプラント専門歯科衛生士も在籍しておりますので、常に患者さんのお口をより良くするサポートさせて頂きます。

インプラントをまだ迷われている方も、他医院で治療途中に諦めてしまわれた方も
お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

手術に伴う可能性のあるリスク②

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

前回は、下顎のインプラント手術に対する可能性のあるリスクをお話ししました。
今回は上顎のインプラント手術に対する可能性のあるリスクを説明しようと思います。

上顎骨の中には、鼻腔や上顎洞と言われる空洞部分が存在します。
上顎洞は左右の奥歯の根の先端あたりに位置しており、特に奥歯の部分にインプラントを埋入する際に貫通してしまうリスクがあります。
万が一、インプラント体の先が上顎洞の中に入ってしまうと、上顎洞の中では細菌による感染と炎症が起きることがあります。
この状態を上顎洞炎といいます。症状としては、鼻水や鼻詰まり、上顎の痛みなどが出てきます。

また、インプラントは骨に埋入した後、骨と結合することによって、噛む力に対しての耐久力を獲得します。
そのため、上顎の上顎洞などの空洞部分に貫通しないように、インプラントの長さや形状を選択する必要があります。
その選択をするためにも、またリスクを軽減するためにも、前回お話ししたように、プラザ若葉歯科医院では、手術の前にコンピュータートモグラフィー(CT)を使用し、患者さんの顎の骨の断面図を撮影し、神経の通り道や骨の形を把握してから手術を行います。

しかし、実際には、上顎の歯の生えている部分と上顎洞は近い位置に存在しているので、インプラントに対して十分な骨の高さを獲得できない場合もあります。
その場合には、ソケットリフトやサイナスリフトと言われる、上顎洞を上方へ持ち上げる方法などがあります。

どんなに完全な医療でも、リスクはつきものです。
しかし、そうならないための予防策と、もしなってしまった場合の対処策を十分にしておくことが大切だと思います。

インプラントはあくまで治療の選択肢の1つです。
当院では、患者さん一人、一人に合わせてベストな治療をご提案致します。


当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

手術に伴う可能性のあるリスク①

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

プラザ若葉歯科医院では、手術の前にコンピュータートモグラフィー(CT)を使用し、患者さんの顎の骨の断面図を撮影し、神経の通り道や骨の形を把握してから手術を行います。
そのため、手術のリスクは、従来より低くなっております。
しかし、全く無くなったわけではありません。
手術に伴うリスクとして、一番多いのは、下顎骨の中にある下歯槽神経という神経を損傷することで出てくる、「しびれや知覚過敏」の症状です。
そういった状態になることを、「下歯槽神経麻痺」と言います。
下歯槽神経は、舌や唇の感覚を感じる神経です。そのため、その神経が損傷されてしまうと、下顎の感覚が麻痺してしまい、咀嚼に問題が生じてしまったりしまいます。
この下歯槽神経は特に奥歯、親知らずの下の方に通っていることが多いと言われています。
そのため、インプラント治療のほかに親知らずを抜いた際にもよく発症したりもます。
こういったリスクをなるべく回避するためにも、冒頭で書いたように、コンピュータートモグラフィー(CT)撮影を必ず行っているのです。
それでも、万が一、下歯槽神経麻痺が生じてしまった場合は、神経線維を再生させる薬物やビタミン剤の投与による治療を行います。

どんなに完全な医療でも、リスクはつきものです。
しかし、そうならないための予防策と、もしなってしまった場合の対処策を十分にしておくことが大切だと思います。

インプラントはあくまで治療の選択肢の1つです。
当院では、患者さん一人、一人に合わせてベストな治療をご提案致します。


当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラントがダメになってしまう原因

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

インプラントがダメになってしまう原因は、大きく分けて2つあります。

① インプラント体を支えている骨が溶けてしまう
歯周病のように、顎の骨を溶かしてしまう病気が原因で、インプラント体が露出し、骨がインプラント体を支えきれなくなることがあります。
対処法としては、定期的なメンテナンスや日々の習慣的な清掃が必要です。
自分自身の歯も放っておけば、歯周病や虫歯になってしまいます。
数カ月に一度は歯科医院に通って、チェックとクリーニングを行うことが大切です。
歯周病のメンテナンスでは、自分自身の歯磨きでは磨き残してしまうところも、プロの技術と機械で、しっかりときれいにさせて頂きます。

② 噛み合せのバランスが崩れている
噛む力が強すぎたり、一部に過剰な力がかかりすぎたりして、噛み合せのバランスが崩れ、
インプラント体を支えている顎の骨が耐えられなくなることがあります。
そういった場合は、インプラントのサイズや数などの設計が正しいものであるかも含めて、状態を調べる必要があります。
例えば、歯周病で、インプラント以外の自身の歯がぐらぐらな状態で、インプラント使い続けたとします。そうすると、インプラント体に過剰な力がかかり、その骨が支えられなくなるのです。
そうならないためにも、噛み合せなどが原因で一部の歯に力がかかり過ぎてないか、力のかかり具合が問題ないか、などを歯科医院に定期的に通って見ていく必要があります。

どちらの場合でも、日頃のメンテナンスが重要になってきます。

当院ではインプラントの治療はもちろん、メンテンスも徹底して行っています。
AIM 認定インプラント専門歯科衛生士も在籍しておりますので、常に患者さんのお口をより良くするサポートさせて頂きます。

インプラントをまだ迷われている方も、他医院で治療途中に諦めてしまわれた方も
お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

夏季休診のお知らせ

H28.7月24日(日)から7月31日(日)まで、夏季休診とさせていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、ご理解のほど、宜しくお願い致します。
尚、8月1日(月)から通常診療となります。

インプラントって何?

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

インプラントとは、虫歯や歯周病により無くなった歯を補うために、顎の骨に人工の歯を埋め込み、もともとの歯の代わりに機能させていく歯科補綴物です。

インプラントの構造は大きく3つに分類されます。

① 顎の骨に打ち込む、人工の歯の根っこ:インプラント体
② インプラント体に取り付ける人工の歯冠:上部構造
③ インプラント体と上部構造を繋げる部品:アバットメント

入れ歯やブリッジは、隣接歯を削らなければならなかったり、異物感があったりと、少なからずデメリットがあります。
しかし、インプラントは隣接歯を削る必要はなく、異物感も少ないです。
また、顎の骨にしっかり固定されたインプラントは、咀嚼能力や審美性も高く、周りの天然歯にかける負担も少ないので、周りの天然歯を守っていくことにも繋がります。

金属を体に打ち込むなんて害がないのでしょうか?、と不安になる患者さんも多いでしょう。
しかし、インプラントには、生体親和性や加工性等の点から、体にやさしく強固な耐性を持つチタンを使用しております。
また、骨との結合をしっかりさせるために、生命力学、顎骨内の解剖学的構造などの観点から、様々な表面加工がされています。
インプラントの材料であるチタンは、人体に異物として認められず、骨がインプラントの周りにできてきて、細かいところまで、骨とチタンがくっついていきます。
そうやって、インプラントは、天然の歯に負けない強度や機能性を獲得していくのです。


インプラントはあくまで治療の選択肢の1つです。
当院では、患者さん一人、一人に合わせてベストな治療をご提案致します。


当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

口の中の状態は把握しにくい

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

湿度の高い日が多く、これからさらに熱くなると思うと
少し憂鬱ですね。

shikke_atsui.png

川越市からインプラントのメンテナンスでいらした患者さんが
どうも最近歯が痛む、インプラントしたところかもしれないと
仰っていました。

チェックさせてただいたところ、インプラントには問題がなく、
その近くの歯にむし歯がみつかりました。

実際転んで擦り剥いてしまった傷など、外傷は自分ですぐ目視出来ますし、
痛みの原因がどこからきているのかわかり易いですよね。

kega_surikidu.png

しかし、口の中ともなると、鏡を使わなければ確認が難しいですし、
目視できる範囲が限られるのと歯がひしめき合っている状態では
よくわからないのが正直なところだと思います。

少し話はそれてしまいましたが、口の中の状況というのは
それだけ自分で判断しにくいということです。

ある意味わからなくて当然です。

歯科医院に行って、わからなくて恥ずかしいから気になるところが
あるけど言えないと心配する必要はありません。

なんとなく、右側が凍みる気がする。。。もしかしたら左側かも。。。
今感じていらっしゃるそのままを歯科医師に伝えれば大丈夫です。

インプラントした箇所は問題なかっただけに、他の虫歯が見つかってしまったのは
ショックだったようですが、治療した箇所だけを気にしてケアしてしまっていたと
仰っていて、より今後セルフケアを入念に行っていきたいと意欲的にお帰りになりました。

健康な歯でいられるように、日頃のブラッシングや口腔内ケアを継続して行っていくようにしましょう。

当院ではインプラントの治療はもちろん、メンテンスも徹底して行っています。
AIM 認定インプラント専門歯科衛生士も在籍しておりますので、常に患者さんのお口をより良くするサポートさせて頂きます。

インプラントをまだ迷われている方も、他医院で治療途中に諦めてしまわれた方も
お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

気になったら早めの受診を

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

患者さんとやり取りしていて、良く耳にするのが、"もっと前から痛かった。気になっていた"というようなお話です。

いらっしゃれなかった理由は様々で、もともと歯医者が好きでない。もしくは、仕事が忙しく時間を作れなかったなどです。

虫歯も進行途中で一時的に気にならなくなることもある為、治ったと思ったと仰る方もいるのですが、虫歯が勝手に治るということはありません。

気になったら早めに受診するようにしましょうと歯科医院がおすすめするのは、進行途中の虫歯や歯周病を早い段階で治療し、歯を失うリスクを少しでも避ける為です。

また、インプラント治療を行う場合、欠損部(歯が失われた部分)だけを診て
手術の可・否の判断を行うわけではありません。


お口の中の環境が整っていないと、インプラントがダメになってしまう可能性が高まります。

少しでも気になるところが出てきたら、早めの受診を心がけることで

逆に治療にかかる時間を短縮できることや、失敗のリスクを低くすることが出来ます。


お口の健康を守るためにも、早期受診をおすすめいたします。

インプラントはあくまで治療の選択肢の1つです。
当院では、患者さん一人、一人に合わせてベストな治療をご提案致します。


当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

身近な人からのアドバイスも参考に

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


昨日の雨と風とはうってかわって、良いお天気になりましたね。

最近では、インターネットをきっかけに来院して下さる方に加え、

患者さんのご紹介でインプラント相談という機会も多くなってきました。

スマホいじる.png

特に川越市からお越しいただく方が増えてきています。

よくインプラント相談ご希望でお約束をとるお電話をいただく際に

"どこにしたら良いかわからない"という疑問を抱えていらっしゃる方が多いと感じます。

カウンセリングがしっかりとあるかや、術後のメンテナンスも万全かなど、これまでも

多く取り上げてきました。

インプラント治療が広まっている今では、実は治療を経験したことがあるという人もいるはずです。

身近な人=患者視点でどうなのか? 

よく知っている人の意見、感想も時には大きな参考になります。


aisatsu_sayounara.png

もちろん聞いた上で直接歯科医院へ足を運び、ご自身としてもどう感じるかは

確認して治療を受けるようにしましょう。


当院では他院でインプラント治療を受けた方のリカバリー診療も行っています。

"どうもインプラントの調子が悪い"

"遠くの医院でメンテナンスに通うのが難しくなってしまった" など

お気軽にお問合わせください。


当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラントのリカバリー

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

川越市にお住まいの方が、インプラント治療の相談にいらっしゃいました。

他医院で何本かインプラント手術を受けたご経験がある方でした。

お口の中を確認させていただいたところ、残念ながら他の歯科医院で行ったうちの1本
はグラつきが出てしまい、当院で手術を行うことになりました。

失敗には術後にすぐ不具合が起きるか、術後被せ物が入るまでは良好であり、その後徐々に不調となっていく二つのケースが存在します。

【術後すぐに発覚】

術後すぐという状態の場合、インプラントそのものが骨とくっついていないという事態を想定します。

この場合は再手術となりますが、骨は術前より減ってしまっています。

骨造成等の処置が必要となり、治療休止期間が大幅に長くなってしまうリスクが高まります。

注意が必要なのは、インプラントの上に被せものが入る前に手術した箇所で噛んでしまうことです。
結合が完全でない状態や、インプラントに大きな力が加わるようなケースにはくれぐれも注意してください。

窮屈に思えるようなところもありますが、せっかくのインプラントを守るためにも最初の我慢は肝心です。
担当医の指示をしっかりと聞くようにしましょう。



【術後は良好であり、その後徐々に不具合が出てしまう】

この場合の多くは、インプラント周りの歯肉の状態が悪くなってしまい起こります。

インプラント周囲炎と呼ばれます。

細菌によって歯肉や骨が痩せてしまうことによってインプラントは安定を保てなくなります。

そして結果として抜けてしまうのです。

この場合は歯周病治療と同じで出来るだけ進行を阻み、安定した状態に戻せるかになります。


術後すぐの場合は噛んでしまわないことに注意をすること等、担当医の指示を守ってください。

徐々に起こる不具合に関しては、歯科医院やご自宅でのメンテンスでそのほとんどを防ぐことが出来ます。

再手術ということにならないよう身体だけでなくお口も良い状態を保っていきましょう。

当院では他院でインプラント治療を受けた方のリカバリー診療も行っています。

"どうもインプラントの調子が悪い"

"遠くの医院でメンテナンスに通うのが難しくなってしまった" など

お気軽にお問合わせください。


当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


インプラント治療中の注意点

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

川越市からいらっしゃっている患者さんで、3本目のインプラントを入れた方がいます。

最初は手術と聞いただけで、緊張していた方でしたが、3本目ともなると
治療の相談時もリラックスされていました。

その方が先日メンテンスの際に
「ついうっかり手術の次の日に硬いものを食べようとしてしまった」と
仰っていました。

せんべい.png

そのお話を聞いて一瞬ひやっとしたのですが、実際には食べるのを思いとどまったということで
術後の経過は良好でした。


インプラントは定着するまでとてもデリケートです


もちろん被せ物が入れば、その後は天然歯と遜色ない見た目や噛み心地を手に入れることが出来ます。

しかし、そこに辿り着くまでには少し我慢が必要です。

kyukanbi_man.png

必ず担当医からの指示を守るようにしましょう。


特に手術後の歯磨き、食事についてはついいつもの習慣で
治療箇所を磨いてしまうことや、硬いものを食べてしまったという方もいらっしゃいます。

最悪はインプラントが抜けてしまうこともありえます。


そうなってしまうと再手術が必要になり、期間が延びるだけでなく、身体への負担も多くなります。


転んで擦りむいた膝の傷が治るように、即元通りという訳にはいきません。

歯科医師から受けた指示や薬の服用等はその通りに行った方が
治療を受ける方の為になります。

少しでも疑問な点は担当医に聞くようにしましょう。

当院ではインプラントの治療はもちろん、メンテンスも徹底して行っています。
AIM 認定インプラント専門歯科衛生士も在籍しておりますので、常に患者さんのお口をより良くするサポートさせて頂きます。

インプラントをまだ迷われている方も、他医院で治療途中に諦めてしまわれた方も
お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラントを長持ちさせる自宅で出来るメンテナンス

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


今回は自宅出来るインプラントのメンテナンスです。

それは何かと言うと、やはり歯磨きです。


インプラントのメンテナンスという観点からの歯磨きについて触れていきます。

歯ブラシはどれも同じように感じるかもしれませんが、インプラント周りの歯茎を傷つけないようにする為、硬い歯ブラシは避けるようにしましょう。

●歯ブラシ(硬くないものを使用しましょう)
1967005001.png


特にインプラント周辺の歯茎をしっかりと磨きます。磨き方としては横に大きく動かさずに
少しずつずらして磨き残しがないようにしていきます。

また、スーパーフロスも効果的です。


●スーパーフロス(デンタルフロス)
1967005012.png


フロス・・・フロスとは歯と歯の間の汚れを落とすのに有効な細い糸です。

インプラントの本数の多い、少ないによって適しているものが変わります。

しっかり落とそうとすると力が入ってしまう方もいらっしゃいますが
  
負荷が掛からないように優しく、インプラントの根元のくびれ部分を
中心に汚れを落とすようにしてください。

ワンタフトブラシでピンポイントを残さず磨くのもおすすめです。


●ワンタフトブラシ
1967005008.png


鉛筆を握るような感覚で持って使います。

通常の歯磨きにしてもそうですが、力を入れないというのはポイントです。

言葉での表現がは難しいのですが、汚れを落とすのではなく、吸い取るのが
ワンタフトブラシの特徴です。

歯と歯茎の隙間にブラシを入れ込むような感覚で細かく振動させ汚れを吸着します。

歯ブラシより接する面積が小さい為、広範囲を磨くのには適していません。

全体は歯ブラシで磨き、フロスで歯間をきれいに、ワンタフトはインプラント周りで歯ブラシが使いにくい箇所など使いわけていくことでセルフメンテナンスはとても効果的となっていきます。


当院ではインプラントの治療はもちろん、メンテンスも徹底して行っています。
AIM 認定インプラント専門歯科衛生士も在籍しておりますので、常に患者さんのお口をより良くするサポートさせて頂きます。

インプラントをまだ迷われている方も、他医院で治療途中に諦めてしまわれた方も
お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

    


インプラントの寿命を延ばす②

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

さて、今回は前回に続いてインプラントの寿命を延ばす為の取り組みについて書かせていただきます。

●健康管理を行う


walking_old_man.png


インプラントは骨が大事なキーワードとなります。
埋入した箇所の骨が弱くなるような病気には注意が必要です。

代表的な疾病は糖尿病、骨粗しょう症です。


骨が弱くなると歯、インプラント周囲のが歯周病になりやすくなってしまうのです。


●歯ぎしりから守る


mouthpiece.png

残念ながら寝ている時の自分までコントロールすることは出来ません。
また、ラグビーなど激しいスポーツ時に強い衝撃がかかると
天然歯、人工歯に関わらず割れる、揺れることになってしまいます。

そういった衝撃からインプラントを守る為にマウスピースを利用する方法があります。


●噛み合わせを定期的に確認する


インプラントは骨と直接繋がっています。
被せものの多くはセラミックを使用しています。素材として擦り減りが少ないので
インプラントの入っている箇所だけが当たってきて、それが次第に強くなります。
その為、噛み合わせを調整するのは大切です。

以上が、インプラントの寿命を延ばす為に取り組む、気にした方が良いことです。

次回は、ご自宅で出来るメンテナンスについてです。


当院ではインプラントの治療はもちろん、メンテンスも徹底して行っています。
AIM 認定インプラント専門歯科衛生士も在籍しておりますので、常に患者さんのお口をより良くするサポートさせて頂きます。

インプラントをまだ迷われている方も、他医院で治療途中に諦めてしまわれた方も
お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


インプラントの寿命を延ばす①

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


前回まで、インプラント治療が困難となるケースについて書いてきました。

最近では、川越市から初めてお越し頂く方、以前から診させていただいていた方が
インプラントに興味を持たれてご相談にいらっしゃるなど、インプラントへの関心がより高まっていると感じます。

そんな中で多かった質問について触れていこうと思います。

インプラントの寿命を延ばす方法とは?~ です。

businessman_sleep.png

せっかく時間・お金を掛けて、治療したものがすぐに駄目になってしまっては残念ですよね。

予めご自身で知識を得てからいらっしゃる方は、手術までや術後、その後の通院などもある程度

イメージされていますが、長持ちさせる為に、何か良い方法がないのかどうか・・・

それを聞いてみたい!とご質問をいただきました。


では、早速本題に入っていきましょう。

●定期的なメンテナンス

やはり、これをなくして、インプラントを長持ちさせるというのは難しいと思います。

普段からブログを見てくださっている方は、何度か目にしている話だと思いますが

本当に重要です。

歯周病を100%防ぐというのは、ご自宅のケアだけではどうしても難しいものがあります。

歯周ポケットの細菌除去、磨き方の癖によって、汚れの残ってしまっている箇所などをきれいに

するには、歯科医院で行うのがベストです。

インプラントは関係ないと思いがちですが、埋入した箇所やその付近が歯周病になってしまい、

結果抜け落ちるという事態を招きます。

担当医やインプラント補助認定資格を有する衛生士にしっかりと確認を行ってもらうことは

とても大切なことなのです。


●口腔ケア

失ってしまった歯は残念ながら再生しません。

ですが、今ある歯を守っていくという意識が重要です。

先程の定期メンテナンスと重なりますが、現存歯を守れる環境が

保てるような口腔内であれば、自然とインプラントの状態もキープ出来てきます。

歯を失う原因の約4割は、歯周病によるものなのです。

他の歯が失われしまえば、残った歯の負担が増えます。

人工物であるインプラントも負担がかかればその分悪くなってしまうのです。

次回も続きを書かせていただきます。


当院ではインプラントの治療はもちろん、メンテンスも徹底して行っています。
AIM 認定インプラント専門歯科衛生士も在籍しておりますので、常に患者さんのお口をより良くするサポートさせて頂きます。

インプラントをまだ迷われている方も、他医院で治療途中に諦めてしまわれた方も
お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラント治療が困難となるケースのまとめ

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

皆さん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?

driving_red.png

風が強い、雨など、、、少し天候が不安定ですね。
お仕事の方も、ご旅行などでお出かけの方もくれぐれもお気をつけください。


car_jutai.png

さて、今回は前回まで書いてきた、インプラント治療が困難となるケースの
心構え、対策まとめです。


1.喫煙されている方はインプラントが定着するまでは禁煙する
(その後も控えられるようであれば、その方が尚良いと思います。)
禁煙.png


2.重い歯周病の場合は、歯周治療と自己管理を徹底してから、
 インプラント治療へ臨む
歯周病重度.png

3.18歳以下の場合は、骨の成長が止まった後に手術を開始する
18歳以下.png


4.残存歯に炎症がある場合は、他部位の治療後にインプラント
 手術を開始する
残存する歯がむし歯.png


5.噛み合わせに問題がある場合は、噛み合わせの修正後に治療開始となる
噛み合わせ.png

6.長期間歯を失った箇所にインプラント治療を行う場合は、
 インプラント埋入のためのスペースが確保されていることが確認されてから手術となる
間隔.png


7.妊娠中の場合は、産婦人科の主治医とも充分に相談し、前期・後期は避け、それ以外も
 極力産後まで延期する
妊婦.png


8.アルコール依存症の場合は治癒力の低下、メンテンスが難しい状況の為、そちらの治療後
 にインプラント治療をする
アルコール中毒.png


このように条件によっては、インプラントの治療がすぐには出来ないという方もいらっしゃいます。
詳しくは担当する歯科医師にしっかりと相談した上で、治療の可・否、注意点などを確認してください。
少しでも不安があることは、必ず担当医に伝えるようにしてください。
"多分大丈夫"がインプラント治療の失敗を招いてしまう場合あります。

インプラントはあくまで治療の選択肢の1つです。
当院では、患者さん一人、一人に合わせてベストな治療をご提案致します。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 西口徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラント治療が困難となるケース④

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

ゴールデンウィークのご予定はお決まりでしょうか?

