WHAT IS A IMPLANT?インプラントとは?
歯科治療におけるインプラント(implant)治療とは、
虫歯や歯周病、あるいは怪我などのアクシデントなどによって失ってしまった天然歯の代わりに、
チタン製の人工歯根を骨に埋め込み、それを土台として人工の歯を装着し、咬み合わせを回復する治療法です。

「植え付ける」という意味を持つこの「インプラント(implant)」治療は、
歯科治療の領域においては、「人工歯根を顎の骨に埋め込む治療」、あるいは「人工歯根」そのものを指します。
インプラントは機能的に入れ歯のような脱着する方式ではないため、
限りなく自分の歯と同じような感覚で咬むことができ、
見た目も天然の歯とほぼ変わらない審美性と機能性を両立する優れた治療法です。

インプラントの構造について

インプラントの構造

  • 上部構造
    (人工歯冠)
    いわゆる「歯」の部分。セラミックやジルコニアなど、"審美的こだわり"や"ご予算"により様々な素材を選択することができます。
  • アバットメント
    (連結部)
    インプラント体と人工の歯(上部構造)の間を支える重要な部分です。アバットメントは上部構造にあわせた素材を選択することにより、審美的な配慮も可能です。
  • インプラント
    (インプラント体)
    直接、穴を開けた歯槽骨の中に埋められる歯根の役目を果たす部分。 素材はチタンかチタン合金で作られ、ネジのような形をしています。

インプラントの仕組みについて

インプラント埋入の主な流れ

  • 01

    *

    インプラントを埋入し、顎の骨と結合・固定されるのを待ちます。

  • 02

    *

    結合を確認できたら、アバットメントをインプラントに接着します。

  • 03

    *

    アバットメントにクラウンを装着して、完了です。

詳しい治療の流れはこちらから

2ピース法と1ピース法

前述の通り、インプラントは、インプラント体という歯を固定するための「人工歯根」、「人工の歯」、そしてインプラント体と人工の歯を連結するための「アバットメント」の3つでできていますが、1ピース法の場合はインプラント体とアバットメントが一体化しています。

  • 2ピース法イメージ

    インプラントとアバットメント(中間軸)をネジで連結する2ピースタイプのインプラントを使用します。

    ●長所
    アバットメントで角度補正ができるため、ほとんどのケースで適用可能です。アバットメントの選択によって、被せ物の形態を必要に応じて変更もできます。
    ●短所
    2回手術が必要となり、1ピースタイプよりも負担がかかります。
  • 1ピース法イメージ

    インプラントと、被せ物を連結するアバットメント(中間軸)が一体化した1ピースタイプのインプラントを使用します。

    ●長所
    1度の手術で済むため負担が少なく、治療期間も2ピースと比べて短いです。アバットメントがないため、インプラント本体が折れる心配はありません。
    ●短所
    顎の骨の方向性・厚みが少ないと使用できません。
天然歯を取り戻すような、
今までにない治療です
インプラント体は土台となる部分ですが、
“単に骨に埋める”というだけではなく、生態親和性に優れたチタンを利用することで、顎の骨と結合します。
顎の骨と結合したインプラント体は、人工の歯をしっかりと固定します。
インプラント体と顎の骨がしっかり結合すると、ズレがなく、しっかりとした咬み合わせが実現でき、
入れ歯では難しかった「自分の歯のような感覚」を取り戻すことができます。

CHARACTERISTIC当院のインプラントの特徴

当院で扱うインプラントシステム

チタンインプラント

  • オステムインプラント
    オステムインプラントは、品質マネジメントの国際規格であるISO9001の認証を受けており、製品の安全性と優秀な品質が世界的に認められています。アメリカではHIOSSENと別名で販売。黄色人種の骨格に合わせて開発されています。
    当院はオステムインプラントの臨床研修施設に認定されています。
  • アストラテックインプラント
    アストラテックインプラントは、スウェーデンのアストラテック社で製造されています。純チタンを用いており、骨とチタンの結合、生体親和性に優れ、長期間安定して使用できるインプラントです。また、審美性にも優れています。
    当院の院長はアストラテックインプラントシステム指導医です。

HAインプラント

  • ミューワンHAインプラント
    ミューワンHAインプラントは、1~2μmの薄膜ハイドロキシアパタイト(HA)を表面にコーティングした、骨との結合に優れるインプラントです。国産のインプラントで1ピースタイプが主流となります。
    当院ではミューワンHAインプラントの開発当初より利用しています
  • AQBインプラント
    AQBインプラントは、HAコーティングのインプラントです。「再結晶化法」という独自の製法を開発しており、コーティング層はきわめて結晶性が高く、生体親和性に優れます。これにより迅速かつ強固な骨結合が期待できます。
    当院の院長はAQBインプラントシステム指導医の資格を持っています。

術前シミュレーションによりインプラント治療を、より安全に計画的に「SIMPLANTを使用したインプラント治療」

  • 高品質・低価格のこだわり
    咬むことは生きることです。当院では、患者様が歯を失った場合でもインプラントで歯の機能を回復させ、美味しい食事をとり、健康で快適に過ごしていただきたいという想いから、できるだけ安心して治療を受けていただきやすいよう、高品質でも、適正価格での治療提供を心がけております。

    詳しくはこちらから

  • 患者さんに合わせて使用する2つのインプラント
    骨の状態が悪い場合・汚れがついて骨が溶け安定性に欠けた場合はインプラントが、最悪外れてしまいます。そこで当院では骨とインプラントの結合が強力になる様にチタンタイプ、HAタイプのそれぞれ長所を残し、短所を消す方法を採用しています。

    詳しくはこちらから

インプラント・入れ歯・
ブリッジの違いについて

横にスワイプしてご覧ください。

治療法
インプラント
インプラント
健康な歯を削る必要がなく、他の歯に依存しないため、他の歯への負担がありません。咬合力が強く、天然の歯と変わらない咬み心地で、審美性にも優れます。
入れ歯
入れ歯
部分入れ歯と総入れ歯があり、どちらも取り外しが可能です。合わない入れ歯を使用している場合は、安定が悪く、咬み心地も違和感があることがあります。
ブリッジ
ブリッジ
支柱として両隣の健康な歯を削る必要があり、咬み合せの時に両隣の歯に負担がかかります。部分入れ歯に比べると比較的安定しており、天然の歯に近い噛み心地があります。
審美性 優れる 良くない 良い
噛む力 優れる 弱い 良い
口内衛生 優れる
(手入れ要)
不衛生になりやすい 不衛生になりやすい
耐久性 優れる
(手入れ要)
合わなくなることが多い 両隣の歯に負担
健康な歯を削る なし なし 両隣の歯を削る
違和感 なし あり 少ない
顎骨がやせる なし やせる やせることがある
手術 あり(抜歯程度) なし なし
診療形態 自由診療となります
保険診療
見映えの良いものは、自由診療となります
保険診療
見映えの良いものは、自由診療となります
治療期間 1〜3ヵ月
(AQBの場合)
2週間〜2ヵ月 2週間〜1ヵ月
ページの先頭へ戻る