当院へお越しの方が多い、川越市、川越エリアも観光スポットですのできっと連休中はたくさんの人がいらっしゃるのではないかと思います。


当院はカレンダー通りで診療を行っております。

お出かけ前に心配なところを診てもらいたいと
インプラントのメンテンスの方もいらっしゃっています。

さて、インプラント治療が困難となるケースも今回で4回目となります。


●18歳以下である


18歳以下の方はまだ成長途中である為、体や骨の変化がまだ現れます。

インプラントはそれこそ、非常に綿密な計画のもと、埋め込みを行います。

もし、術後も顎の骨が成長によって変化してしまうようなことがあると

その計算も狂ってしまい、不適合となったり、噛み合わせが思う様にいかず

再度手術が必要となってしまう可能性も出てきます。

まだ成長過程にある方は、それが落ち着くまで経過をしっかりとみてから

治療に入るのが安全といえます。

school_gakuran_couple.png


●ホルモン補充療法等を受けている

主には閉経後の女性で上記のような治療を受けている場合です。

これは高確率でというデータが出ているわけではありませんが

定着しない可能性があります。

実はホルモン治療中の方はインプラントのみならず

その他外科処置も出来る限り避けた方がいいといわれています。

kounenki_woman.png


●アルコール依存症である

血中アルコール濃度が高まると、血液の循環がよくなります。

血液の流れがよくなるのはプラスのように感じてしまいそうですが

手術のおいては注意が必要なのです。

出血が止まりにくいというリスクがあります。

アルコール依存も重度になってくると、体の免疫能力は大きく低下します。

言葉通り、インプラントはパーツを埋入をしますので傷の修復能力が下がってしまっていると骨とうまく結合出来ず、抜け落ちることも考えられます。

また、術後に関してですが、ご自宅のメンテナンスも欠かせません。

その点においてもお酒を断つくらいの意気込みで臨む覚悟が必要となってきてしまいます。

kyukanbi_man.png


次回はこれまでのまとめを書かせていただきます。

上記以外でも不安がある方、大きな病気を経験された方は必ずカウンセリングの際にご相談ください。


インプラントはあくまで治療の選択肢の1つです。
当院では、患者さん一人、一人に合わせてベストな治療をご提案致します。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 西口徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラント治療が困難となるケース③

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

昨日は強風や雨で不安定な一日でした。

kyoufuu.png


本日、川越から電車でいらっしゃった患者さんは、歯医者さんの予約が今日で良かったと仰っていました。
雨の日が好きな方もいらっしゃいますが出かける予定を組んでいた人からすると憂鬱だったりしますよね。

今回もインプラント治療が困難となるケースの続きです。

●咬み合せに問題がある

歯並びと同様に、咬み合せも人毎に違います。

はならび.png

歯の並びが悪いと、噛む力が過剰にかかってしまうこともあり、最悪の場合は歯が折れてしまうことも有り得るのです。

無理な力がかかってくるとインプラントもダメージを受けます。

この場合には、

①矯正により咬み合せの負担を軽減する

②上下左右の歯を被せ直すなどして咬み合せを修正する

矯正はどうしても時間や費用が大きく掛ってきます。

被せ直しは歯を削り神経を取る処置が必要になることもあります。

歯並び、咬み合せの状態によっては、インプラント治療開始まで
時間や費用がかかると認識しておくのが良いと思います。


●妊娠中である

これは予想がついた方もいらっしゃると思います。

妊娠して女性の体は大きく変化します。

妊娠初期(1~4ヶ月)はまさに変化の真っ只中です。

ninshin_onaka2.png

安定期に入った(5~7ヶ月)くらいは歯科治療に適しているタイミングです。

ninshin_onaka4.png

しかし、インプラントのように手術が必要となるとリスクが伴うことは忘れてはいけません。

また、妊娠後期も貧血を起こし易い時期でストレス配慮が必要となり難しいと考えるべきです。(成長を促す為、多くの血液が子宮に送り込まれる) 

出産して生活のリズム、体調も安定してからインプラントをした方がより安全です。

何度かブログで書いていますが、手術を終えればそれでいいというものではありません。

その後の定期メンテンスも不可決なので注意しましょう。

次回も続きを書かせていただきます。

上記以外でも不安がある方、大きな病気を経験された方は必ずカウンセリングの際にご相談ください。


インプラントはあくまで治療の選択肢の1つです。
当院では、患者さん一人、一人に合わせてベストな治療をご提案致します。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 西口徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


インプラント治療が困難となるケース②

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

先日、普段川越からお車でいらっしゃっているインプラント治療中の患者さんが川越駅から電車でお越しになりました。

川越駅から、若葉駅までが電車で約10分、当院は駅から2分程度です。

駅から近くてびっくりしたと驚かれていました。

電車車.png

同じ場所へ行くのにも交通手段を変えると違った発見があったりしますよね。

さて、今回も前回の続きでインプラント治療が困難になるケースについてです。

前回は口腔内以外の疾病による影響について書かせていただきました。

今回は口腔内に関するものをまとめました。


●歯が抜けていた期間が長い

歯はU字に当たり前のように並んでいるように感じるかもしれませんが、歯は唇や頬の筋肉と舌に挟まれたスペースに並んでいきます。上下左右に関しても同じです。

そして一度生えたらそれで終了ではありません。
隣に生えている歯がなくなればその隙間を埋めるように、徐々にではありますが歯は動いていくのです。

長い期間抜けた箇所をそのままにしてしまうと、大して変わってないように感じていても
実は歯の間隔が詰まってしまっているのです。

つまり、インプラントを埋め込む為に必要なスペースがなくなってしまうということになります。

足りない場合は、隣在する歯を削る必要性が生じます。


●歯の根(歯根)に感染症状がある


これはインプラントを埋め込む箇所に隣在歯がある場合です。

このケースは直近のインプラント手術が難しくなり、延期となる可能性があると捉えていただいた方が良いと思います。

虫歯などの進行が原因で歯根に菌が侵入して炎症してしまっている状態の場合は
その歯根から菌が広がりインプラントを埋め込んだ箇所にまで感染が及ぶと
インプラント体が定着せず抜け落ちてしまうリスクが高まります。

もちろん手術後は抗生剤が処方されます。しかし抗生剤を服用したからといって
歯の感染症が治るわけではありません。


インプラント
は、そういった歯の治療を行い安全性が充分に確保出来てから行っていきます。


●歯周病≪重度の場合≫

こちらもインプラントの成功に関わる大きな問題です。

天然歯でも歯周病が進行すると歯のぐらつき、最終的には抜け落ちてしまうという
ことも有り得ます。
これは、インプラントにも当てはまるのです。

当院がメンテンスに力を入れているのも、それが大きな理由です。
インプラントが丈夫でも、それを支える土台が駄目になってしまっては
意味がありません。


重度の歯周病になると、骨が溶けて薄くなってしまっていることや
細菌感染よる失敗も考えられます。

baikin_genki.png


治療を行う為には、骨の補充をして治療出来る状態となるまで
様子を見る必要性もでてきます。

次回も続きを書かせていただきます。

上記以外でも不安がある方、大きな病気を経験された方は必ずカウンセリングの際にご相談ください。


インプラントはあくまで治療の選択肢の1つです。
当院では、患者さん一人、一人に合わせてベストな治療をご提案致します。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 西口徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


インプラント治療が困難となるケース①

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


川越市から高速道路を使って来院されている患者さんからご友人に
インプラントを勧めたいとご相談がありました。

その上で、勧めて治療が出来ないのでは申し訳ないと、治療が出来ないケースについて
ご質問を頂きましたので、今回はその点について書かせて頂きます。


●施術を行えない可能性がある


治療が難しいケース.png

≪重度の肝疾患≫

肝硬変やその他、重度の肝疾患のある人。

肝硬変を患っていると、血液中の主なたんぱく質であるアルプミンが肝臓で合成されなくなってしまいます。その他にも、血液を凝固させる為の因子も合成が不十分となってしまいます。

何が危険かというと、手術によって血液がとまらなくなってしまい、大変危険な状態となる可能性があるからです。


≪重度の腎疾患≫

腎疾患の方は、免疫力の低下により傷が治りにくく、注意が必要となります。
特に血液透析を受けていらっしゃる方は、骨が弱くなってしまっていますので
インプラント治療は難しくなる可能性が高いです。
細菌が遠隔臓器に飛ぶ可能性も視野にいれなくてはいけません。


≪心臓病≫

心臓病と診断された方、またはそれに思い当たる症状がある方は、インプラント治療を行えない場合があります。

また心臓病からは外れますが、心臓弁膜症、体内にペースメーカーをいれていらっしゃる方
は、口腔内の細菌が人工物に付着してしまう危険性があります。

感染性心内膜炎を引き起こす可能性もあり、インプラント治療は難しいと考えられます。


心臓疾患と聞くと、心筋梗塞を思い浮かべる方も多いかと思います。

心筋梗塞に関しましては、発作が起こってから半年経過している場合は、インプラント治療を行える場合もあります。


≪糖尿病≫

insulin_chuusya.png

糖尿病になると、細胞に糖が取り込まれない状態となります。
エネルギー源となる糖が供給されなくなれば、傷の治りが悪くなることや、免疫力の低下で
細菌感染のリスクが高まります。

100%治療出来ないというわけではありません。
血糖値のコントロールが良好であればインプラント手術可能な場合もあります。

次回も続きを書かせて頂きます。

上記以外でも不安がある方、大きな病気を経験された方は必ずカウンセリングの際にご相談ください。

インプラントはあくまで治療の選択肢の1つです。
当院では、患者さん一人、一人に合わせてベストな治療をご提案致します。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 西口徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラントは喫煙に注意

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

本日は川越からインプラントのメンテナンスにいらっしゃった方と話していた中で、喫煙について
説明をすることがありました。

以前にも一度取り上げさせていただきましたが、データを基にご説明したいと思います。

近年インプラントそのものの歯科、技術の進歩で、インプラントの失敗というのは減少しています。

そんな中でも、失敗が取り上げられている背景には、喫煙が関係しているのです。

喫煙が失敗に関わる理由をいくつかご説明します。

ta8bako_kitsuen.png


① 唾液の減少

  酸蝕についてのご説明で書きましたが、唾液は口の中で大事な役割を果たします。

  煙草を吸うとニコチンによって唾液の分泌量が抑えられてしまいます。
 
  その結果、細菌が繁殖しやすくなり、インプラントの定着を妨げます。

② 細胞の増殖が抑制される

  インプラントは定着するまでが一番デリケートです。
 
  インプラントを支える歯肉の回復、骨の新生を喫煙は妨げてしまいます。

③ 歯肉の硬化

  ニコチンや一酸化炭素による影響で、歯肉が硬くなってしまいます。
  そうすると、表面に炎症が現れにくくなります。しかし、実は裏で細菌が繁殖してしまって
  いたという恐ろしいケースもあります。

④ 白血球の活動が抑制される

  煙草は白血球の機能を低下させます。
  白血球には、細菌を減らす働きがあります。結果細菌が繁殖し、感染しやすくなります。

⑤ 酸素・栄養供給が不足

  骨や歯肉に行き渡るはずの酸素や栄養が、煙草の喫煙による一酸化炭素によって
  て、阻害され、抵抗力を低下、細菌感染しやすくなります。また細菌自体も酸素がない
  ところで繁殖し易い為、感染状態をさらにひどくしてしまう可能性もあります。

⑥ 血流の流れが悪くなる

  ニコチンによる影響で歯肉の血流が悪くなり、免疫力が低下し、細菌感染が起こり易く
  なってしまいます。
 

body_hai_tobacco.png
 

煙草によって肺が黒くなってしまうことや、癌へのリスクはご存知の方も多いかと思います。

上記のようにインプラントに対しても多くのリスクを伴います。

非喫煙者に比べ、失敗数が3.7倍高まる

失敗率は10%高まる

というデータもあるのです。


これはインプラントに限ったことではありません。

歯の健康が損なわれ歯を失ってしまった結果としてインプラント治療を受けるわけですから

今元気な歯を守る取り組みとしても禁煙はひとつの予防策としておすすめです。

当院ではインプラントの治療はもちろん、メンテンスも徹底して行っています。
AIM 認定インプラント専門歯科衛生士も在籍しておりますので、常に患者さんのお口をより良くするサポートさせて頂きます。

インプラントをまだ迷われている方も、他医院で治療途中に諦めてしまわれた方も
お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


インプラントで違和感を解消

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


最近今まで以上に川越市・川越エリアにお住まいの方から、インプラント治療のご依頼をいただく機会が多くなりました。

今回は入れ歯・ブリッジからインプラントに変えたいという方が相談にいらっしゃったので
書かせて頂きます。

入れ歯がどんなものかはご存知の方も多くいらっしゃると思います。

ここで軽くメリット・デメリットのおさらいです。

●メリット

健康な歯を痛めず、大きな欠損部分もカバーできる(ブリッジより広範囲)

取り外しが出来るので手入れが簡単

保険でつくれる ※保険外の場合もある


●デメリット

バネ等による隣の歯への負担が大きい

口の中で動いてしまい、そのせいで痛みが出る場合もある

食べ物が挟まりやすい

取り外して手入れをしなければいけない

発生に影響することもある

咬む力が健康な天然歯の3~4割程度となる


今回の方も上記のような違和感でなかなか馴染めず、つけることが億劫になってしまったということでした。  

口に入るわけですから、違和感なく使えるというのは本当に大事ですよね。

もちろん、これには人それぞれ感じ方があるので、入れ歯でも全然気にならないという方も
いらっしゃると思います。
 
インプラントにもメリット・デメリットはありますが、メンテナンスをしっかり行えば、天然歯と
遜色ない咀嚼力をえることができます。

また、他の歯の健康を奪ってしまうこともありません。

相談の結果、インプラント治療を開始する事となりました。

まずは治療のスケジュールから着実に一緒に頑張っていこうと思います。


当院ではインプラントの治療はもちろん、メンテンスも徹底して行っています。
AIM 認定インプラント専門歯科衛生士も在籍しておりますので、常に患者さんのお口をより良くするサポートさせて頂きます。

インプラントをまだ迷われている方も、他医院で治療途中に諦めてしまわれた方も
お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラント相談

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

最近川越市にお住まいの方がインプラントのご相談にいらっしゃいました。

以前からかかりつけの歯医者があり、そちらで診察を受けていたそうです。

そちらの先生より、治療の選択肢としてインプラントを提案されたそうですが
インプラントの診療自体を行っていなかったということでご来院されました。

インプラントはいわゆる保険外診療となります。

その為、費用や保証内容がそれぞれ異なり、どこに決めていいか迷ってしまったと

話されていました。

obaasan_question.png

治療内容に関わらず、近年はインターネット見て来院される方もとても多くいらっしゃいます。

パソコンやスマートフォンなどで、調べられるので選択肢はより広がりますよね。

buro.png

もちろん患者さん一人一人、優先すべき点があると思います。


・例えば、自宅から近く通院がし易い

・仕事が忙しく、夜遅くまで診察してもらえるところが良い

business_service_zangyou.png
今回ご相談にいらっしゃった方は、インプラントの治療実績がなるべくあった方が
安心ということで、そこを基準に問い合わせや相談をされていました。

歯科医院には院長以外に歯科医が在籍しているところもあります。
実際にインプラントを担当するのはどの歯科医師なのかは確認しておくと
良いと思います。

開業歴が浅いからといって治療実績が少ないかというと、それはそうとは言えません。
上記のように、どこかの歯科医院で勤務していて、そこで多数インプラントを行っている
ことも充分に有り得ます。

~色々と迷ってしまったら・・・~

様々情報が入り決めかねてしまったら、やはり実際に説明を聞いてみて
しっくりくるかどうかで判断するのが良いと思います。

インプラントは他の治療と比べ、時間を要することは間違いありません。

そして定期的なメンテナンスが長持ちさせるポイントとなります。

担当する歯科医師とも長い付き合いとなります。

説明がしっかりしていて納得出来る、安心出来るというのは重要です。

その点も踏まえて歯科医院を選ぶのも良いかと思います。


当院ではインプラントの治療はもちろん、メンテンスも徹底して行っています。
AIM 認定インプラント専門歯科衛生士も在籍しておりますので、常に患者さんのお口をより良くするサポートさせて頂きます。

インプラントをまだ迷われている方も、他医院で治療途中に諦めてしまわれた方も
お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラント以外もしっかりと守る

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

川越市にお住まいでインプラント治療をされた方がメンテナンスで来院されました。

インプラントをしてからというもの、インプラントを守ろうという意識と、お口の中の管理を
徹底したいという熱意のある方で、天然歯についてもたくさんご質問をいただきました。

日頃から予防の重要性についてお話をさせていただいている身からすると、とても
嬉しい変化です。
お会いする毎に口内環境が整っていくのを目の当たりにすると一緒に頑張って良かったと
感じる事が出来ます。

お部屋の片付けなどもそうかもしれませんが、きれいな箇所があると散らかっているところが
気になってしまうものですよね。

cleaning_seiri.png

歯もインプラントやその他の治療を行うと、治療した箇所以外の欠損や小さな傷、着色が今度は気になってくる方も多くいらっしゃいます。


前回までは、歯を守る為のお話でした。
では、実際に歯が欠けてしまったその後の対処について書かせていただきます。

●詰物がとれてしまった

歯が欠けたとは意味が異なりますが、よく起こるケースです。
場合によっては、詰めた物が外的要因で取れた際に周囲に当たり、歯が欠けてしまう
こともあります。

詰め物は保管し、受診される際にご持参ください。


●歯の亀裂が小さい、欠けた箇所が小さい

亀裂や傷が生じると歯の表面に凹凸が出来ます。その為に食物の繊維の引っ掛かりなどが
生じてきます。

この場合は、削って引っ掛かる箇所を平らにします。

欠けた箇所が小さい場合は、コンポレットレジンというプラスチックを使い欠けてしまった箇所を
埋めるという作業で治療出来ます。

●歯の根が割れてしまった

歯に亀裂2 .png

この様な状態を歯根破折(しこんはせつ)といいます。
名称の通り歯の根っこに当たる部分が割れてしまう症状です。
表面に割れが見えない場合や、割れ始めはレントゲンに写らない為、気付きにくいのですが、割れ目から細菌が入り込み、凍みや痛みを伴ってきます。
最悪は歯を抜かなければいけなくなります。
歯を失う原因としてはベスト3に入る程で、注意が必要です。

歯根破折の治療法はケースにより異なります。

①神経がある状態で痛みが強い場合は、神経を抜く治療を行います。

②部分的で比較的軽度の割れの場合は、内側から接着剤で固定し、さらに土台部を接着固定
 した上で、かぶせ物を装着します。

③一度抜歯してから接着剤で修復します。

 割れている部分が深くまで広がっている場合は、歯を一度抜き元に戻すという処置を行う
 場合もあります。抜いた後は②とほぼ同じ流れです。

④歯を部分的に矯正します。

 割れている部分が歯茎の上の場合に行える治療です。
 亀裂が生じている部分を歯茎の上に引き上げる事で、細菌の侵入を防ぐ目的です。


⑤割れている部分のみを抜きます。

 奥歯で、かつ根の数が複数の場合の治療法です。
 割れている部分を切断します。
 そして残っている歯を利用してブリッジなどで対応します。

⑥抜歯します。

  これは最終的な手段です。細菌感染により、根の周りの歯茎や骨が溶けてしまった場合は
  そのままにしておくと割れた歯が細菌源となって化膿や痛みが続いてしまいます。


今回は実際に歯が欠けた・割れた後の処置について書かせていただきました。

治療といっても色々と選択肢が存在します。

当院では患者さん一人一人に合った治療プランをご提案致します。


当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


 


歯が欠ける原因⑦

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


●外的要因にも注意しましょう

歯が欠けると聞いて、真っ先に浮かぶのはこちらのケースかもしれません。

今回は外的要因によって歯が欠けてしまい、最終的に当院で
インプラント治療をされている方を例に挙げて書かせていただきます。

外的要因によって歯が欠ける場合は
何らかのアクシデントによって欠けてしまったというケースがほとんどかと思います。

大きいアクシデントとしましては、交通事故が挙げられます。

koutsu_jiko_car_man.png

乗用車・バイク事故などは歯だけでなく、最悪な場合は人の命も奪ってしまう程大きな
衝撃を人体に与えます。
それだけの圧力がかかれば、どんなに丈夫な歯でもダメージを負ってしまいます。

不運な事に歯並びも良く、虫歯もなく健康なお口の方でも事故に遭われてしまい、
審美・機能性を考えてインプラント治療を選択される方もいらっしゃいます。

交通事故はとても大きなものでご想像が着いたかもしれません。

ではそれ以外にはどんなケースがあるのかです。

交通事故以外に気をつけたいのは、スポーツによって掛る歯への負担です。

歯を強く食いしばり力を出すスポーツは特に注意が必要です。

昨年人気が加速した、ラグビーなど大きな衝撃が加わるスポーツをされる
時にはご注意ください。

sports_rugby_man.png

実際に歯が欠けてしまってからの対処方法についてです。


ぶつけてしまった歯が気になる・もっと見た目を良くしたいなど
お困りの方は是非お気軽にご相談ください。

インプラントは治療の一つの手段ですので
患者さん一人一人に合った治療プランをご提案致します。


当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

歯が欠ける原因⑥

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


●歯の再石灰化を促そう

前回スポーツや睡眠時に唾液の分泌が減り、酸蝕を引き起こし易くなると書かせていただきました。

これまでは酸性食品の摂取についてを中心に書いてきました。

簡単にまとめてしまえば、口内環境を清潔に保つ事で酸蝕を防げるということになります。

たとえば、天然甘味料であるキシリトールのガムは虫歯菌の繁殖力を弱め、酸を出すことを
抑えることができます。

sweets_gum.png


唾液によって行われる歯の再石灰化は、唾液中に含まれるカルシウムやリンが作用しています。

suppliment_calcium.png


とはいえ、カルシウムが直接的の歯を形成するわけではありません。

ですが、摂取したカルシウムが唾液を通じて再石灰化に大きく役立ちます。

簡単に取り入れられて歯を健康に保つ一つの方法ですので

取り入れてみてはいかがでしょうか?

キシリトール100%のガムは当院で取り扱っていますので
気になられた方はお気軽に受付スタッフへお声掛けください。


次回は外的な要因により歯が欠けるケースについてです。

当センターでは単に虫歯をみつけ治療するというだけでなく
食生活等についてカウンセラーがお聞きし、その上で
歯を守る為のお手伝いをさせて頂いています。

歯を健康にしていく事、健康に保つ事はもちろん、見た目も美しく違和感がない
日常生活を送っていただけるように、メンテナンスの仕方・セルフケアの
アドバイスも行っております。

インプラントは治療の一つの手段ですので
患者さん一人一人に合った治療プランをご提案致します。

是非お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


歯が欠ける原因⑤

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

前回までで酸蝕のリスクが高い食品や、対処法についてご理解頂けたかと思います。

食べたらすぐ歯を磨くべきだと思っていたという方もいらっしゃるかと思います。

食品にもよりますが、酸性度が高いものって多いですよね。

大量に酸性の飲食物を摂取した時には30分程度時間をあけてから、歯を磨くということを
意識してみると良いと思います。

唾液の修復作用についても前回書かせて頂きました。

しかし、スポーツ中や睡眠中は唾液の分泌が減ってしまいます。

sports_man.png


suimin_man.png

スポーツドリンクの摂取、またハイキングなどで塩分や糖分を摂りこむ為の
飴玉は口の中に長い時間残さないようにしましょう。

眠る前、歯磨き後の水分補給としてスポーツドリンクを飲むのも
注意が必要です。

とはいえ、何もかもきっちり守るのは大変という方も多いと思います。

適度な水分補給・糖分・塩分の摂取は大切です。

スポーツドリンクや飴玉を摂った後もお茶や水で口をさっぱりさせる
だけで随分と違ってきます。

ちょっとしたことで歯の健康維持に繋がりますので

取り入れてみてはいかがでしょうか。


次回も酸蝕への対策の続きを書かせて頂きます。

当センターでは単に虫歯をみつけ治療するというだけでなく
食生活等についてカウンセラーがお聞きし、その上で
歯を守る為のお手伝いをさせて頂いています。

歯を健康にしていく事、健康に保つ事はもちろん、見た目も美しく違和感がない
日常生活を送っていただけるように、メンテナンスの仕方・セルフケアの
アドバイスも行っております。

インプラントは治療の一つの手段ですので
患者さん一人一人に合った治療プランをご提案致します。

是非お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


歯が欠ける原因とは?④~酸蝕への対処方法~

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

今回も前回に続き酸蝕について書かせて頂きます。

酸性度の高い飲食物がどんなものかはご理解頂けたかと思います。

見ていて"ん?"と思われた方も多いのではないでしょうか。

obasan_question.png

野菜や黒酢、乳酸菌飲料など、一般的に身体にとって良いとされているものです。

つまり、身体の良い=歯に良い とならない事も有り得るのです。

極端な話となりますが、歯に良くないからといって、大事な栄養を摂取出来る飲食物を控え、健康を害してしまっては本末転倒です。

では、どのように酸性度の高い飲食物から歯を守ればいいのでしょうか?

●摂取方法に注意しましょう

身体には良く、歯には悪いので、エナメル質を溶かす酸をなるべく歯につけないことが
大切です。
食べ物の場合、ある程度口の中で噛むことは免れません。

もぐもぐ.png

噛まずに飲み込むのは満足感が薄れますし、逆に体内に負担をかけることとなる場合もあります。

一番対処し易い事は、飲み物の摂取です。

水・お茶.png

水やお茶を飲む事で、歯についた酸を流す方法です。

この方法以外にも、酸性の飲み物を摂取する際にストローを使用し、歯につけず直接喉へと運ぶという方法もあります。

juice_straw (1).png

とは言ってもビールや日本酒などをストローで飲む方は少ないと思います。

ビール日本酒.png


歯につける時間が短ければいいわけですから、少しずつ話しを楽しみながら
飲むことやテイスティングを行うワインなどは歯に良い影響がありません。
ゆっくり何回も口に入れて飲むよりは、一気に飲む方がいいという事になりますが
ちょっとそれは難しいですよね。

bar_women.png

お酒の席などではアルコール類と一緒にお水やお茶を用意して酸を抑える工夫をしてみる
ことをおすすめします。

●すぐ歯みがきしてはダメ!?

歯は酸に触れることにより軟化します。
その状態の時に強くブラッシングをしてしまうと、歯の表面は削れていってしまうのです。

前述していますように、お茶や水を飲んで様子をみましょう。

その時にポイントとなるのが唾液です。

唾液には修復作用があり歯の軟化作用を落ち着かせる働きがあります。
軟化がおさまるまでに約30分程かかりますので、そのくらい時間をあけてから
歯を磨くのが効果的です。

歯みがきが習慣づいている方は、つい食後歯をすぐ磨きたくなってしまうかもしれません。
デザートに果物を食べた後などは一定の時間をあけてから柔らかい歯ブラシを使用して
磨くのも良いかと思います。

1hamigaki_man.png

次回も酸蝕への対策の続きを書かせて頂きます。

当センターでは単に虫歯をみつけ治療するというだけでなく
食生活等についてカウンセラーがお聞きし、その上で
歯を守る為のお手伝いをさせて頂いています。

歯を健康にしていく事、健康に保つ事はもちろん、見た目も美しく違和感がない
日常生活を送っていただけるように、メンテナンスの仕方・セルフケアの
アドバイスも行っております。

インプラントは治療の一つの手段ですので
患者さん一人一人に合った治療プランをご提案致します。

是非お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


歯が欠ける原因とは?③

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


前回に続き、酸蝕歯についてです。

川越からインプラントのメンテナンスにいらっしゃった方に
天然歯の色が気になるとご相談を受けました。

ちょうど酸蝕歯の話となり、どんな飲食物に気をつければいいのか
という話になりましたので、ブログでご紹介致します。


酸性の飲食物といえば、炭酸などがすぐ頭に浮かぶのではないかと思います。

まさにその通りです。

そして、すっぱいものも酸性です。
グレープフルーツや酢の物、スーパーやドラッグストアなどでも手軽に手に入る
健康食品の黒酢なども酸性の食物です。

上記についてはある程度察しがついたという方もいらっしゃると思います。
患者さんとのやりとりで意外と言われるのが
ニンジン、キャベツ、じゃがいも、とうもろこしなどの野菜です。

これらの野菜も柑橘系の果物や黒酢に比べれば酸性度は低いですが
酸蝕に影響するのです。


酸蝕に注意が必要な飲食物.png

次回は、そういった飲食物を摂取する際の注意点や酸蝕への対処方法、
酸蝕の危険が少ない食品について触れていきます。

当センターでは単に虫歯をみつけ治療するというだけでなく
食生活等についてカウンセラーがお聞きし、その上で
歯を守る為のお手伝いをさせて頂いています。

歯を健康にしていく事、健康に保つ事はもちろん、見た目も美しく違和感がない
日常生活を送っていただけるように、メンテナンスの仕方・セルフケアの
アドバイスも行っております。

インプラントは治療の一つの手段ですので
患者さん一人一人に合った治療プランをご提案致します。

是非お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

歯が欠ける原因とは?②

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

今回は前回の続きを書かせていただきます。

エナメル質を溶かし出す・・・「酸蝕」

酸蝕歯=さんしょくし とは。

酸に蝕まれる歯。
文字通り、酸の影響を受け歯が蝕まれている状態をいいます。

人が生活していく上で、歯の天然成分が溶け出すことを"脱灰"といい、
カルシウムなどによってそれを修復することを"再石灰化"といいます。

脱灰と再石灰化.png

通常健康状態である歯は上記のように再石灰化を繰り返し
ミネラル分の溶けだしをとめます。

しかし、飲食物の含まれる酸を過剰に摂取した場合に、再石灰化出来ず
エナメル質が溶けだし続けていってしまうこともあるのです。

エナメル質が失われると進行具合によっては
以下のような症状が現れます。


・歯の艶がなくなる
・歯がすり減る
・薄くなる
・穴があく

すり減りや薄くなれば、もちろん歯の耐久性は下がるわけですから、
欠けるといったリスクも高くなります。

前回のブログでも書かせていただきましたが

虫歯と違う点は、細菌が関係ないということです。


では、酸蝕歯になってしまう要因について詳しく触れていきたいと思います。


①身体内部からの原因

このケースは胃液が影響しています。

胃液には塩酸(胃酸ともいいます。)含まれる為です。
※通常胃液に含まれる酸はpH1.0~1.5程度といわれています。


健康な方であれば、胃液が口の中に逆流してくるということはないかもしれません。

しかし、疾患や多量のアルコール摂取等による作用で胃液が
逆流した場合、強酸性である胃液によって歯は溶けてしまうのです。

50th_beer.png


②外的要因

この要因のほとんどは、飲食物によるものです。

炭酸飲料、柑橘系の果実、ドレッシング、果実酒、ワインなどが挙げられます。

つまり、歯に酸が触れる時間が長ければ長い程、リスクも高まっていくというわけです。

この他は酸性の薬剤(ビタミン剤・アスピリンなど)も要因となりますが

飲食物による影響と比較するとリスクは低いと考えられます。


次回も続きを書かせていただきます。


当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

歯が欠ける原因とは?①

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

深夜からの大雪で朝は当院の前も雪景色でした。

通勤・通学や雪かきなどで皆さんも大変だったのではないかと思います。

当院ではスタッフも協力して皆で雪かきを行いました。

yukikaki.png

今晩から明日にかけて路面が凍ると思いますので
車の方も徒歩でお出かけの方もご注意ください。

川越からインプラントのご相談にいらした方から
「歯が欠ける原因って何ですか?」
とご質問をいただきました。

今回はその内容についてです。

①歯の健康が損なわれてしまうケース

②何らかの外傷によるケース

と考えられます。


①・・・歯の健康が損なわれる場合

歯の表面はエナメル質で覆われています。
人間のからだの中で最も硬いところです。

そのエナメル質を損傷するのが酸です。

歯が健康でなくなるというと第一に
虫歯というキーワードが出てくると思います。

d_10.jpg

正しくその虫歯による虫歯菌が酸を排出しているのです。
糖分を主の餌としています。
もちろん菌なので口を開けて鏡で見ても
肉眼で確認する事は出来ません。

ただちょっと想像してみると気持ちが悪いですよね。

しかし、口の中に虫歯がなくても
歯のエナメル質を溶かしてしまう事もあるのです。


酸と聞いて皆さんは何を思い浮かべましたでしょうか?

酸性のものといえば、お酢炭酸飲料など色々ありますね。

つまり、虫歯にまで進行しなくても
食事によって酸を含む食べ物を接種した結果、それがエナメル質を
壊してしまう事もあるのです。

ha51.png

こういった酸による歯の黄ばみや弱化を酸蝕歯といいます。

今日では、虫歯・歯周病に次ぐ第三の口腔疾患として注目されています。

続きは次回書かせていただきます。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラントで健康に。

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


前回お正月という事でお餅について書かせていただきましたが

川越にお住まいで昨年初めてインプラント治療を受けた方とお話する機会がありました。

その方は、数年振りにお餅がたくさん食べれたと仰っていました。

インプラント治療後に患者さんとお話する中で、
「これが食べれるようになった!」という報告を頂くことが多いです。

もちろんこの方だけでなく、数年、数十年と食べたい物を我慢しながら生活を

されてきた方もいらっしゃると思います。

好きな物を気にせず食べれるというのは大切な事ですね。

今年も一人でも多くの患者さんに"噛める喜び"を提供する為、
スタッフ一同頑張っていきます。

寒さもこれからが本番。

風邪、インフルエンザが流行る季節です。

medical_samuke.png

virus_seki.png

たくさん栄養を摂って健康的な毎日を送っていきたいですね。


インプラント治療を開始したい方、まだ検討中の方、そもそもインプラントって何?という方も
ご相談ください。

インプラントは治療の一手段です。
患者さんひとりひとりに合わせた最適な治療をご提案致します。

他院で治療を断念された方もお気軽にご相談ください。


川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515


インプラントで楽しく美味しい食事を

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


新年明けましておめでとうございます。

newyear06-665x470.jpg
皆さんはお正月どのようにお過ごしでしたでしょうか?

今年は3日が日曜日ということもあり、4日の月曜から初出勤で
例年より冬休みが短かったという声を良く聞きます。

秋は食欲の秋と昔から言われていますが、冬も食べ物が美味しい季節です。

お鍋などは具財を煮て食べるので噛む力が少なくても済むかもしれません。

しかし、柔らかいものの中でも歯の状態の良し悪しに影響する食べ物もあります。

代表的なものでいえばお餅がその一つです。


newyear05-665x470.jpg

もちろん天然歯で全く問題ないという方もいらっしゃると思いますが

入れ歯の方などはお餅を食べるだけで不安というご相談も受けます。

四季折々の美味しい食べ物を歯を気にせず食べたいですね。

newyear04-665x470.jpg

インプラント治療を開始したい方、まだ検討中の方、そもそもインプラントって何?という方も
ご相談ください。

インプラントは治療の一手段です。
患者さんひとりひとりに合わせた最適な治療をご提案致します。

他院で治療を断念された方もお気軽にご相談ください。


川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

予防や初期治療として早めのインプラント

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


先日川越市からインプラントの相談でお越しになった方からご質問をいただきましたので
今回はその事について書きます。

「インプラントは高齢の方が選ぶ治療法ですか?」

迷う女性.png


以前、当ブログでも年代別の残存歯数などについて書かせていただいてきました。

結論から申し上げますと

高齢の方を中心にインプラント治療を選択するのは30代以降~60代の方が多いです。

しかし、20代からインプラント治療を開始する方もいらっしゃいます。


若年層の方がインプラントを入れる場合は、不慮の事故等で前歯を失ってしまったなどのケースが多くなります。

欠損歯数が増えれば、年齢に関係なく

①入れ歯やブリッジの増加

②咀嚼効率の低下

③噛み合わせの不調和

上記の様な、諸問題が発生してきます。


それに加え、「健康な歯の残存」「咬む」ことが、全身の健康のバランスを狂わせることが
予想出来ます。

ということは、必要に応じて早い時期から口腔内環境を整備しておけば、
その後の口腔および全身健康状態を良好に保つことが可能ともいえます。


インプラントにしてよかった.png


欧米諸国では、生涯に渡る歯科治療を考える上で、早めのインプラントの方が
経済的負担が少ないとも考えられてもいます。

日本では、虫歯の治療を続けたくない、ブリッジなどで健康な歯を削りたくない、無理な
歯列矯正よりもインプラントで治したいなどの理由で、インプラントに関心を持つ人は
増加していっていると思います。

実際に当院では幅広い年代層の方々へ
インプラント治療を行っています。

お口の中の状況は少しずつ変化していくものです。

毎日歯のことで違和感を感じる事なく生活する為に
お口の健康を守っていきたいですね。


インプラント治療を開始したい方、まだ検討中の方、そもそもインプラントって何?という方も
ご相談ください。

インプラントは治療の一手段です。
患者さんひとりひとりに合わせた最適な治療をご提案致します。

他院で治療を断念された方もお気軽にご相談ください。


川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

インプラント治療をおすすめする理由

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


先日川越市からいらっしゃった患者さんとお話をしていて
インプラントのメリットって何でしょうか?
とご質問を受けました。

その方は、周りでインプラント治療経験者がいないそうで
相談に乗ってもらっても入れ歯でいいのではないかと言われてしまい、
当院にいらっしゃったそうです。

悩む女性.png


以前にも当ブログでメリットについて触れてはきましたが、改めてご紹介したいと思います。


●インプラント治療の良さとは

・すっきりとした見た目であること
・天然の歯と同じ噛み心地であること
・自分の歯と同じように食べることができること
・歯を失った部分のみを治療でき、他の歯に負担をかけないこと
・歯を失った部分の骨がやせないこと


「第2の永久歯」というような呼ばれ方もするインプラントは
上記の様に、見た目の美しさと"噛む"という最も重要な機能を兼ね備えている
点が治療方法の選択としておすすめする理由です。


今のご相談に関してお答えするとすれば、入れ歯と違ってインプラント

・骨にしっかりと固定される為、力をかけて硬い食べ物もしっかりと咬むことができる。
・お食事のときに食べ物が入れ歯の下に入む事、痛みや嫌な匂いがするといった心配がない
・外れる・金具が見えるという心配もない

長期的に見て歯の健康の観点から

・歯を失ってしまった部分の歯茎や骨が痩せない
・他の歯に負担がかからない


基本的に歯を失った箇所の歯茎や骨は使われる事がなくなってしまい
徐々に痩せていってしまいます。
しかし、インプラントを入れていれば、噛むことが出来る為、その振動が
歯茎や骨に伝わり健康な状態を保ち易くなります。

ブログ用自立.png


インプラント治療が一般的に広まるまでは、失った歯を補う為、その周囲の歯に
負担を強いる方法しかありませんでした。
基本的にインプラントは、歯を失った部分のみで治療が完結出来ます。
他の歯を削ったり、過剰な負担をかける必要がないのです。

おばあさん納得.png

今回の患者さんは来年からインプラント治療を開始することになりました。
噛めた時の喜びを実感してもらえるようしっかりと治療を行っていきます。

インプラント治療を開始したい方、まだ検討中の方、そもそもインプラントって何?という方も
ご相談ください。

インプラントは治療の一手段です。
患者さんひとりひとりに合わせた最適な治療をご提案致します。

他院で治療を断念された方もお気軽にご相談ください。


川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

喫煙とインプラント

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

喫煙が健康に悪影響を及ぼすということはなんとなく知っていて、喫煙=肺がんというイメージも
広く浸透しています。

一方、喫煙が歯や歯肉にも悪影響を与えていることはあまり知られていません。

1990年代に入ってから歯科や口腔外科の視点からもさまざまな研究が盛んに行われるように
なり、特に、喫煙と歯周病の因果関係が高い事がわかってきました。

tabako_kitsuen.png

年齢や喫煙量にもよりますが、現在、喫煙者は非喫煙者の3~4倍、元喫煙者でも1.5~2倍近く
のリスク
があると言われています。

インプラントは比較的新しい治療法である為、何千何万という対象者を長期的に調査したデータはありませんが、歯周病に対するリスクと同様であることは想像がつきます。

喫煙者におけるインプラント失敗率は、非喫煙者に比べて2~3倍高くなるという報告もあり、
インプラント治療におけるリスクファクターの上位に位置づけられています。

では、タバコの何が歯周病を発症させたり、インプラントに悪影響を与えたりするのでしょう?

ninpu_tabako.png

喫煙により末梢血管が収縮して血流が低下したりするということは知られています。

口腔内でも同様の現象が起き、まずは結構不良によって低酸素状態に陥る事が歯周病菌
の繁殖を助長していると考えられます。

インプラントの場合では、これに加えてニコチン・タールなどの有害物質が骨や歯肉の再生や
修復に悪影響を与え、抵抗力を低下させてしまうので、手術後の傷の治りを阻害・遅延させたり
インプラントの生存率(耐久性)を低下させると考えられています。

喫煙以外にも、インプラント治療に影響がありそうで不安ということがありましたら、お気軽にご相談ください。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラントやその他の治療選択について

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

昼食の際に、麺にするか、ご飯にするか、パンにするか。
メインは肉にするか魚にするか。

といった風に治療にも様々な選択肢が存在します。

部位や症状によっては、治療方法が限定されてしまう可能性もありますが
専門的な知識は別としてどんな方法があるのかは知っておくと良いと思います。


今回はチャート形式で歯を失った箇所の治療方法選択を紹介します。


チャート.png


虫歯が進行している状態や歯周病と違い、単純に歯が失われているだけというのは
痛みを伴わない為、特に違和感がなければそのままという方もいらっしゃると思います。

しかし、抜けた歯の隣の歯が傾くリスクもあり、また、抜けた歯と噛み合っていた歯が浮いて出てきてしまう為、長期に渡り放っておく事はおすすめしません。

こうなると噛み合わせ全体のバランスが崩れ、残った歯に過大な負荷がかかって、それらの寿命を縮めます。歯列が乱れて歯並びが悪くなると、歯垢がつきやすくなり、新たな虫歯や歯周病の原因になっていきます。

早めに相談、治療方法を確認しておく事でいざという時にも
安心出来ます。
強い違和感が出る前に担当医師と話しておくと良いと思います。

当院へは川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラント治療開始のきっかけ

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

インプラント手術を終え、1年程経過した患者さん(以下、Aさん)から、ご友人の治療相談を受けました。


その方は川越市にお住まいの方で、Aさんの治療後、食事をご一緒された際にインプラントの話になり、興味を示されたようでした。

長い間歯科診療に携っていると、歯医者が苦手という方との出会いはとても多くあります。
その方もインプラント以前に歯医者へ行く事をためらっていらっしゃったようです。

誰でも苦手と感じるものは生きていく中で存在します。
それを克服するには、もちろん本人の意志も大切ですが、周囲の支えも重要です。


Aさんと来院したご友人はやはりとても緊張されていました。

歯医者そのものが苦手なわけですから、無理もありません。
しかし、Aさんが待合い中や診療後にまめに声を掛けていらっしゃった事で
インプラント治療を始める決心をされました。

これからお口の中のメンテナンスをしていき、年明けからインプラント治療を開始していきます。

治療後、一緒に美味しい物を食べると話す姿がとても明るく
当院としても歯科治療から生き生きとされていく患者さんの姿は
大変励みになります。

インプラント治療を開始したい方、まだ検討中の方、そもそもインプラントって何?という方も
ご相談ください。

インプラントは治療の一手段です。
患者さんひとりひとりに合わせた最適な治療をご提案致します。

他院で治療を断念された方もお気軽にご相談ください。


川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


インプラントを理解し、納得する治療を受ける

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

以前から川越市よりお越しで、予防・メンテンス行っていた患者さんが、インプラントの治療を始める事になりました。
当院に通い始めの頃から、歯に対する意識が高い方で、数本歯は失って銀歯を入れていますが、残存している歯のメンテンスをしっかりと行っている患者さんです。

歯を失う経験をするまでは、今の様に歯を大切にして来なかったと仰っていました。

ご自身の努力と、定期的な歯科医院でのメンテナンスを繰り返しているうちに、もっと見た目も美しく、咀嚼機能も良いインプラントにしてみたいと思ったとの事でした。


実際にインプラントを決断されるまでは定期の診断時にご相談頂く事もあり、
何度かカウンセリングを重ね、治療に至りました。

当ブログでも何度か紹介させて頂きましたが、インプラントは単に歯を削るという簡単なものではありません。
自己管理も大切なものとなってきます。

これはインプラントや歯科に限らず大事です。
医師と患者さんがよく話し合う事で、信頼関係を築き、その治療のメリット・デメリットを理解した上で治療を開始するべきだと思います。

210054 - コピー.png

医師側が治療について理解しているのは当然の事です。
しかし、患者さんもインプラントがどんなものなのか、自分が気になる範囲の事柄は
理解出来るように質問をするのが良いと思います。

理解して治療に臨む事で長く安心してインプラントを使用出来ます。


当院ではインプラント専門医によるカウンセリング、CT診断を行っています。
インプラントは治療の選択肢の一つですので、まだ検討段階という方もお気軽にご相談ください。


川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラント後の生活の変化②

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


インプラントにして体重が増えた!


川越からインプラント治療にいらしていた方の手術が一段落し、メンテナンスの際のお話でこんな事を仰っていました。

食べるのが楽しくてしょうがない。そんな姿を見せて頂くと、こちらも励みになります。

oishii8_obaasan.png


食べる事に違和感を覚えてしまうと食欲は減退していき、食事を摂る事が楽しいものでは
なくなっていきます。


体重に関しては、実際に治療を開始するよりだいぶ前と、治療後を比較したわけではありませんが、食事を思うように摂れず、痩せてしまっていた身体が元に戻ったのかもしれません。


もちろん食べ過ぎは身体に悪影響ですが、食べる事は楽しみの一つですよね。

metabolic_man.png


食べたいものが食べられる。

そうした歯の健康から心や身体全体の健康を守っていきたいですね。


当院ではインプラント専門医によるカウンセリング、CT診断を行っています。
インプラントは治療の選択肢の一つですので、まだ検討段階という方もお気軽にご相談ください。

川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


インプラント後の生活の変化

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


"噛めると食事が楽しくなる"

"食事が楽しくなると栄養が摂れて健康でいられる"


ブログで紹介させて頂いてきましたが、インプラント手術を終え、
噛めるようになった方には上記以外にも大きな変化が見られます。


食べる事の大切さはどなたでもご存知だと思います。
その基本が守られた上で、身体に元気がみなぎると
色んな事に興味が湧く、気を遣えるようになるといった変化が生まれるようです。

food_kamu.png

・心の年齢が若くなり、ファッションも楽しみたくなる
・趣味や新しい物事にチャレンジしたくなる
・歯を見せることが気にならず自然と笑顔になれる

今、歯に特別な問題もない方からしてみれば
驚く様な事はひとつもないのかもしれません。

ですが、当たり前に出来ていた事が出来なくなるのは
想像以上に苦痛なものです。

心のつかえが取れれば気持ちも前向きになれます。

噛める事によって取り戻した意欲はその後の生活において
の大事な支えとなっていくと思います。

kouyou_gari_fufu.png

これから歯の治療を進めていこうと考えていらっしゃっている方も
今はまだ歯について悩みがない方も
出来るだけ今残っている歯を大切にして、心も身体も健康な毎日を
過ごしていきたいですね。


当院ではインプラント専門医によるカウンセリング、CT診断を行っています。
インプラントは治療の選択肢の一つですので、まだ検討段階という方もお気軽にご相談ください。

川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


歯みがきはインプラント治療においても重要

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

あくまでも治療の主役は患者さんです。
インプラントについてカウンセリングを行っている際に、何かあれば必ず質問をしてもらうようにしています。

小さな事でも気になっている事はカウンセリング時に打ち明けてもらい、余計な心配のない状態で治療を受けてもらえるよう心掛けています。

最近、川越市よりインプラント相談にいらした方からは、歯の無くなった箇所をインプラントにするのなら、虫歯にならないから歯みがきが楽になりますよね?と質問を受けました。

結論から申し上げますと、答えは「ノー」です。

口の中には歯周病原因菌が常在しています。

確かにインプラントは天然歯とは違い、人工的につくり出された物です。

しかし、歯みがきなどの手入れを怠ると、せっかく入れたインプラントが
歯周病のような状態になってしまいます。
これをインプラント周囲炎といいます。

そこで、インプラント治療を行う患者さんで歯みがきに自信がない方には、きちんと歯みがきが出来るように衛生士よりアドバイスをさせて頂いています。

天然歯でもインプラントでも、歯みがきを怠って良い事はありません。

もちろん、歯みがきだけでお口の中を100%清潔にするのは難しいですが
日頃からのメンテナンスがご自身の歯もインプラントも健康で長持ちさせる
秘訣となります。

hamigaki_man.png

正しい歯みがき習慣を身に付けて実践していきましょう!


当院ではインプラントの治療はもちろん、メンテンスも徹底して行っています。
AIM 認定インプラント専門歯科衛生士も在籍しておりますので、常に患者さんのお口をより良くするサポートさせて頂きます。
ブラッシング指導もお任せください。

インプラントをまだ迷われている方も、他医院で治療途中に諦めてしまわれた方も
お気軽にご相談ください。

川越市内、川越エリアからも多くご来院頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。


坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

手術前にむし歯と歯周病のチェックを

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

インプラントの相談にいらっしゃった方から最近こんなご質問をいただきました。
「インプラントを先にしようか、虫歯を治そうか迷っています。どっちから先にしたら良いですか?」

どっちが先.png

川越市からお車で移動しながら、カウンセリング前に治療したい箇所をご自身で考えて来てくださったようで、インプラントもしたい、でも虫歯や歯周病も気になる、、、といったご相談内容でした。
結果、お口の中の拝見したところ、軽度ではありましたが虫歯や歯周病が見られた為、まずはそちらの治療からという事でお話がまとまりました。


まだ、ブリッジや義歯をいれた事のない方はご存知でないかもしれませんが、インプラントに限らず、歯科治療でブリッジ義歯を入れる前にも、虫歯や歯周病の治療、歯の根の治療を行います。

先立って、インプラント前に他の治療を行う理由は、お口の中の感染源となるものを治療しておく為なのです。

当院では滅菌を徹底した状態で手術を行っていますが、いくら無菌状態だったとしても
感染のある部分へのインプラント埋入はインプラントと骨の結合する可能性を低くしてしまいます。

根尖病巣がある場合は、歯の根の治療をやり直します。
場合によっては、既に入っていたクラウンやブリッジを外すという行程が必要になる事もあります。

根尖病巣とは、歯の根の先端周囲に出来る感染巣のことです。
以前に行った歯の根の治療が古くなった事やうまくいかなかった時に出来る病気です。
その歯根だけでなく、隣接する周りの骨ににも感染が及んでいる恐れがあります。

困るインプラント.png

歯周病の治療も必要となります。

歯周病の病原菌は常に口の中に潜んでいます。
歯磨きが十分に行われていなかったり、歯石がついたままの放置は口の中を不衛生な状態にしていきます。

また、既に歯周病が進行しているところにインプラントを入れてしまうと、失敗のリスクが高くなります。

お口の中の状況によっては、治療の予定は変更とせざるを得ない場合もあるのです。

いつまでに、、、という目標や期限がある方は早めのご相談をおすすめ致します。

虫歯や歯周病は進行する可能性も大いにあります。

早めの受診が治療期間を縮める事にも繋がります。


当院ではインプラント専門医によるカウンセリング、CT診断を行っています。
インプラントは治療の選択肢の一つですので、まだ検討段階という方もお気軽にご相談ください。

川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


インプラントの歴史

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

先日、川越市からお越しいただいた患者さんに、インプラントっていつから使われてたんですか?
とご質問いただきました。

インプラントいつから.png


インプラントという名称は1885年に初めて使われました。
米国のヤンガーが、1本の歯牙を製造して歯槽内に移植した手術の際に用いられたのが起源とされています。
しかし、歯のなくなった顎に人工歯根を埋め込んで、歯を再生するというアイデアはもっと前から存在していたのです。

既に古代インカ帝国でも、原型となる試みはされはじめていたようです。
過去に出土したミイラには、2本の緑色をした石のインプラントが施されていたとされています。

また、ユダヤ法典では、歯を失った女性が人工の歯をフィアンセから贈られていることが
書かれています。

この頃の義歯は、人間の歯、その他生物の骨などが使われ、さらに彫刻が施されている凝ったものだったようです。

金や銀も使用されていたことがわかっています。

素材や形は違えど、昔も今も歯を取り戻そうとする人間の願望は変わらないようです。

20世紀に入ると、歯科インプラントは戦争と共に発展を遂げていきます。

その理由は戦争で顔面負傷した兵士に、補綴処置としての義顎を施す為の治療技術から張発展していったからです。

1938年、ミュラーによって骨膜下インプラントが用いられ始め、骨内インプラントの発展はアメリカのグリーンフィールドらが試行錯誤を繰り返します。
1962年には、フランスのシェルシェブは、コバルトクロム製のスクリュー状インプラントを開発し注目を集めます。
以来、多くの種類のインプラントが開発されることとなります。

インプラントの素材もコバルトクロム、金、白金、セラミックなども用いられましたが
いずれも満足出来るものではなかったようです。

人体には外部から異物が侵入してくると、それを体内に吸収してしまったり、排除してしまう機能が備わっています。

物質によっては拒絶反応を示してしまうものもあるのですから、素材選びは当時の研究者、開発者、歯科医師を大きく悩ませたに違いありません。
インプラント.png
●人体に毒性がない
●人体に免疫反応を起こさない
●噛む力に耐えうる強度がある
●人体になじみ易い

上記がインプラント素材に適する条件であり、
それをクリアしたのが、チタンだったわけです。

チタンに結び付かなければ、インプラントが発展しこのように
広く一般に認知される程にはならなかったでしょう。

当院ではインプラント専門医によるカウンセリング、CT診断を行っています。
インプラントは治療の選択肢の一つですので、まだ検討段階という方もお気軽にご相談ください。

川越市内、川越エリアからもインプラントのご相談に多くお越し頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。
お車でしたら鶴ヶ島インターからも比較的近くで便利です。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


インプラントを長持ちさせる方法

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

10月17日(土)、18日(日)は川越まつりでしたね。

本日川越からインプラントのメンテナンスにいらした患者さんからお話を聞きましたが、今年もすごい賑わいだったようですね。
皆さんは参加されましたでしょうか?

年に1度2日間だけの大イベントなので、今年スケジュールが合わなかったと
いう方、まだ行った事がないという方は、来年こそは川越まつりへのご参加を
是非おすすめ致します。


さて、今回はインプラントを長持ちさせる方法についてです。

インプラントをいれたらどれくらい持つのか...

woman_think.png

恐らく皆さんが一番気にされるところなのではないかと思います。


他の保険治療に比べれば高額ですし、せっかく入れたのにすぐダメになってしまった
のでは残念ですよね。


そこで重要になってくるのがメンテナンスなのです。


インプラント自体はチタン製ですので、半永久的に機能します。

インプラントが入ってから約10年で90%以上残るというのが多くの研究論文で発表されています。

そして、その中には40年以上残っているというインプラントも多数あります。
しかし、これはあくまでも定期的な通院でメンテナンスを行った上での結果です。

通常の歯と同じように、お手入れが不足すると歯茎が痩せ抜けてしまう事もありえます。

どんなに優れた機械でも、乱雑に扱えば故障のリスクは高まり、丁寧に扱い定期的に手を加えば長持ちするものだと思います。

インプラントも同じとお考えください。


図8.png

メンテンスに必要となるものが

・歯ブラシ
・歯磨剤 
・デンタルフロス
・歯間ブラシ
・デンタルリンス

などです。

繰り返しになりますが、インプラント自体は、折れたり腐敗するという事はありません。
インプラントの場合は歯周病ではなく、インプラント周囲炎と呼びます。

これは、細菌感染によって歯肉や歯周組織に起こる炎症です。 歯肉の炎症から始まり、歯周組織にまで炎症が拡がると、歯槽骨の吸収・インプラントの脱落を招いてしまいます。 天然歯の歯周病と異なる点として、インプラントには歯根膜などの栄養血管が周囲にない事が挙げられます。

その為、抵抗力が弱く、炎症の進行もしやすいのです。

外出が多い、お仕事が忙しいといった方には、携帯用の歯のエチケット用品をおすすめします。日々のメンテナンスがインプラントも健康な天然歯も守りますので、きちっと習慣づけていきましょう。

ご自身ではどうしてもケア出来ない部分、磨き残しなどは歯科医院での定期メンテンスで
解消出来ます。担当医や衛生士と連携して、お口の中の環境を良い状態に保っていきましょうね。

当院ではインプラントの治療はもちろん、メンテンスも徹底して行っています。
AIM 認定インプラント専門歯科衛生士も在籍しておりますので、常に患者さんのお口をより良くするサポートさせて頂きます。

インプラントをまだ迷われている方も、他医院で治療途中に諦めてしまわれた方も
お気軽にご相談ください。

川越市内、川越エリアからも多くご来院頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。


坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


歯に良い食べ物、歯に悪い食べ物。

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


これまでブログでも書いてきましたが、
インプラントだから何をしても大丈夫!メンテンスなんて関係ない!
ということはありません。

天然歯と遜色ない咀嚼が可能なインプラントですが、天然歯で気をつけなければいけない事はしっかりと把握した上で、生活していくのとそうでなのとは大きな違いがあります。

今回は基本に立ち返り、歯に良い食べ物、歯に悪い食べ物について触れていきます。


<歯に良い食べ物>
ojisan3_question.png


歯に良い食べ物というとカルシウムが多いチーズなどの乳製品や、さくらえびなどの魚介類があげられます。

しかし、カルシウムだけをとっていても歯に良いとはいえません。
カルシウムが体に吸収されるのを助けるビタミンDも必要です。ビタミンDは丸干しいわしなどに多く含まれています。また「清掃性食品」と呼ばれる食べ物も歯に良いです。この清掃性食品とは、その食べ物をかむ時に歯の表面をきれいに掃除してくれる食べ物をいいます。食物繊維を多く含むコンニャクやゴボウが有名です。さらに、口にすることで唾液の量を増やす、酸っぱい食べ物も清掃性食品に入ります。


☆カルシウムを多く含む主な食べ物
・さくらえび(素干し)2,000㎎
・ナチュラルチーズ(パルメザン)1,300㎎
・乾燥ひじき 1,400㎎
・えんどう(塩豆)1,300㎎
・ごま 1,200㎎
・切り干し大根 540㎎
・どじょう 1,100㎎

図1.png

☆ビタミンDを多く含む主な食べ物
・干ししいたけ 16.8μg
・こんにゃく
・丸干しいわし 50μg
・酢の物
・ごぼう
・紅鮭 33μg
その他には乾燥きくらげ 435μg などもあります。

※μg マイクログラム(1gの100万分の1)

<歯に悪い食べ物>

歯に悪い食べ物はだいだい想像がつくのではないかと思います。
砂糖を多く含む物歯にまとまりつく物に注意しましょう。
この歯にまとまりつく食べ物を「停滞性食品」と呼びます。

汚れがとれにくく、唾液もあまり出ない為、歯には良くないのです。
クッキー類、チョコレート、キャラメル、キャンディはその代表格ですが、
ドライフルーツ(糖分が多く、歯にもくっつきやすい)や一見口の中に残らなそうな炭酸飲料なども歯に良くないものといえます。

・クッキー
・チョコレート
・キャラメル
・ドライフルーツ
・砂糖を含んだ炭酸飲料


図2.png


<噛む際に注意した方が良い食べ物>
また、以下の食品を食べる際には
※インプラントだけではなく、残っている自分の歯も割れる恐れがありますので、注意しましょう。
※正確にはインプラントの上の人工歯(被せたもの)が割れる可能性があります。
当院へインプラント治療でお越し下さる方の多い川越を例に挙げると川越の菓子屋横丁では、昔ながらのお菓子をたくさん目にする事が出来ますね。
中には柔らかいものもありますが、金太郎アメなんかを口に含んでついガリッと噛んでしまって歯に思わぬ負担をかけてしまう可能性もあります。
運が悪ければ、歯が欠けてしまったり、詰め物がとれてしまう...という事もあり得ます。
とは言え、食べる時に色々気にし過ぎるのも窮屈です。
しかし、頭の片隅に入れておくと、ついうっかり無意識に歯を傷つけてしまう事が減り良い状態を保ち易くなると思います。


図3.png

・氷、飴
 なるべく噛み割らないようにしましょう。
・殻、種
 栗やナッツ類などの固めの殻や、梅干しの種なども、歯で噛み割らないように
 しましょう。
・固焼き煎餅、固めのパン(フランスパン等)やお菓子
 極端に固い食品も念のため注意しましょう。食べる際は、小さく割るか、
 飲み物で少しふやかしましょう。

歯に良い、悪いとは別で、身体にとって必要な栄養素を摂取する為であったり、
美味しくて好きだから食べたい!ということもあると思います。
歯に悪いから食べない...ではなく、これらの食品を口にした際には、念入りに歯みがきを
するなど大切な歯を守ることを意識すると良いと思います。


川越の伝統あるお菓子も、これからの季節に発売されるお菓子メーカーの新作も
魅力的ですよね。

まさに、食欲の秋。
美味しく、楽しく食事をして、その上お口の中も健康!
といきたいものですね。

当院ではインプラントの治療はもちろん、患者さんの大切な歯を守ることをいちばんに考え、予防診療にも力を入れています。
インプラントは治療の選択肢の一つですので、まだ検討段階という方もお気軽にご相談ください。

川越市内、川越エリアからも多くご来院頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。


坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


噛むことと痴呆の関係性

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


インプラント手術を終え、メンテナンスにいらっしゃる患者さんとの会話で良く
「これが噛めるようになった」という話を聞きます。

それだけ、今まで食べるのを我慢されていたり、気にしながら食事をされていたということなのだと思います。

2014年における日本の平均寿命は、男性が80.50歳、女性が86.83歳。
男性も2年続けて80歳を超えました。
因みに、当インプラントセンターへ多く来院されている
川越市の平均寿命は男性が80.0歳、女性は85.9歳となっています。
(厚生省調べ)

なかよし.png

長生きはとても良いことですが、健康であることという条件を誰もが思い浮かべるのでは
ないでしょうか。

よく噛む=ボケ防止 この結び付きは定説となっていると思います。

日本で多いとされている老人性痴呆症は脳血管性によるものです。

はいかい.png
実は、この脳血管性の痴呆症と咀嚼には深い関係があります。

顎の関節の側には脳に血液を送ることや、古い血液を心臓に送り返す重要な血管があります。その血管は噛むことで顎の関節を動かし血液を循環させているのです。
つまり、脳に刺激を与えて活動を促しています。


噛む能力が落ちてしまい、咀嚼回数が少なくなっていってしまえば、それだけ脳への刺激は減っていき、
痴呆のリスクが高まってしまうのです。

実際に歯がある(インプラントや義歯でも問題なく噛むことが出来る)人と歯がない人では、
歯のない人の方が痴呆症が多いと言われています。

これはマウスを使った実験等でも明らかになっており、咀嚼回数を減らしたマウスは
学習能力が低下するという結果も出ています。

美味しい食事、健康維持の為にも、歯を守る、お口の中の環境を整えることは本当に大切ですね。


食事をしているおじいさん、おばあさん.png


当院ではインプラントの治療はもちろん、患者さんの大切な歯を守ることをいちばんに考え、予防診療にも力を入れています。
インプラントは治療の選択肢の一つですので、まだ検討段階という方もお気軽にご相談ください。

川越市内、川越エリアからも多くご来院頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


噛めなくなった事によって知る歯の大切さ

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

インプラントに限らず、失ってしまった歯を人工歯で補うということの一番の目的は、噛むという事だと思います。

今まで食事する際に気にしなかった事を気にするというのは、やはりストレスが生じます。

大好きだった食べ物が歯を失ったせいで食べられなくなるのは相当な苦痛です。

今回はおいしく食事をする為に必要な歯の本数について触れていきたいと思います。


美味しく食べる為に.png


上図は、食べ物毎に必要とされる本数の例です。

意識してみないとあまり実感がわかないかもしれませんが、実は食べる時に多くの歯を使用しています。

歯の本数が減っていくにつれ、難なく食べていた物が食べにくくなり、そのうち食べることが出来る物に限りが出てきます。

食事を気にするようになると、せっかくの楽しみが減ってしまうだけでなく、摂れる栄養素も偏りが出てきてしまうことも考えられます。

歯がある人に比べ、栄養素をとり込みにくくなってしまうわけですから、健康を損ない易いというリスクを背負うという事になります。

下の図は、年齢、性別毎に何でも噛んで美味しく食べる事の出来る人の割合です。
(厚生省 平成21年国民健康・栄養調査報告より)

何でも噛んで食べれる本数.png

残念ながら、一度失ってしまった歯は二度と生えてきません。
しかし、予防やメンテナンスをしっかりしていけば、今残っている歯を失う事はないかも
しれません。

当院では予防診療にも力を入れています。
現在残っている健康な歯の負担を減らす為にインプラントを選択される方も多くいらっしゃいます。

インプラントは治療の選択肢の一つですので、まだ検討段階という方もお気軽にご相談ください。

川越市内、川越エリアからも多くご来院頂いています。

東上線若葉駅 徒歩2分、駐車場も完備しております。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


インプラントについてよくある質問とその回答⑤

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


今回は、インプラントについてよくある質問とその回答⑤です。


Q.31 歯科医や病院の決め方を知りたいのですが、、、

A.  身近なところで確認をするのあれば、実際に治療を受けている、受けた事の
    ある人に 聞いているのも良いかと思います。どんなものにおいてもそうですが、
    多少相性はあると思います。
    また、現在かかりつけの歯科医でインプラント治療を行っているのであれば、
    あなたの口の中の状況を熟知しているという意味で安心です。
    その医院で治療を行っていなければ、紹介をしてもらうという選択肢もありま
    す。
    こちらにおいても、治療を受けてみるまでわからないという事は念頭に
    置いておくと良いと思います。
    インターネットでも情報を収集することは簡単です。参考にしてみるのも良いか
    もしれません。

Q.32 近所にある個人医でもインプラント治療を行っていることがわかりました。
    治療してもらうか迷っています、、、

A.   診療内容にインプラントが入っていても、年間で多くの患者さんの治療を行って
   いる歯科医もあれば、1年に数例というところもあります。
   実際に治療相談をする中で判断するしかありませんが、これまでの経験数を聞いて
   みる事も目安になります。

Q.33 質問や希望を伝えていいものか悩みます、、、


A.  治療前に気になる点は担当医に質問をして納得した形で臨めるようにした方が
   良いです。実際に歯医者へ行くと緊張して聞きたかった事が聞けなかったという
   事もあるかと思います。あらかじめ聞きたい事を箇条書きにしておくなどして
   担当医に確認しましょう。
   希望に関しては、その内容によるかと思います。治療を成功へ導く為に譲れない事
   もあるかと思います。
   ただ、希望を伝える事によって、歯科医側もより良い提案を行える事があります。
   伝える事はとても大事です。

Q.34 以前から通っている歯医者でインプラントを行うべきか、新しい歯医者を探すべき
   か迷っています。

A.  特に不満なくこれまで通院されているのであれば、口の中の状況を良く
   知っているという意味でそのまま治療を進めていかれるのも良いかと思います。
   しかし、他でも回答しましたように、インプラント治療となった場合どう
   なのか?はわからない部分です。
   通っている歯医者でしたら、質問がし易いかと思います。
   色々と相談してみて判断されるのが良いと考えます。


   インプラントを検討されている方はお気軽にお問合わせください。
   当院では医学博士によるカウンセリング
   不安や悩みを解消し、治療を行っています。

坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。
若葉駅西口徒歩2分。駐車場も完備しています。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラントについてよくある質問とその回答④

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


今回は、インプラントについてよくある質問とその回答④です。

Q.26 金属を入れた顎に電動シェーバーなどを当てても問題はないですか?

A.  インプラント体が日常生活に及ぼす影響はほとんどありません。
    ただ、磁石で留める仕様の入れ歯をされている場合に、MRI検査で
    磁気が悪影響を及ぼします。検査の際には入れ歯を外してください。

Q.27 治療後の喫煙は大丈夫ですか?

A.   インプラント治療において、喫煙を行うことは失敗の原因となり得ます。
    傷の治り具合やふさがり具合、インプラント体と骨が結合するのを阻害
    するので、せめて手術後の傷が完治するまでは禁煙するべきです。
    喫煙によって傷口にトラブルが発生してしまえば、痛みを伴います。
    せっかく費用をかけて、治療をするのですから、術後は慎重に過ごすこと
    をおすすめします。
    とにかく口の中を清潔に保つことを心がけると良いと思います。

Q.28 定期的に通院するのが面倒です。メンテナンスはどうしても必要でしょうか?

A.  どんなに歯みがきが上手であっても、しっかり自己管理していても、歯科医での
    メンテナンスは必要です。自身でのメンテナンスはやはり限界があります。
    インプラントを長持ちさせる為にも専門家の手を借りて行いましょう。
   
Q.29 たとえば、メンテナンスを怠るとどうなりますか?

A.   可能性として最も大きいのは、口の中が不衛生になり、天然歯であれば歯周炎、
    インプラントなら周囲炎をそれぞれ起こします。
    どちらでも症状は同じで歯ぐきが腫れて出血してしまい、最終的には骨が溶けて
    支えがなくなります。
    天然歯もインプラントもグラグラと動いて抜けてしまいます。
    この他、咬み合わせを調整しないでいると、インプラントの歯だけに力がかかっ
    てしまい、最悪の場合には折れてしまう、グラグラになって抜けてしまう
    可能性もあります。

Q.30 自分の歯が少なくなってしまっています。ですが今より高齢になり、
    もし寝たきり状態となってしまったらと考えると、インプラント治療を
    迷います。どう考えたら良いでしょうか?

A.   インプラント治療が必ずしも最適な治療方法かはわかりません。
    歯科医に相談し、治療の選択肢の中からベストなものを選ぶべきだと思います。
    話は少し逸れますが、残存歯数と寝たきりには関係があると考えます。
   
    "8020運動"も行われていますが、80歳で残存歯数が20本
    以上ある人であれば「寝たきり・要介護」になる可能性が極めて低くなります。
    一方、残存歯数が9本以下で、入れ歯・人工歯を使用していない高齢の方は
    「寝たきり・要介護」となる可能性が高いという結果が出ている地域もある
    ようです。

    このように歯が人の生活・健康に及ぼす影響はとても大きいです。
    いつまでも健康でいられるように、早めの相談をおすすめします。
   

   インプラントを検討されている方はお気軽にお問合わせください。
   医学博士によるカウンセリングを実施しています。

坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。
若葉駅西口徒歩2分。駐車場も完備しています。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

健全なインプラント治療の在り方

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

◆健全なインプラント治療の在り方

○メリットばかりに目を向けないでください

インプラント治療はブリッジや入れ歯などの従来の治療法と比べ、まだ歴史も浅く体験者も少ない為、ともすれば「夢の治療法」というイメージが先行しているような気がします。
また、歯科医によっては、インプラントのメリットのみを強調して説明することもあるかもしれません。

しかし、歯を失った人の「そこに歯が欲しい」という希望を叶える為には、インプラント治療が万能というわけではありません。

口の中の状態を色々な角度から診る。その上で、ブリッジ、入れ歯などを含めて、それぞれの利点・欠点を抽出して選択していく。これが健全な治療の大前提です。

そうしたことをしてくれる歯科医であるかどうかを見極めることが、患者さんにとって一番大切なことなのです。

○理にかなった治療とは?

どんな治療にもいえることですが、インプラント治療も「理にかなった」ものでなければなりません。それは、咬むときにかかる力や他の歯に与える影響を詳細に検討して、インプラント体を骨に埋め込む角度などの治療方針が、適切であるということです。

インプラント治療を行う場合、基本的には失った歯1本に対して1本を埋め込むのが理想です。
ですが、どうしても骨の関係で入らない場合もありますし、予算を抑えたい場合もあります。

そうした条件を踏まえた上で、バランスのとれた最良の治療方法を歯科医師から提案して
もらわなくてはいけません。

○納得出来るまで説明を受ける(インフォームド・コンセント)

インプラントに限らず、歯科治療を成功に導く為に必要なことは、病状の診査・診断と包括的な治療計画です。治療計画は建築における設計図面のようなもので、歯や骨などの硬組織、歯肉などの軟組織の状態を正確に把握し、治療開始前に治療のステップと最終目標
を明確にしておくために欠かせません。

歯科医はこれらをきちんと患者さんに説明し、同意を得てから治療を開始するという義務もあります。これが、インフォームド・コンセント(説明と同意)といわれるもので、疾患(病気)の状態、治療の必要性と方針、治療行為の内容と順序、費用などが含まれます。

歯科医がこうした説明を詳しく行った上で、患者さんの納得と協力が得られない限り、
良い治療はできません。
治療中または、治療後のトラブルの多くは、これらの誤解に端を発することが多いのです。

治療計画をきちんと立てることで、診療の内容と手順が決まり、全体の治療期間や手術時期のスケジュールと、治療費用の見積もりがでます。

治療計画は唯一絶対のものではありませんから、患者さんの健康状態、口腔内の状態、精神状態や希望、予算などを考慮しながら最終決定されます。

○インプラント治療に区切りはあっても完了はありません

インプラント治療は、手術をして歯が入れば完了というわけではありません。
治療を任せる歯科医とは、その後の定期的なメンテナンスはもちろん、何か問題が発生した場合の相談相手としても長い付き合いになります。

治療を行った部位だけでなく、咬み合せの調整や口腔内全体の環境を整えていくことは、インプラントの歯を長く健康に保つ為に最も大切な要素であることは、繰り返し紹介してきた通りです。

インプラントは口の中に人工歯根をいれて、その上に人工の歯を被せることで済むと思われがちではありますが、これまで当ブログで書いてきたように治療開始前、治療後としっかり管理を行う必要があります。

歯科医はインプラント以外の様々な治療法・技術を熟知・習得していることが不可欠だと
思います。


当院では医学博士による術前・術後の徹底管理
を実施しています。

坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。
若葉駅西口徒歩2分。駐車場も完備しています。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

重要なメンテナンス

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


今回はメンテナンスについてです。

何度か取り上げてきていますが、インプラントを長持ちさせる為に、
歯科医による定期検査・患者さん自身による毎日のケア
必要不可欠となります。

歯科医による定期検査は、はじめのうちは毎月、それから2ヶ月毎、3ヶ月毎と間隔が延びていきます。
※お口の中の状態により個人差があります。


検査内容は次の通りです。

●歯に汚れがついていないか
●歯みがきが正しく出来ているか
●歯周病やインプラント周囲炎を起こしていないか、進行させていないか
●咬み合わせはうまくいっているか

この中でも特に咬み合わせの不具合は、自分で防ぐことが出来ません。
歯科医による検査、治療を必ず受けてください。
反対に、汚れの付着やインプラント周囲炎は、ある程度、自己管理によって防ぐことが
できます。

大切なことは、歯科医院で教わった正しい歯みがきを続けていくことです。
歯間ブラシ、デンタルフロス(糸ようじ)、薬用デンタルリンスを併用すれば、なお効果的です。

また、細菌の繁殖を防ぐ為には偏食をなくし、栄養バランスのよい食事をとるように心掛けましょう。過労、ストレス、睡眠不足、喫煙も極力避けるようにしてください。

高い費用をかけて得た歯を生かすのは自分次第と心得て、毎日のケアに励みましょう。

【歯みがきの方法】

基本的な歯みがきの仕方を紹介します。

1日1回は10分程時間をかけ、丁寧に歯をみがきましょう。
しかし、歯みがきには人それぞれ癖があります。
時間をかけて丁寧に磨いても、実際にはみがき足りない部分が生じ易いです。

歯ブラシのみを使用し落とせる歯垢は約50%といわれています。

そして、歯間ブラシ、デンタルフロスを併用すれば約90%落とせます。

インプラントに限らず、歯科医院への定期的な通院をご案内しているのは
歯科医、歯科衛生士にみがき残しのないみがき方を指導してもらうこと、
自分ではきれいに出来ない箇所の除菌や清掃を行ってもらう為でもあります。


【間違った歯みがき】

よくある失敗は、念入りに歯みがきをしようとするあまり、力を入れてゴシゴシとみがく
ことです。
これでは歯ぐきに傷をつけてしまいます。
また、毛先の開いた歯ブラシをいつまでも使っていると、歯肉を傷つけたり、汚れが落ちにくくなってしまいます。
心あたりのある方は、もう一度、歯みがきの仕方を見直してみましょう。
普段使っている歯ブラシを持参して、歯科医院で指導を受けるのも良いと思います。


プラザ若葉歯科では、ご自宅で行える基本的なメンテナンスについても
わかり易く丁寧にご説明しています。

インプラントを検討されている方はお気軽にお問合わせください。
無料でカウンセリングを実施しています。

坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。
若葉駅西口徒歩2分。駐車場も完備しています。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

日常生活での心得

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


今回はインプラントを長持ちさせる為に必要なこと、注意が必要なことについてです。

◆定期検査、メンテナンスにはきちんと行く

これまでも何度か書いていますが、インプラントは入れて終わりではありません。
見た目は天然歯と遜色ないですが。あくまでも人工的に作り出された物です。

身体がインプラントを異物だと認めてしまうと、それを排除しようとする力が働き出します。
インプラント体が身体になじんだ状態をキープ出来ているかどうか。検査・補修の為に、
担当医による年1~2回の定期検査やメンテナンスは欠かせません。

◆注意が必要な食べ物

フランスパンや固めのグミなどグニュッとした弾力のあるものは。注意が必要です。
これは天然歯にも言えることですが、歯や顎に力がかかって痛みが起きてしまったり、
歯が割れてしまうことがあります。

◆口や歯を使うスポーツや職業の方

たとえば、スキューバダイビングでレギュレーターをくわえる、登山でザイルをくわえる、またベンチプレスなどの行為は自分で思っている以上に噛みしめたり、特定の部位に
集中的に力がかかったりしてしまいます。

また、マウスピースが前歯に当たる管楽器の演奏者、ガラスを吹くパイプが前歯に当たるガラス職人などは前歯がすり減りやすいので、やはり上部構造の材質選びを慎重に行った方が良いでしょう。

◆引っ越し先や治療継続を希望する場合

インプラント治療の途中で引っ越しをしたり、海外へ移住することになれば、不安があると思います。できればあなたが使用しているインプラント体と同じものを扱っている歯科医がベターですが、次の内容を伝えれば、対応してもらえると思います。

●あなたの口の中に入っているインプラント体のメーカー
●インプラント体が入っている位置
●上部構造の材質
●上部構造の固定の仕方

海外での歯科医探しに関しては、まず日本での担当医に紹介をお願いしてみると良いと思います。インプラント治療を行っている歯科医は、何かしら学会、スタディーグループ(勉強会)などのネットワークを持っている、所属していることが多いです。

これが近道と言えると思います。

日本口腔インプラント学会もしくはインプラント体のメーカーに問い合わせるという方法もあります。
歯科医がみつからない場合は、日本で切りの良いところまでを治療し、その後は帰国した際に治療を行っていくしかないでしょう。

可能な限り、同じ歯科医に治療をしてもらう方が良いと思います。


インプラントを検討されている方はお気軽にお問合わせください。
医学博士によるカウンセリングを実施しています。

坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。
若葉駅西口徒歩2分。駐車場も完備しています。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラントについて良くある質問とその回答③

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


今回は、インプラントについてよくある質問とその回答③です。

Q.21 治療期間が長くなっても費用は変わりませんか?

A.  費用は処置内容によって異なるものですので、期間で費用が増すという事は基
   本的にはありません。インプラント治療は数ヶ月期間がかかります。
   担当医からの説明を聞くのはもちろん、不安な点は相談して納得いく治療を
   受けましょう。

Q.22 インプラントは入れる場所によって金額が変わりますか?

A.  インプラント自体の値段が変化するというより、かぶせ物(上部構造)で何を選ぶか
    によって金額が変化します。例えば、奥歯も前歯も金属で統一するのであれば
    金額変わりません。 
    また治療の難易度によって料金が変わる可能性はあります。

Q.23 支払い方法に決まりはありますか?

A.  歯科医院によってそれぞれ異なります。
    プラザ若葉歯科では、現金その他クレジットカードでのお支払いにも対応
    しています。お気軽にご相談ください。

Q.24 確定申告の医療控除の対象になりますか?
 
A.  医療控除対象となります。通院の際の交通費も含みます。
   ※車で通った場合のガソリン代・駐車場代は控除の対象となりません。
    ご注意下さい。

    医療控除については下記にまとめていますのでご覧ください。
   
    詳しくはコチラ↓↓

    医療費控除についてをご覧ください。

Q.25 インプラントが保険適用外なのはなぜですか?

A.  これについては見解が人それぞれあるかと思います。
    基準となっているのは日本国憲法です。
   日本国憲法25条【生存権、国の生存権保障義務】
   ①すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する
   ②国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び
    増進に努めなければならない。

   国民の生活レベルの向上により、医療のニーズが幅広くなっていく一方で、
   平均寿命の増加、少子化によって医療費の膨張、財源不足も生じています。
   歯科医療に限らず、医療全般、社会福祉に関わる経費の削減が行われています。


   インプラントを検討されている方はお気軽にお問合わせください。
   医学博士によるカウンセリングを実施しています。

坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。
若葉駅西口徒歩2分。駐車場も完備しています。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


   

骨と歯肉の再生

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

インプラント治療をしようという人は、虫歯や歯周病、事故など、何らかの原因で歯を喪失しています。歯がないままにしておくと歯肉が痩せてしまい、インプラント治療に支障をきたす場合が出てきます。

歯根部はもともと歯肉の下の歯槽骨の中にあった為、歯が抜けるとその空間を埋めようと、次第に周囲の歯槽骨が吸収されてへこんでいきます。

歯槽骨に合わせて歯肉もへこんでいきますので、歯肉の位置は健康な歯があった時とは明らかに異なってくるのです。

インプラント体を埋め込む位置や角度は、治療後の使用感やインプラントの寿命に大きな影響を与えます。

従って、歯槽骨が不足して歯肉が痩せている場合などは、あらかじめ骨の再生手術を行う事もあります。

骨を再生する方法には、次に紹介する骨再生誘導法、サイナスリフト(上顎洞底部の骨量増大)などがあります。
どの技術を採用するかは、インプラント体を埋入する部位や患者さんの骨量の不足状態によります。

【骨を移植する技術】

骨再生誘導法は普通の骨移植よりも活性の高い骨を得られるといわれ、インプラント治療に多用されています。

①骨に支柱となるネジを立て、ゴアテックスなどの素材で遮へい膜をテント状に
 張って密閉された空間をつくり、骨が再生されるのを待ちます。

②①より早く確実に骨をつくる為に、①でつくった空間に骨移植を行う事もあります。
 移植する骨は、自分の骨(口の中の他部位骨)の塊や、それを粉砕して細かくしたもの
 または人工骨を使う事もあります。

【上顎洞底部を増やす技術】(サイナスリフト)

上顎の奥歯付近に骨の萎縮や骨量の不足がある場合は、下顎に比べてインプラントの成功率は低いといわれています。
それは、上顎洞という空洞の存在が大きく影響しているのですが、この空洞の底辺に骨を補う事で、インプラントを可能にする事が出来ます。

①ラテラルウィンドウ法

 上顎洞の側面に窓を開けて、そこから移植用の骨(大量に必要な場合は腰骨を使用)
 を詰める方法。歯槽骨頂から上顎洞までの高さが極端に少ない場合に適用されます

②オステオトーム法

 骨の高さが5ミリ以上、幅が6ミリ以上ある場合は、専用槍のような器具を使って、
 上顎洞内へ骨を移植します。
 それと同時にインプラント体を埋入する方法です。

【歯肉を再生する技術】

歯周病などで歯肉が後退したり、歯肉が柔らかくなって健康な部分が不足している場合には、歯肉の移植や、若干の移動という方法によって再生する事も出来ます。

インプラント周囲炎を予防する為に、インプラント周囲には充分な幅と厚みを持った良い
歯肉(角化歯肉)がある方が良いです。

●歯肉の移植

口の中の天井部(口蓋部)から切り取った歯肉を、歯肉を切り開いた露出面に縫い付ける方法

●歯肉のスライド(移植術)

インプラント体埋入部周囲の余剰な角化歯肉を必要な部位にずらして(スライドして)
縫い合わせる事で、固い歯肉部分を拡張します。

プラザ若葉歯科では最先端の完全自己血由来の骨再生治療を推奨しています。
骨が少ないからとインプラントを諦めていた方も是非ご相談ください。
生体拒絶反応はなく、人工骨より痛くなく、感染が少なく、治りが早いというのが特徴です。

↓↓↓詳しくはコチラをご覧ください
骨を創る!医学博士ならではのこだわり。完全自己血由来の骨再生術!


実際にどの様な手法が最適となるかは、患者さん一人一人によって異なります。
プラザ若葉歯科では、CTを用いた精密な診断、治療計画で、安心で確実なインプラント治療を行っています。

インプラントを検討されていて、ご自身の歯肉の状態が心配な方、その他些細な事でもお気軽にお問合わせください。
医学博士によるカウンセリングを実施しています。


坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。
若葉駅西口徒歩2分。駐車場も完備しています。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

治療を成功させる為に知っておきたいこと

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

今日は、治療を成功させる為に知っておきたいことです。

インプラントの失敗やトラブルは治療初期と、インプラントの耐久年数の終わりに
近づいた時に多発します。
ここでは失敗を避けるための方法を時間経過順にあげてみました。

リスクを最小限に抑える為、心得ておいてください。

●初期

外科的要因が大きい時期。
歯科医が適切な手術方法を守るとともに、口腔内の衛生や咬み合せの調整など、
歯科治療の基本原則を理解・実践することで、早期の失敗率を低下させることが出来ます。
この時期のトラブルには歯科医の経験や技量とともに、患者さん側の理解と協力が大きく影響します。

●安定期

治療が終了して、日常生活での使用期間です。
この時期は、インプラントの歯を意識する事なく、天然歯とほとんど同じように使用しています。
しかし、歯みがきなどの口腔衛生習慣や咬み合せ、ゆっくりと進行していく歯周病、夜間の歯ぎしりや咬みしめなどにより、口腔内環境は刻々と変化しているのです。

インプラントを長持ちさせ、出来るだけ長い期間トラブルなく過ごす為には、この時期の
メンテナンスが重要です。
具体的には、インプラントを失敗に導く二大原因の除去につきます。

①歯みがきなどによる歯垢の除去(プラークコントロール)を徹底し、細菌感染による
 歯周病やインプラント周囲炎を予防する事

②歯科医が咬み合せの変化を見逃さず、適切な状態に保つ事

インプラントは不適切な咬み合わせによる負担過重が原因でダメになる事が非常に多い
です。プラークコントロールによる感染症の予防と、噛み合せのチェックによる咬合力の調整 を徹底する事で、ある程度、トラブルの発生を抑える事が出来ます。

その為には、家庭における口腔内の手入れの実践と、噛み合わせの重要性を理解している歯科医による定期検査の継続が必要条件です。

●後期・疲労期

材料学的な限界と生体機能の低下が相乗的に関与する時期です。
加齢による生理学的な変化はコントロールが困難ですが、材料学的な問題は安定期に
おける咬み合わせのコントロールによって大きな差が出てきます。
 
つまり、後期の失敗率の低下、もしくはトラブルの発生を先送りにする為には、
安定期のメンテナンスが大きく作用する事を忘れないでください。

プラザ若葉歯科では咬み合せや口腔内の細かな状況を確認するなど、術後のメンテナンスをしっかりと行っています。

まだインプラントを検討されている段階の方でもお気軽にお問合わせください。
医学博士によるカウンセリングを実施しています。


坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ

〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


チタンと麻酔について

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


今回は、チタンと麻酔についてです。

【チタンについて】

チタンは地球を構成する地殻の成分として9番目に多い元素です。
自然界に多く存在しているものの集積度があまり高くなく、製錬する事も難しい為、金属として広く用いられる様になったのは比較的最近の事です。

チタンあるいはチタン合金の持つ強度・軽さ・耐食性・耐熱性といった性質は、身近なもの、耳にする機会があるものですと、インプラントの他に航空機や潜水艦、自転車、ゴルフクラブなどにも使われています。

歯科インプラント他、医学領域で用いられる、体内に入れる事を目的としてインプラント材料に求められる要件をまとめると次の様になります。

●安全性

・毒性、アレルギー反応、発がん性がない。
・血液を溶解、破壊または凝固させない。
・代謝の異常を起こさない。
・体内で溶出、劣化、分解しない。

●強度

・目的に応じた適切な強度と耐疲労性(歯科=咬み合せや咀嚼に耐える)
・人口関節=身体を支え、歩行などに耐える。
・豊胸=適度な弾力を有する反面、生体内で破裂しない強度を持つ。

●加工性

・用途に合わせて複雑な形を容易につくり出す事が出来る。
・大量生産が可能である。
・加工価格や原材料費が適切である。

現在、歯科インプラントの材料としてもっとも多用されているチタンは、インプラント体のみならずアバットメントにも用いられ、強度・安全性ともに良好な生体材料です。

チタンは1948年にアメリカで工業化に成功し、日本では1952年から生産されるようになりました。
比重も軽く、弾力も他の金属と比較して骨に近い材料で、純チタンでの金属アレルギーの発生は今のところ報告されていません。

人工歯根以外に整形外科領域で使用される人工関節や骨折時の固定用ネジ、プレートとしても多用されています。

【麻酔について】

麻酔とは薬物などによって人為的に疼痛をはじめとする感覚をなくすことです。
これにより、手術を受けることが出来るだけでなく、耐え難い苦痛を取り除くことが出来ます。

インプラントに限らず、歯科治療が好きという人はあまりいないと思います。
痛みに加えて恐怖心や痛みを最小限度に抑える方法として
「精神鎮静法」があります。

鎮静法とは意識を失わせる事なく、浅い睡眠状態を人工的につくり出して
不安や緊張を和らげ、処置中の痛みをも感じないようにする方法で、治療内容や状態に
合わせて笑気ガスを吸入する方法(笑気呼吸鎮静法)か、精神安定薬を静脈に注射する方法
(静脈鎮静法)を選択する事が出来ます。

●笑気(笑気ガス)吸入鎮静法

笑気ガスとは亜酸化窒素の事で、麻酔作用はあまり強くありません。
特に笑気呼吸鎮静法では、20~30パーセントの低濃度の笑気ガスを用いるので
意識を失う事はありません。
ほのかに甘い香りがするガスから吸入するので、重い呼吸器疾患のある人以外は
使用出来ます。

副作用もほとんどなく、呼吸を止めるとすぐ回復する為、非常に安全です。
しかし、鎮痛効果はないので、局所麻酔の注射を併用する事が必要です。

●静脈鎮静法

意識を失わせる事なく、不安や緊張を和らげる方法で、血圧の安定も期待できます。
使用する薬材は数種類あり、鎮静効果の発現や持続時間が異なります。
モニターで血圧、脈拍、血中の酸素量などを管理しながら、点滴を利用して静脈に
少しずつ鎮静薬を入れていきます。
笑気ガスに比べて効果は確実ですが、健忘効果はなく局所麻酔が必要です。

注意事項として、治療終了後は思考が明瞭になり、運動機能にも問題がない
(フラフラするような事がない)事を確認してからの帰宅となります。
危険防止の為、帰宅時の車の運転も避ける必要があります。

●局所麻酔

歯科医療でもよく使われる局所麻酔は、治療する部分の歯肉に直接注射して、周辺の神経を麻痺させるものです。
麻酔の効果は体調の影響や個人差もありますが、約1~2時間程度です。
治療後も口の周辺に麻痺やしびれが残っている事もあるので、熱いものの飲食には
注意が必要です。

次回は、治療を成功させる為に知っておきたいことについてです。

プラザ若葉歯科ではその方に合わせた最適な治療法で無痛、スピーディで確実な手術を実施しています。

些細な事でも結構ですのでインプラントを検討されている方は

坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ

〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

インプラントについてよくある質問とその回答②

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


今回は、インプラントについてよくある質問とその回答②です。

Q.11 部品が壊れる、不具合が生じたら交換できますか?

A.アバットメントや上部構造を交換するのはもちろん可能です。
  インプラント体の交換も不可能ではありませんが、大変な作業となります。
  骨は再生していきますから、骨がある限りインプラント体は何度でも入れ替える
  事が出来ますが、トラブルが重なれば再生能力の低下が起こり、骨の量が少なく
  なってしまうと条件は悪くなってしまいます。

Q.12 合併症の心配はありませんか?

A.合併症は細菌感染によって起こります。
  手術は念入りに滅菌した状況で行いますので細菌感染する事はありません。
  手術後も、処方された抗生物質を指示通りに飲み、口の中を清潔に保てば
  細菌に感染することは殆どないでしょう。

Q.13 耐用年数を過ぎるとどうなるのですか?

A. 骨に埋め込んだチタン自体の劣化は基本的にはありません。
  しかし、上部構造(インプラント体に被せるもの)は
  素材がプラスチックならば「割れる」、プラスチックのようなものならば
 「色が変わる」「すり減る」などのトラブルが起こる可能性はあります。
  上部構造は咬み合せや歯ぎしりなどで直接力がかかる部分の為、長い目で
  見て消耗品捉えた方が良いと思います。

Q.14 自分の歯とのバランスがとれず、咬み合せが悪くなる事はありませんか?

A.天然の歯根は歯根膜により、微妙に動きます。
 しかし、インプラント体は骨に強く埋まっている為、動きません。
 多少なりとも動く歯(天然歯)と、そうでない歯(インプラントの上部構造)が
 混在しているのですから、定期的に咬み合せの調整が必要です。

Q.15 嘔吐反射が強い場合も手術できますか?

A.嘔吐反射は笑気吸入鎮静法、静脈鎮静法等を用いれば抑える事が可能です。
  事前に相談し、安心して手術を受けてください。

Q.16 手入れが難しそうに感じるのですが、、、?

A.基本は天然歯と同じです。毎日歯ブラシでブラッシングを行ってください。
  加えて、デンタルフロス(糸ようじ)歯間ブラシ、薬用デンタルリンスなどを
  併用する事が有効です。
  そして、重要なのが定期検査です。
  インプラントを長持ちさせる為には、メンテナンスは必須です。

Q.17 手術を受けるにあたって、年齢制限などはありますか?


A.男女の差はありますが、骨の成長がほぼ終了する18歳前後から、
 身体的な条件が満たされていれば年齢の上限はありません。

Q.18 高血圧症でもインプラント治療を受けられますか?

A.高血圧症や循環器系疾患を持っていても、内科で治療を受けて、症状が
  きちんとコントロールされている人ならばインプラント治療を受けられます。
  内科の医師と連携し、状況に応じて相談をしながら進めていきます。
  高血圧症を持った人の治療で特に気をつけなければならないのは手術時です。
  緊張で血圧が上昇するケースがありますから、高血圧症であることがあらかじめ
 わかっていれば、静脈鎮静法などを行います。
 高血圧症に限らず持病がある場合は、「これはインプラント治療には関係ないはず」
 と勝手に判断せず、必ず担当医に相談しましょう。

Q.19 アレルギー反応が心配です。

A.有機材料であるプラスチックや、金属もアレルギー反応を起こす可能性があります。
  インプラント体は、純チタンです。
  純チタンでアレルギーを起こした事がない限り、まず問題ありません。

Q.20 歯茎が痩せてしまっています。インプラントは大丈夫でしょうか?

A.インプラント体を入れる為に必要な量があれば可能となります。
  場合によっては、歯肉の移植や再生の処置が出来ます。
  また、歯肉が痩せているという事は、その下にある顎の骨も痩せているという事に
  なります。
  骨が不足していたり、もっと状況を良くしたいという場合は、骨の移植や再生を
 行います。

 次回は、チタンと麻酔についてです。

 プラザ若葉歯科では多くのインプラント治療を実施しています。

 些細な事でも結構ですのでインプラントを検討されている方は

坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ

〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

 

インプラントについてよくある質問とその回答①

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


今回は、インプラントについてよくある質問とその回答①です。

Q.1 日本ではどのくらいの人がインプラントを受けているのですか?

A.インプラントは保険適用外となっている為、厚生労働省など公式なデータはないの
 が現状です。様々なインプラントメーカーがあり、インプラントを取り扱う歯科医
 院も増えています。歯の機能だけでなく、審美性を重要視される方からの指示もあ
 り増加しているといえます。

Q.2 歯科医ならどこでもインプラント治療を受けられますか?

A.一般の歯科医院が必ず行っているとは言い切れません。
 (行っていない場合は歯科医を紹介してもらえる場合もあります。)
 大学病院では必ず行っています。

Q.3 どの箇所でも治療が出来ますか?

A.出来ます。
 但し、歯周病などによって支える顎の骨が痩せている場合には、インプラント手術前に
 骨を再生させる行程が必要となります。
 詳しくは担当医にご相談ください。

Q.4 骨にネジを埋め込んで痛くないでしょうか?

A.麻酔や鎮静法を用いて手術を行います。全く何も感じないというのは語弊が
 あると思います。実際に歯を一本抜くのと同等とお考えください。
 術後も鎮痛剤を処方しますので心配はありません。

Q.5 入院が必要ですか?

A.入院の必要はありません。
 
Q.6 見た目の違和感が出たりしませんか?

A.インプラントとはいわゆる軸の部分です。その軸に被せものがつくイメージです。
  人工歯と同じセラミックやプラスチックですので、お一人お一人に合わせて作成
  されます。見た目の違いは殆どないです。

Q.7 硬いものを咬めるようになりますか?

A.入れ歯の咬む力は天然歯の10分の1~5分の1程度といわれています。
  インプラントはほぼ天然歯と同等の力があります。
  但し、天然歯においてもそうですが、極端に硬いものを咬むのは避けた方が
  よいです。

Q.8 味の変化はありますか?

A.味覚は舌で感じるものですので、味の変化はありません。
  変化を感じるとすれば、インプラント体には歯根膜がない為、歯に触れる触感が
  変わったと思う事はあるかもしれません。

Q.9 自分の歯と変わりない使用感なんですか?

A.Q8でも回答していますが、インプラント体には歯根膜がありません。
 非常に薄いもの(オブラートの様な微細なもの)を咬んだ場合、感じない事も
 あるようです。
 極微細な咬み心地。それ以外はほとんど違和感なく使用出来ます。

Q.10 壊れる、外れるなどの問題は生じませんか?

A.極々僅かですが、世の中でインプラント体が折れる、骨との結合が外れるという問
 題が発生しています。インプラント体の素材は純チタンで性質からいえば折れる事
 は殆どありません。
 咬み合わせがあっていない場合や、インプラント体の角度の問題で余計な力が加わった
 場合には折れる可能性もあります。
 "骨との結合は外れる"原因は、インプラント周囲炎とインプラント体への負担です。

 このような問題を回避する為には、定期検査に通い、咬み合わせや、歯垢のチェック
 などメンテナンスを行う事が大切です。

次回は、インプラントについてよくある質問とその回答②です。

プラザ若葉歯科では多くのインプラント治療を実施しています。

些細な事でも結構ですのでインプラントを検討されている方は

坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ

〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30


歯周病について

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

今回は、歯周病についてです。

歯周病は生活習慣病の一つで、
30歳以上の日本人の80%以上がかかっていると言われています。
虫歯や歯周病のない健康な人の口腔内でも400種以上の最近(常在菌)が存在していますが、そのうちの十数種類の細菌が感染症である歯周病の発症に関係していると言われています。

最近の研究によれば、
重い歯周病を持つ人は糖尿病、心臓血疾患、呼吸器疾患などにかかるリスクも高くなると言われています。
食事や呼吸の入り口である口腔に重い感染症があれば、そこから細菌や毒素が入り込んで内蔵に悪影響を与える事は容易に想像がつきます。

歯周病との関連.gif


















≪8020推進財団HPより≫

さて、みなさんが「歯周病」として理解している状態は、歯肉の炎症による腫れや出血を特徴とする歯肉炎と、歯を支えている骨(歯槽骨)が破壊される歯周炎に分ける事が出来ます。

●歯肉炎
歯みがき不足により歯肉に炎症が起き、腫れや出血を特徴とする状態です。
この場合は、正しい歯磨きや歯肉のマッサージなどを行う事で症状が改善します。
(妊娠中に発生する妊娠性歯肉炎、高血圧治療薬、てんかん治療薬を服用している人に見られる薬物性の歯肉炎など様々なタイプがあり、歯磨きだけでは改善しない場合もあります。)

●慢性辺縁性歯周炎
最も多いタイプの歯周炎で、主に20代後半から始まり比較的ゆっくりと進行します。 初期には殆ど症状がなく歯磨きの時に出血がある程度ですが、進行するに従い、歯肉が腫れる、歯肉が下がる、膿が出る、歯がぐらつくなどの症状が出て最終的に抜けてしまう事があります。
したがって、歯周炎は早期発見が大切で、適切な治療により改善する事は可能です。

●発症原因
歯周病の原因と進行状況、その特徴をまとめると次のようになります。
これを機会に、現在の口腔衛生の状況を客観的に把握する事をお勧めします。

①食後の歯磨きが不十分だと、食べかすを餌として歯と歯肉の隙間に細菌が増殖し、歯垢 (プラーク)が付着します。プラークは細菌の巣です。

②繁殖した細菌はある種の毒素を出します。
それにより歯肉だけの炎症(歯肉炎)が最初に発生します。

③歯肉炎を放置すると炎症が歯肉の深部(骨に近い部分)まで進行し、歯肉や歯槽骨を破回する歯周炎に発展してしまいます。
一般的に一度起こった破壊は、特殊な治療法を用いない限り元に戻すのは困難です。

④炎症の進行に伴って歯肉が下がり、歯と歯肉の隙間から膿が出始めます。
次いで、歯を支えている歯槽骨が溶け始めると歯がグラグラしてきます。
さらに隙間は大きく深くなり、入り込んだ細菌は除去不可能になって、歯の周囲組織(歯周組織)が破壊されていきます。


次回は、インプラントについてよくある質問とその回答です。



プラザ若葉歯科では多くのインプラント治療を実施しています。
些細な事でも結構ですのでインプラントを検討されている方は


坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ

〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

年代による歯の喪失原因と対処法

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

今回は、年代による歯の喪失原因と対処法です。


≪10代≫(※1本未満)
※()内は年代毎のおおよその喪失歯数
【原因】
先天欠如(遺伝、小児期の疾病、突発的原因により永久歯が生えてこない)
事故 (特に学童・学生期は、運動やクラブ活動時の事故による歯の喪失も 無視はできない)

【対処方法・特記事項】
・成長期が終了するまではインプラント治療は望ましくない。10代後半までは暫定的な処置を施しておき、適齢期にインプラント治療を行う
・先天的欠如は増加傾向にあり、小児期から青年期にかけて永久歯の萌出に伴い、歯並びや咬み合せに悪影響を及ぼしかねない。長期的な展望に立った治療計画が必要であるが、総合的な治療指針を提示出来る歯科医は少ない。

≪20代≫(1本未満)
【原因】
先天欠如、事故(さまざまな外傷)

【対処方法、特記事項】
・外傷の程度や骨や歯肉の状態により、治療難易度は異なる。歯のみの喪失においては治療は容易で、機能・審美性ともに良好な結果を得やすい
・骨や歯肉を同時に喪失した場合には、移植などを含めて広範囲な治療を伴うことが多い。日本においては交通外傷が第一原因となっている。この場合は、歯科においてもさまざまな専門医のチーム医療が求められるので、歯科大学病院や歯学部付属病院などで、包括治療を受けることを勧める

≪30代≫(約1本)
【原因】
虫歯や歯周病

【対処方法・特記事項】
・過去に治療した奥歯を中心に虫歯や歯周病により、1~2本程度の歯を喪失し始める。 この場合の治療選択肢は、欠損部の両隣の歯を削って土台としたブリッジが、出来るだけ自分の歯を削らずにインプラント治療のみで対処。
・最近では健康な自分の歯を削りたくないという患者さんが増加しており、この場合はインプラントが第一選択となる

≪40代≫(2~2.5本)
【原因】
虫歯や歯周病

【対処方法・特記事項】
・少数欠損の場合には、インプラントを用いなくとも、自分の歯を土台としたブリッジでの治療が可能である。
しかし、欠損歯数が増え、隣接する自分の歯も歯周病などで負担に耐えられないと判断された場合には、治療オプションの選択肢が激減する
・また、一番奥ん日ある歯を喪失した場合は、ブリッジの土台となる歯がなくなる為に、 インプラントの適応頻度が急増する

≪50代≫(3.5~4.5本)
【原因】
人工歯のトラブルや歯周病

【対処方法・特記事項】
・奥歯を中心に複数歯の欠損が深刻化してくる。ブリッジや部分入れ歯に関するトラブルや歯周病により歯のぐらつきが大きくなり、咀嚼機能に大きな変化をきたしやすい
・治療の選択肢はインプラント以外では、部分入れ歯が第一選択になる為に、口腔環境の改善のみならず、心理的な影響も考慮した治療計画が必要となる

≪60代≫(7.5~9本)
【原因】
人工歯のトラブルや歯周病

【対処方法・特記事項】
・奥歯の大多数を失うと、咀嚼の効率が著しく低下して食生活(栄養状況)のみならず、様々な社会活動面でも積極性を失い活動能力が低下する
・歯の欠損に対して自分の歯を土台としたブリッジを望んでも、土台となる歯が歯周病罹患していたり、すでに抜歯によりブリッジも設計上不可能であることが多い。よって、複数のインプラント体を埋入するか、インプラント支持による入れ歯が適応となる

≪70代以降≫(14本以上)
【原因】
人工歯のトラブルや歯周病

【対処方法・特記事項】
・本来あるべき歯の半数以上を失い、総入れ歯や大きな部分入れ歯を余儀なくされることが非常に多くなる。当然、柔らかいものを中心とした食事へと変化して、顎の筋肉を使うことが減ってくる
・歯がなくなり、歯の周辺の痛みなどの神経が失われること、咬むことによる脳への刺激はなくなる。歯の喪失がアルツハイマーの原因の一つと考えられる
・少数(1~2本)のインプラントでも、入れ歯の維持・安定には非常に有効であり、咬む力を格段に変化させる


上記が各年代の歯の喪失原因と対処法などです。
次回は、今回多く歯の喪失原因として出てきた歯周病についてです。


プラザ若葉歯科では多くのインプラント治療を実施しています。
些細な事でも結構ですのでインプラントを検討されている方は


坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ

〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30
<

インプラントは誰にでも可能な治療法なのか?

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

今回は、インプラントが誰にでも可能な治療方法なのかです。


●ブリッジや入れ歯治療の限界とインプラントの可能性

差し歯やブリッジはどんなに丁寧に使っていても、長い時間には不具合が出てきます。 さらに、50歳を過ぎるころには体調の変化や、70~80%の人が抱えるといわれる歯周病等によって、歯肉や歯を支える骨が溶けたり、口腔内の環境が加速度的に悪くなります。
それでも健康な歯がたくさん残っていれば、ブリッジを広げるなどして対応する事も 出来ます。

しかし、そうした治療も若い時に比べると安定感が悪かったり、外れ易いなど、なかなか しっくりいかないまま、多少の違和感は諦める...というのが正直なところでしょう。

ところで、患者さんが「入れ歯」を嫌がる直接的な理由は、取り外しの出来るものを口の中に入れているというわずらわしさや、入れ歯自体が動いてしまう不快さにありました。 そうした入れ歯の欠点を改善する為の様々な研究や取り組みの中で、インプラントは開発されてきたのです。

従って、医療の目的は「はずさないで済む入れ歯」をつくることにあったわけですから、 もともとある程度の年齢層を想定していたのです。


●インプラント治療に必要な体質や疾病について

インプラント治療が始まって間もない頃は難しいといわれるケースもありましたが、現在では糖尿病などの全身疾病でも、内科医によるコントロールが出来ていて、普通の生活をしていれば、基本的に可能といえます。
しかし、インプラント治療によるストレスが影響を及ぼすような全身疾病や、骨粗しょう症、リウマチなど、骨に関係する疾病は慎重な判断が必要でしょう。

例えば骨粗しょう症にしても、直接的な相関関係があるというわけではないのですが、実際にインプラント治療を行う場合は、骨粗しょう症の方の主治医と相談したり、必要なエータをもらったり、血液検査を行って判断することもあります。
あえてつけ加えるならば、癌などで放射線治療を行っている場合は、インプラント治療は不可能です。

●歯周病、骨粗しょう症など、骨の病気とインプラント治療の関係

歯周病を単純に歯肉の病気だととらえている人が多いようですが、正しくは骨の病気です。歯肉が腫れたり出血するだけならブラッシングなどで治りますが、歯周病というのは歯を支える骨が溶けてしまう病気ですから、そうした場所にそのままインプラントを埋め込む事は不可能というしかありません。失われた骨は戻りませんが、歯周病を治療してからなら骨の移植をする事は可能です。

骨の移植によって新たな骨が出来てくれば、そのあとにインプラント治療も可能になります。

反対にインプラント体を埋め込んだ後、骨の病気によってインプラントが失敗するという事もあります。インプラントの失敗原因は大きく分けて、

①細菌感染
②咬み合わせの力の不調和

もしくは、その両方によって引き起こされます。
インプラントは金属製なので虫歯にはなりませんが、インプラントを支えている骨は歯周病とほぼ同じようなメカニズムで崩壊していきます。
この状態を「インプラント周囲炎」と呼び、歯周病と区別しています。

研究の結果、歯周病菌や食べ物の磨き残しなどに対する抵抗性(バリヤー機構)は天然歯よりインプラントの方がや弱いということもわかりました。
ということは、油断をするとインプラント周囲炎にかかり易い状態となり、いったん病状が発生するとその進行や破壊状況は著しいことを意味しているのです。

骨粗しょう症は程度にもよりますが、インプラント治療を行う事で咬む機能が回復し骨に力が加わるようになると、逆に骨の密度が増してくる事もあります。

しかし、統計学的な事ですので、経過観察をきちんと行いながら、何かトラブルがありそうなら早め早めに対処していく事が大切です。

●予防や初期治療として早めのインプラントという考え方も

厚生労働省による「年代別残存歯数」を見ると、50代から欠損歯数が増加傾向を示し年齢を増すごとに相当数の歯が失われているのがわかります。

しかし、若い年代から歯がない、または歯を失ってしまう人もいます。

欠損歯数が増えれば年齢に関係なく、

①入れ歯やブリッジの増加
②咀嚼効率の低下
③咬み合わせの不調和

上記の様な諸問題が発生します。

加えて、「健康な歯の残存」や「咬む」事が、全身の健康のバランスを狂わせる事が 予想出来ます。ということは、必要に応じて早い時期から口腔内環境を整備しておけば その後の口腔及び全身健康状態を保つ事が可能ともいえます。

欧米諸国では、生涯に渡る歯科治療費を考える上で、早めのインプラント治療の方が 経済的負担が少ないとも考えられているようです。

日本では、虫歯の治療は続けたくない、ブリッジなどで健康な歯を削りたくない、無理な歯列矯正よりもインプラントで直したいなどの理由で、インプラントに関心を持つ人は増えていくと思います。


次回は年代による歯の喪失原因と対処法などについてです。

プラザ若葉歯科では多くのインプラント治療を実施しています。
些細な事でも結構ですのでインプラントを検討されている方は


坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ

〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30
<

治療後に起こる可能性があるトラブルケースについて

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

今回は治療後に起こる可能性があるトラブルケースについてです。


せっかく高い治療費を払ってインプラント治療を受けたのに、「自分が期待していたものと違う結果になってしまった」という思いや、不満や不都合に伴うトラブルも少なくありません。

しかし、大抵の場合、不満を持った患者さんは治療された歯科医院にではなく、大学病院や他の歯科医院で相談するケースが多いのです。ということは、治療を受けた医師や病院への不信感がつのり、信頼関係がすでに失われているということなのでしょう。 具体的な個々のトラブルもさることながら、歯科医師としてのこのような現状は大変残念なことだと思っています。以下に、問題を抱えて私たちのところに来院される多くの患者さんの訴えを整理してみました。

●機能に関するもの

・上部構造の出来が悪くて、十分な咀嚼機能が得られない
・インプラント体の埋入位置が悪くて、上部構造が機能しない
 上部構造の形が悪くて舌や頬に当たる。
 舌や頬を咬んでしまう
・上部構造の破損、不適合
・上部構造がぐらぐら動く、はずれる

インプラント体と骨との結合が失われて、インプラント体自体が動く場合はインプラント 体自体が動く場合はインプラントの失敗で深刻です。

インプラント体と骨の結合が失われて、インプラント体自体が動く場合はインプラントの失敗で深刻です。上部構造のみの問題なら、接着用のセメントが溶け出す、固定ネジが緩むなどが原因と考えられますから対処は可能です。

●審美性に関するもの

・インプラントの埋入位置や方向が悪くて、上部構造の審美性に影響が出る
・上部構造の自体のデザイン、色調、形態などの不調和
・歯肉が痩せて、インプラント体や上部構造の金属部分が露出してきた
・歯肉の形態が崩れて、笑ったときに歯と歯の間に隙間が気になる

 上部前歯部の審美性に関するトラブルの原因は、インプラント治療としての範囲ではない部分も含まれます。インプラント治療で解決することは限られています。
医師は事前に十分な診査を行い、適切な治療計画を詳しく説明しておくべきですし、患者さんも自分のイメージを詳しく伝えて、インプラント治療で出来る事と、出来ない事など、冷静に話し合っておいてほしいのものです。

●痛みや不快症状に関するもの

・咬むと痛い
・インプラント体を埋入した部位の歯肉が腫れる、膿が出る
これらはインプラントの失敗の前兆であることが多く、早急に担当医に診てもらう必要があります。

●担当した歯科医に対する不信感

・上記のさまざまなトラブルに対する対応の悪さ
・リコールや定期検査の不徹底
・責任回避
別の歯科医にセカンドオピニオンを求めてみるのが、得策だと思います。


次回はインプラントは誰にでも可能な治療法なのか?です。

プラザ若葉歯科では多くのインプラント治療を実施しています。
些細な事でも結構ですのでインプラントを検討されている方は


坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ

〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

休診日:水曜、日曜、祝日
≪7/26~8/2まで夏季休診とさせて頂いております。8/3より通常診療となります。≫

手術時の起こる可能性のある事故

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

今回はインプラント手術において起こる可能性のある事故についてです。


治療に伴う偶発事故の多くは、インプラント体を顎の骨に埋入する手術のときに発生します。主なものは次の通りです。

●下顎の神経損傷に関する事故

現在は手術の前にコンピュータトモグラフィー(CT)を使って骨の断面を撮影し、形状を把握することが出来るようになった為、偶発事故は以前より随分少なくなりました。
しかし、その中でも一番多いのが、下顎骨の中にある神経を損傷する事で出てしまう
「しびれや知覚異常」の症状です。

この神経は感覚神経で、運動を司るものではありませんから、顎が動かなくなったり、顔の筋肉が引きつるような事はありませんが、損傷してしまうと、常に麻酔注射を打ったような痺れがあります。麻酔注射や手術の影響で一時的に麻痺が出ることもありますので、まずはその鑑別が必要です。

万が一事故が生じてしまった場合は、神経線維を再生させる薬物やビタミン剤の投与による治療を行います。
ただし、神経を完全に切断してしまった場合には回復は臨めません。また、知覚異常の範囲の減少や回復には個人差があることも理解しておいてください。

下顎骨と直接は関係していない部位でも、細い神経線維が歯、顔面の皮膚、口唇などと複雑に繋がっている為に、ごく稀に知覚の異常が生じる事があります。

この場合も投薬やレーザー照射などの治療を行います。

●鼻腔や上顎洞に関する事故

鼻腔膜の損傷による大量出血や、上顎洞の損傷による蓄膿症があります。
上顎洞は鼻に近い為、前歯部での不注意なドリリング(ドリルで骨に穴をあけること)で 鼻腔を傷つける可能性もありますが、この事故の頻度はそれほど高くはありません。
上顎洞に対する事故は、無菌的で感染を起こさないような処置をする事が大切です。

上顎臼歯の虫歯や歯周病で、歯根の先端に細菌感染が及んだ場合に、炎症が起きる場合があります。症状がなくても、もともと上顎洞炎に近い状況にある患者さんは意外と多いので、そちらの方も問題です。

●血管損傷による出血事故

インプラント体を埋め込む部位(もともと歯のあった部位)の周囲には、大きな血管は存在していませんが、毛細血管は歯肉だけでなく骨の中にも入っていますから、メスによる歯肉の切開や、骨にドリルで穴を開ければ出血はします。通常の出血なら、傷口を縫合して圧迫止血を施す事で自然に止まります。

但し、心筋梗塞や脳梗塞などの既住症がある人は、血液の流れを良くして血栓を出来にくくする薬を飲んでいるということがあります。

また、肝臓疾患のある人も止血しにくい傾向にあります。
このような患者さんは医科(特に内科)の医師と相談の上、一時的に投薬を止める必要があります。これは歯科インプラント治療に限らず、抜歯のように出血を伴う処置が必要な場合にも同様です。

大きな事故としては、口蓋や舌の根元にある大きな血管を損傷する場合が考えられます。 ドリルの方向や深さを誤って骨を貫通してしまったり、患者さんが急に動いたり、口を閉じたりする事が原因となって発生する危険性も絶対にないとは言えません。

プラザ若葉歯科では綿密な計画の基、安全性を確保し、インプラント手術を行っています。

次回は治療後に起こる可能性があるトラブルケースについてです。

プラザ若葉歯科では多くのインプラント治療を実施しています。
些細な事でも結構ですのでインプラントを検討されている方は


坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ

〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

休診日:水曜、日曜、祝日

インプラントがダメになる時はどんな理由が考えられるか

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

今回はインプラントがどんな理由でダメになるかについてです。


インプラントがダメになる原因は2つあります。
第一には、歯周病のように細菌感染によりインプラント体を支えている顎の骨が溶けて
インプラント体が露出してしまうケース。これは、定期的な検査や日々のメンテナンスにかかっています。

もうひとつは咬む力が強すぎたり、咬み合せのバランスが悪くて特定の場所に過大な力がかかり、骨が耐えられなくなるケースです。咬む力が強いことが予め想定出来る場合は、眠る時のマウスピースを装着するなど、ある程度の予防策はあります。

咬む力が強い場合は、インプラントのサイズや数が、適切なものであるかなどを含めて調べる必要があり、患者さんには対応のしようがありません。

いずれにしても、知らず知らずに力がかかり過ぎてしまうわけですから、歯科医はそうしたことを考慮に入れながらインプラントを設計し、治療をしていきます。

他にも、ごくごく稀ですがインプラント材(ネジや埋め込んだインプラント体そのものが折れるケースもあります。インプラント体と上部構造の適合が悪かったり、中途半端な隙間があいたままネジを無理に締めてしまったりすると、長い間には金属疲労を起こすこともあるのです。ネジ自体が折れた場合はネジをはずせばいいのですが、骨に埋め込んだインプラント体が折れると厄介です。

また、高齢で骨が痩せている場合、インプラント体を入れたことで骨折を起こす場合もあります。

プラザ若葉歯科では綿密な計画をたて、治療後のメンテナンスの仕方につきましても丁寧にご説明致します。

次回は手術時に起こる可能性がある事故についてです。

プラザ若葉歯科では多くのインプラント治療を実施しています。
些細な事でも結構ですのでインプラントを検討されている方は


坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ

〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

休診日:水曜、日曜、祝日

インプラント治療の危険やリスクについて

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~



今回はインプラント治療におけるリスクや危険性についてです。

~一番気になる体への影響~

歯科インプラントを考えるにあたって患者さんがもっとも心配するのは、安全性と 耐久性です。二次的にはお金の心配もありますが、まずはこの2点を納得してからの ことでしょう。

〈安全性〉

安全性には素材そのものについてと手術などのリスクがありますが、素材の安全性は 「純チタン」を使用するようになってクリアされたといえるでしょう。チタンを使用した ケースでの人体への影響やアレルギーの報告はまだありません。
骨への影響もないようです。 ということは、材料面では長期間入れ続けたことが原因となってなんらかの問題が起こるという心配は、基本的にはないと考えて差し支えないでしょう。

手術の安全性については、技術的な面からみれば基本的には難しい手術ではありません。
トラブル事故を防ぐ為に手順が決まっています。
 
事前に詳細な検査を行い、それに基づいた綿密な治療方針に沿って手術を行えば、失敗に繋がるような事故は起こらないはずです。手術による副作用もほとんどありません。

<耐久性 インプラントの生存率>

米国国立保健研究所が、1988年に示したガイドラインでは、インプラントの生存率は
「5年で85%、10年で80%以上」の成功の基準としていました。

これは学術雑誌に報告されたインプラント治療の予後調査をもとに科学的に割り出された数字です。
しかし、現在ではインプラント体の改良による骨結合性のの向上、骨質・骨量の不足を補う為に行う骨造成や骨移植の進歩、使用パーツや上部構造の品質向上などにより、歯科インプラント治療の質は総合的にきちんと使える状態の生存率は10年~15年が約90~95%といわれています。

ただし、これ非喫煙者でかつ口腔衛生状態が良好、定期検査やメンテナンスを励行している人のデータであると考えてください。

従って、生活習慣病、喫煙、歯周病、定期検査の不履行などの様々なリスクを持つ人の場合、耐久性が下がることを理解して、術後管理の重要性をしっかりと認識する必要があります。
人工のものはいつかは壊れますから、一生という言い方は出来ません。 腐食はしませんが、どういう壊れ方をするかは様々です。

次回はインプラントがダメになる時はどんな理由が考えられるかです。 プラザ若葉歯科では多くのインプラント治療を実施しています。
些細な事でも結構ですのでインプラントを検討されている方は

坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ

〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

休診日:水曜、日曜、祝日

歯から考える生活の質の向上

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~



最近は様々な分野でQOL(Quality of Life)という言葉を耳にします。
社会学の分野で、生活の満足度を測る為の指標として開発されたものですが、
次の様な理由で歯科の医療現場においても活発に研究されるようになりました。
 
①病気の構造が慢性疾病中心に変化してきた  

 虫歯などによる緊急生の痛みに苦しむ人が減ってきた代わりに、歯周病た歯の欠損
 に伴う様々な機能回復が求められ、歯科医療の根幹をなすまでに変化してきました。  

②医療技術の進歩によって延命、長寿がもたらされた  

 長寿化で平均寿命は益々伸びていくものの、口腔環境も若い状態を維持しているわけ
 ではありません。高齢者の食生活を支える為に歯科医療も対応せざるを得なくなって
 きました。
 

特に現代の50歳代、60歳代の人達にとって、「審美性」と「心理性」は、QQLの重要な条件と位置付けられています。 大学の研究室などでは、インプラントによって、どの様に食べ物の質や生活の質が変化す
るかを調べています。こういった研究は歯科インプラントがQOLにどう貢献しているかを具体的に提示しようというものです。質問項目は食べ物や社会的な積極性、社交性などに分かれていて、それぞれの項目の伸びをポイントで割り出します。

インプラントの先進国と言われるような国では既にデータが出ています。
しかし、食生活や文化が違う為、日本に当てはめると必ずしも合致するとは限りません。
例えば、アメリカ人はトウモロコシやリンゴをより好んで食し、いわゆる丸かじりする習慣があります。
その為、インプラントを入れると自分が丸かじりしている写真を撮るというエピソードもあるそうです。

③社会的心理側面を含む尺度で、医学・歯学ケアの効果を評価するようになった

歯の機能や審美性を備えた人工臓器として客観的に評価し、歯科医療の効果を健康増進などに役立てるという役割を持つようになってきました。

つまり、先進国の国民としてふさわしい生活レベルを維持し、個人の主観的な幸福感や要求に応じることが、医療面でも求められるようになってきたと言えます。
その中でも、歯科領域は食生活や対人関係など、生活において重要な部分に大きく関与しているのです。


昔から明眸皓歯(美しく澄んだ瞳と歯並びの綺麗な白い歯)という言葉があるくらい、歯並びは第一印象に大きな影響を与えています。

食に関してはもう説明の必要もない程、大きく影響を及ぼしています。 次回はインプラント治療にリスクや危険はないのか?です。 プラザ若葉歯科では多くのインプラント治療を実施しています。
些細な事でも結構ですのでインプラントを検討されている方は

坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ

〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

休診日:水曜、日曜、祝日  

インプラントの補助的な使い方

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~



今回はインプラントの補助的な使い方についてです。



インプラント治療は、失われた天然歯1本に対してインプラントの歯1本が理想的です。 同じ場所に同じように歯をつくり、出来る限りもとの状態を甦らせるに越したことは ありません。

しかし、1本、2本ならともかく、本数が多かったり、総入れ歯の人の歯をすべてインプラントの歯に置き換えるとなると、支払いもかさみ、大変な手術になります。

そのような場合は、左右のバランスや歯にかかる力を詳しく調べた上で、インプラント体の本数を減らすことも可能です。

患者さんによっては、「入れ歯に抵抗感はないし気に入ってもいるが、もう少し安定させられないだろうか」という人もいます。

入れ歯を安定させるツールとして、インプラントを1本か2本入れるという補助的な使い方ですが、これで入れ歯の安定がよくなって患者さんが喜ぶなら、それもベストな治療といえるわけです。

また、そこに自分の歯をつくるという目的ではなく、カタカタする入れ歯を安定させる目的でインプラント治療をするケースでは、磁石やアタッチメントなどを使うことがあります。

磁石を使った場合は、緊急にMRIなどを受けるときに、磁場が変わってしまうのではないかという懸念も指摘されているので、そうした理解や管理についても医師とよく相談をしておく必要があります。

しかし、こうしたインプラントの補助的な使い方もこれからは普及していくでしょう。

次回は歯から考える生活の質の向上についてです。 プラザ若葉歯科では多くのインプラント治療を実施しています。
些細な事でも結構ですのでインプラントを検討されている方は

坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ

〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

休診日:水曜、日曜、祝日

インプラントでどんな効果が期待出来るか②

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~



今回はインプラントにより期待出来る見えない効果についてです。



前回の内容で具体的に患者さんの考える目標達成ももちろん効果ですが

もっと深く掘り下げていくと、咬むことによって引き起こされる「見えない回復」という視点もあります。

咬むようになって顎の骨に力が加わると、組織が密になって骨自体の健康が増進してきます。 例えば、左右対称の顎から片側だけすべての歯をなくした場合、左右のバランスが崩れて、顎にかかる力が偏ります。

すると、力の入らない、歯のない方の骨はだんだんと萎縮して小さくなり、やがては 中もスカスカになって、いわゆる骨粗鬆症に近い状態になっていきます。

ここにインプラントを入れて咬む機能を回復させると、咬むことで力が内部に伝わり始め 、そこからまた新しく骨が活性化していくのです。

年齢が高くても、ある程度まではこうした回復は可能と言われています。

しっかり咬むことで食生活とともに健康状態がよくなれば生活全般にも自信が湧いてきます。

子供の脳が「咬む」ことに活性化するということはわかっていますが、その延長線上には 、大人の脳にも「咬む」ことによる効果もあるはずです。

まだ化学的な証明はされていませんが、高齢者にとって、「認知症防止効果」への影響は 少なくないと思っています。



次回はインプラントの補助的な使い方についてです。



プラザ若葉歯科では多くのインプラント治療を実施しています。
些細な事でも結構ですのでインプラントを検討されている方は

坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。



坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ

〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

休診日:水曜、日曜、祝日

インプラントでどんな効果が期待出来るか①

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~



インプラントにより期待出来る効果についてです。



●歯の働きが甦る

ブリッジや入れ歯などの目的は、失われた歯の機能を回復することにあります。 当然、切実で必要とされるものは、咬む(咀嚼-そしゃく-)という機能の回復ですが、 それとともに、発音や見た目(審美性)の回復というのも大切な要素です。

●大きなポイントになる精神的効果

ブリッジや差し歯に比べて、入れ歯はどうしても「年寄りくさい」というイメージを 持たれる方もいらっしゃると思います。 50歳を過ぎて歯にトラブルが生じても、仕事はまだ現役でバリバリとされているでしょうし、特に団塊の世代を中心とする現在の50歳代は進歩的で若々しいこともあってなおさら抵抗感が強いかもしれません。

再生不可能な永久歯を失うという喪失感もさることながら、着脱式の入れ歯の手入れなどを想像して気持ちが滅入ることもあるでしょう。

入れ歯を使っている人の方が精神的に老けてしまうというデータもあるといいます。

しかし、歯が完全に失われた場所に治療可能なインプラントの歯は、見た目も使い勝手も 自然の歯とあまり変わりません。

すでに入れ歯を使っていた人がインプラントに替えると、精神的な回復効果が大きいそうです。

何より、食生活が変化します。

家族や友人と歯の事を気にする事がなく食事を楽しめるというのはやはり嬉しいものです。 歯のコンプレックスから解放されると、表情や笑顔にも変化が生じるといわれています。 堂々と大口を開けて笑うことも話すことも気にならなくなれば、対人関係や社会に向けても積極性が甦ってくるわけです。

次回は見えない効果について触れていきたいと思います。

プラザ若葉歯科では多くのインプラント治療を実施しています。
些細な事でも結構ですのでインプラントを検討されている方は

坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。



坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ

〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

休診日:水曜、日曜、祝日

ブリッジや入れ歯との違い

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~


今回はブリッジや入れ歯との違いについてです。


●ブリッジ


健康な歯を支柱にして歯のない部分に橋(ブリッジ)をかけて固定します。
部分入れ歯に比べれば安定していて、咬む力も回復します。
しかし、健康な歯を削らなければならない欠点もあります。


●部分入れ歯


バネ(クラスプ)で支えたり、金具を健康な歯に引っかけて固定します。
取り外しが出来て手入れも簡単で、ブリッジのように健康な歯を削る
必要がないです。構造的には外れ易違和感もあります。
咬む力もブリッジよりはだいぶ弱くなります。


●インプラント


手術が必要で他の治療と比べれば高価ですが、健康な歯を削る必要がないのが最大のメリットです。外見上も不自然さがなく、しっかりと固定されます。
咬む力や食感も天然の歯とほとんど変わりません。

ブリッジや部分入れ歯は原則として、ほかの歯を使ったり頼ったりして成り立たせる治療です。
したがって、治療のイメージは通常の歯科治療の延長戦上にあって
それほど大きく異なることはありません。

一方のインプラント治療は、歯肉に覆われた顎の骨の中に人工の
根っこを埋め込むわけですから、メスを使った歯肉の切開や、
スクリュー状の医療機材を使って骨に穴を開けるという手術が含まれます。

使い勝手や使用感はそれぞれの歯の状態や相性、好みにも寄りますが、正直入れ歯は
取り外しの面倒や多少の違和感は免れません。
ブリッジはきちんと装着されていれば、慣れると全くといっていい程
違和感なく使用できます。

しかし、長い年月を使用するうちには土台の歯が悪化したり、ブリッジ素材の
経年変化などによる不安定や不都合も生じてきます。

インプラントの歯は根から独立しているので、周囲の健康な歯に影響を与える
こともなく、咬む力や食感も天然の歯に近い状態になります。

ただインプラントは治療費や、治療内容などしっかり検討し行う必要があります。


プラザ若葉歯科では多くのインプラント治療を実施しています。
些細な事でも結構ですのでインプラントを検討されている方は
坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。


坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ

〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30

休診日:水曜、日曜、祝日

インプラント体と骨がくっつく仕組み②

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~ 今回は前回に続きインプラント体と骨がくっつく仕組みについてです。 人間の身体は侵入してきた人工物に対しては体外に押し出そうとする 力が働きますが、純チタンでつくられたインプラント体は骨と結合することがわかっています。 このチタンと骨が直接結合する状態のことを、骨を表すラテン語のオス(OS)と結合を表す英語のインテグレーション(integration)を組み合わせた造語で、オッセオインテグレーションと呼んでいます。 チタンには表層にごく薄い酸化膜(酸化チタン)があって、その酸化膜と骨の細胞が出すタンパク質や糖質成分が結合し、インプラント体に骨の細胞が 接着することで強固な結合が生まれます。 骨に埋め込まれたチタンと生きている骨とが直接接触した状態で、チタンを 包み込むように骨が再生されていき、天然の歯根と同じ程度の強度や、 咬み合せる力が加わっても動いたり抜けたりしない状態が維持されていくのです。

坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。 次回はインプラントのブリッジや入れ歯との違いについてです。 坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ 〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101 TEL:049-287-1515 【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30 休診日:水曜、日曜、祝日

インプラント体と骨がくっつく仕組み①


現在市販されているインプラントの材料の種類は豊富で、すべてを網羅する事は
不可能に近いと思います。

しかし、基本的な形態や構造はほとんど同じです。
今回は基礎用語と基本事項、インプラント体の仕組みについて2回に渡り
触れていきます。


●上部構造【歯の部分】

インプラント体に、アバットメントを介して被せる、いわゆる歯の部分です。
材料や形態など、歯の喪失状態によって設計が異なります。

●アバットメント

歯肉部分を貫通してインプラント体の上部にネジで固定され、上部構造の土台と
なります。

●インプラント体【根の部分】

顎の骨に完全に埋め込まれ、骨と結合して人工根となります。
一般的にインプラントというと、インプラント体を指す場合(狭義)と、
インプラント体の上に上部構造を被せ、機能を回復させる治療全体を意味する
(広義)があります。

●歯肉 

歯を失うと、最終的にその場所は平坦な土手状になります。
歯の有無にかかわらず、この歯肉の下には必ず顎骨があります。
インプラント治療は顎骨内に埋入したインプラント体から、
歯肉を突き破った(貫通)状態で上部構造と連結します。
下から、骨、インプラント体+アバットメント、歯肉、上部構造の
位置関係が、インプラントが長持ちするか否かを左右します。


●顎骨(顎の骨)、歯槽骨

インプラント治療では、上下の顎の骨にインプラント体を埋め込みます。
顎骨は比較的硬い表層部(皮質骨)と、スポンジ状の網目構造をした内部
(スポンジ状骨)で構成されています。
また、顎骨の中でも主に歯根を支えてい周辺部分は歯槽骨と呼ばれます。

次回はインプラント体と骨がくっつく仕組みについて具体的に触れていきます。


坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101
TEL:049-287-1515

【診療時間】
平日 9:00~13:00 15:00~19:00
土曜 9:00~13:00 15:00~17:30まで

休診日:水曜、日曜、祝日

インプラントの意味と歴史

『そもそもインプラント治療って何?』



~インプラントが第三の歯といわれる理由~



インプラントという言葉は医療ではよく使われる用語で、人工の材料や部品を 体に入れることの総称です。

例えば、整形外科なら骨折した部分や関節に人に素 材を入れて骨をつないだり補強したりすること、美容外科で豊胸のためにシリ コンを入れたりすること、また心臓のペースメーカーなどもインプラントといい ます。

歯科インプラントとは、歯のない場所に人工的な歯の根っこ(人工歯根)をつ くり、その根っこを使って独立した一本の歯をつくり上げることです。 この「独立した歯」というところが、ブリッジや入れ歯(部分人れ歯)と大きく 異なるところで、たとえ人工物であっても、再生不可能だった永久曲に近い状態が甦ると いうイメージから、「第三の歯」と表現する人もいます。


『歯科インプラントの歴史』

人工歯根の歴史はインカ帝国時代にまでさかのぽることができます。南米ペル ーのマリ市博物館には、歯が抜けたところにエメラルド製の歯根が植えられたミ イラが展示されています。

また、アメリカ合衆国のハーバード人学には南米ホンジュラスで発見された7世 紀ごろのものと思われる標本が所蔵されています。

この標本には天然歯を模造した数歯分の人に歯根が植えられていて、レントゲン撮 影によって骨との結合が一部認められたことから、世界最古の歯根型インプラン トとして認知されています。

現在のインプラント治療の技術は、1952年、スウェーデンのブローネマルク医師に よって確立されました。

日本では1980年代中ごろから、歯科大学や歯学部でインプラント治療への取り組 みが行われるようになりましたが、本格的な動きとなったのは、1988年、インプラント 治療を行う歯科医が世界中から集まって開催されたトロント会議以降といえるでしょう。

したがって、日本でいちばん長く使われている例は約20年。スウェーデンなど では30~35年の使用例も出ています。





坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ

〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101 TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30まで

休診日:水曜、日曜、祝日

「無痛麻酔とインプラント」について発表してきました。

今回は「無痛麻酔(静脈内鎮静麻酔)とインプラント」について発表しました。痛みを感じないインプラントって魅力ですよね。その場合麻酔医による静脈内鎮静麻酔という、全身麻酔に準じた方法が行われます。しかし麻酔医だけに頼る麻酔は極めて危険です。どんな人間でもミスの可能性があり、それを防ぐためにチェックのシステムが必要だからです。当院では麻酔医のみならず、インプラント執刀医も全身麻酔医のローテーションを行っているので、麻酔医のミスも未然に防げる環境になっています。無痛麻酔も安心・安全に当院で行えます。


坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ
〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101
TEL:049-287-1515
【診療時間】
平日 9:30~13:00 15:00~19:00
土曜 9:30~13:00 15:00~18:00まで
休診日:水曜、日曜、祝日

ハーバード大学の最新インプラント研修;part2

CIMG1207-300x168.jpg

今回の研修テーマは、"歯周組織とインプラントの審美性と長期的な維持安定のために"でした。
ずっと笑顔で生活するためには、美味しく食事をしたり 話したり 笑ったりしたいですよね。そのためには、歯や、インプラントが長期的に 見た目も機能も維持されることが大切であることは 疑いようがありません。

世界的に高名な先生方から最新の治療を直接学ぶことができ大変有意義な時間となりました。

患者さんにとって、より痛みが少なく、治療期間が短いほうがいいですよね。いろいろなデザインの治療方法を学んでまいりました。たとえば下がってしまった歯ぐきを再生する方法、インプラントの治療期間が短くなり、かつ長期的に安定する方法などなどです。

今後、さらに知識と技術の習熟を重ね 皆様にさらにいい歯科医療を提供できるよう、スタッフ一同研鑚を継続していきます。よろしくお願いします!

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ
〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101
TEL:049-287-1515
【診療時間】
平日 9:30~13:00 15:00~19:00
土曜 9:30~13:00 15:00~18:00まで
休診日:水曜、日曜、祝日

ハーバード大学での最新インプラント研修;Part1(7/10まで)

ハーバード大学で世界の最新処置を学び、その結果サティスフィケートを授与されました。
インプラントの術式・情報は世界の中でアメリカが最先端です。今日まで最先端のものが、明日には、根拠を伴い優れた物が出てくるのが歯科インプラント界の現状です。
今回は、夏季休暇を利用しハーバード大学とペンシルベニア大学でもサティスフィケートを授与されました。
当院でインプラント術を行った患者さんには、世界水準レベルを提供し、患者さんの人生の豊かさを与えていきたい所存であります!

DSC00073.jpg

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ
〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101
TEL:049-287-1515
【診療時間】
平日 9:30~13:00 15:00~19:00
土曜 9:30~13:00 15:00~18:00まで
休診日:水曜、日曜、祝日

最新インプラント・μ-oneインプラントの公認インストラクターになりました。

世界レベルでインプラント表面は2種類あります。Ti(チタン)とHA(ハイドロキシアパタイト)です。両者とも一長・一短がありますが、μ-oneインプラントは両方の長所のみあるインプラントです(凄い)!埼玉県内で、最初の公認インストラクターに任命して頂けました。当院は患者さんにとって、1番良いインプラントを提供し続けていきます。どうぞよろしくお願いします!

μワン1.jpg

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ
〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101
TEL:049-287-1515
【診療時間】
平日 9:30~13:00 15:00~19:00
土曜 9:30~13:00 15:00~18:00まで
休診日:水曜、日曜、祝日


最新骨造成術のセミナー

賞状.jpg

今回は土・日曜日の最新骨造成術のセミナーにいってきました。
患者さんの既存骨が少ない時、様々な補充材を必要とされます。人工骨は生体内に挿入した際、今は大丈夫でも存在時間内で感染する可能性があります。病院勤務時代もよく人工骨のトラブル症例をリカバリーしてきました。
今回は使用する補充材は腫らせない・感染させないことを目的にした最新セミナーです。以前から当院で行われている方法と同じですが、術式は目から鱗がでる素晴らしい方法でした。
骨造成術は日進月歩です。当院に受診してくれる患者さんには、最新式で腫れない・予後が良いインプラントを提供していきます!よろしくお願いします。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ
〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101
TEL:049-287-1515
【診療時間】
平日 9:30~13:00 15:00~19:00
土曜 9:30~13:00 15:00~18:00まで
休診日:水曜、日曜、祝日

日本人用に開発された最新国産インプラントシステムを採用しています。

図.jpg

人種は白人(コーカソイド)、黄色人(モンゴロイド)、黒人(ネグロイド)に大別されます。骨格系に優れた白人は、骨量も豊富でありインプラントにおいても良好な結果が得られます。

 現在日本はインプラント後発国であるため、白人用インプラントシステム(世界に準じたと言われているインプラント)を用いられることが多いです。しかし、日本人などのモンゴロイドは、白人と比較して骨格系に劣り、顎骨(歯槽骨)の質や量が少ないことは周知の事実です。

 この為白人において有効なインプラントのシステム・術式が、すべて日本人に適応すると考えるのは根本的に無理と、「イミディエートインプラントロジー」にも書かれています。

 これら事項を含め、当院は日本人(モンゴロイド)用に開発された最新の国産のインプラントシステムを採用しています。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ
〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101
TEL:049-287-1515
【診療時間】
平日 9:30~13:00 15:00~19:00
土曜 9:30~13:00 15:00~18:00まで
休診日:水曜、日曜、祝日

当院は、ワンピース型インプラントを主体にしています。

1ピースと2p.png

インプラントの種類として、ワンピース型とツーピース型に分かれます。
被せ物の柱が一体化しているのがワンピース型、一体化していないのがツーピース型です。ツーピース型は、柱を1体化様にするのに、ネジと追加部品が必要になります。
 当院は①インプラントの強度②余計な患者さんへの費用負担がないと大きな利点があるワンピース型を主体としています。
 ワンピース型は東京医科歯科大学の春日井教授も言ってましたが手術が難しいです。インプラントを埋める位置がずれると、柱の修正が少ししかできない為被せ物の位置もずれてしまいます。ツーピース型の場合、埋めるポイントの位置がずれてもすごい角度で修正ができますが、この場合インプラントは力学的に長持ちはしません。結局理想埋入ポイントはずれてはいけない、ということです。
 この為当院は、無料で人工骨を使わない骨造成を行い(サイナスリフトは除く)理想ポイントの幅を広げながら、インプラント手術を行います。この手法は、埼玉医科大学口腔外科インプラントチーム・秩父中央病院口腔外科部長時代から行っており、安心・安全な手術方法です。


坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ
〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101
TEL:049-287-1515
【診療時間】
平日 9:30~13:00 15:00~19:00
土曜 9:30~13:00 15:00~18:00まで
休診日:水曜、日曜、祝日

本日のインプラント処置は無痛麻酔(静脈内鎮静法)で行いました。

P1260148☆.jpg
歯科で行う無痛麻酔とは、静脈内鎮静法による麻酔を指すことが多いです。本日インプラント処置は、静脈内鎮静法を併用し行いました。これは、精神安定薬を注射して「意識はあるけれど眠い状態」で手術を受けていただくとても安全な麻酔です。強い嘔吐反射や歯科治療、手術に対する緊張や恐怖心のために歯科治療が受けられない方にとても有効です。麻酔医がを生体内情報モニタを用いて全身管理するも、入院や全身麻酔のような危険はありません。手術後すぐに意識が回復し、一定の確認後30分位で帰宅していただけます。実際に受けられた患者さんの感想は苦痛などみじんも感じないとお話をしてくれます。満足度は非常に高く、知らない間に治療が終わってしまった、という方がほとんどです。興味のある方は一度当院にご相談下さい。


坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ
〒350-2203
埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101
TEL:049-287-1515
【診療時間】
平日 9:30~13:00 15:00~19:00
土曜 9:30~13:00 15:00~18:00まで
休診日:水曜、日曜、祝日

日本口腔インプラント学会にて

無題2.jpg

2月10日11日の日本口腔インプラント学会で、5年ぶりに母校(日本歯科大学;東京)の友人に会えました。彼は義歯の専門分野でしたが、彼の専門と異なる歯科インプラント学会で学んでいる姿を見ると、感心と尊敬の念がわいてきます。そして現在インプラント治療は当たり前の治療方法になってきた感じもしました。今、低侵襲のインプラントが必要とされている時代です。この為、痛み・腫れは最小限のインプラント治療を、日々進化する最先端治療の勉強と共に引き続き行っていきたいと思います。よろしくお願いします!

インプラントを用いた矯正。

矯正用のインプラントは、矯正歯科の治療の際、強力な固定源となります。当院ではよく使用する、治療ツールです。 最近では、この処置を行う患者さんの土曜日指定が多くなりました。そのため、4月より矯正歯科日を土曜日に一部追加させて頂きます。 詳細の日程・日時は、後程ご連絡させて頂きます。よろしくお願いします!

Test

Test view