• インプラントについて
  • メンテナンス
  • 治療料金と治療期間
  • センター長紹介
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • お問い合わせ

痛みや恐怖を無くす無痛治療のインプラント

痛みや恐怖を無くす無痛治療のインプラント

171027_.jpg

歯医者さんは、今も昔も「痛い・怖い」ところイメージを痛いている方はまだまだいらっしゃると思います。昔の歯科治療は、痛みや不快感を伴うことが多かったのも事実です。

そこで、今話題になっているのが無痛治療です。

痛いのが嫌で、病院や歯医者さんに行くのに、歯医者さんでは日常我慢している痛みよりも、もっと痛い治療に耐えなければならないなんて、悲しいですよね。

例えば、虫歯を少し削るだけなので、麻酔をしなくても大丈夫と言われたのに、削っている最中にチクチクと痛みを感じて我慢をしてしまったり、抜歯の痛みを和らげるために麻酔を打つのに、その麻酔注射が痛かったりという経験をした方もいると思います。

治療や手術時の痛みを取り除くには、麻酔のコントロールが大切です。インプラントは口腔外科手術ですが、全身麻酔を行うことは稀です。虫歯治療などで見かける治療と同様に部分麻酔(局所麻酔)を行います。

麻酔のチクッとする注射だけでも嫌だという方のためにも、回避する特別な方法があります。それでは、インプラント時の無痛治療を行っている歯科医院では、どのような治療の方法を行っているのかを簡単にご説明します。

1.麻酔注入時の特徴

2.精神鎮静法

3.歯科麻酔と医科麻酔

1.麻酔注入時の特徴

①表面麻酔

表面麻酔は、麻酔注射を打つ部分に塗る、歯茎表面の感覚を麻痺させるものです。インプラントは顎の骨の中に、人工歯根をいれるので、歯やあごの骨にまで麻酔薬を浸透させるために、麻酔注射は必須です。注射は避けて通れないのですが、表面麻酔を使うと注射針の「チクッ」とした痛みを感じなくなります。

表面麻酔には、液状、ジェル状、スプレー状などの種類があり、それぞれの形状によって歯茎に塗ったり・吹きかけたりしています。

② マイクロ細い注射針

表面麻酔に効果があっても、やはり注射は怖いもの。大きい針より、細い針の方が体内に挿入される際の抵抗が少なく、その分痛みも少ないです。

一般に医療で使用する注射針は細めに作られていますが、用途によっても異なります。注射針の太さは「ゲージ」と呼ばれる単位で示されており、ゲージが大きいほど細く、細くなるほど注射時の痛みが少なくなるのです。
歯科で利用する麻酔注射の針は、とても細く30ゲージのものがよく利用されます。
当院ではさらに細い33ゲージの針を使用しています!これは、髪の毛とほぼ同じ程度の細さです。

ちなみに、採血時の注射針の太さは、赤血球の破損を防ぐため比較的な太めの22ゲージ前後が使用されています。

③電動麻酔注射器

注射の痛みには、針が刺さる痛みと、液体が注入される痛みがあります。電動麻酔注射器は、最もつらいといわれる注入時の痛みを抑えることができます。

無痛治療を行うために、麻酔液が入るスピードもとても重要です。インプラント手術時は骨まで麻酔液を浸透させるために、強い圧力を掛けながら注入しなければならないのですが、強い圧力をかけると一気に麻酔液が入り込み、異物が体に急に入ってきたことによる痛みが生じてしまうのです。

圧力や速度がコンピュータで制御され、以下のメリットがあります。
・体に無理なく麻酔液を注入することができる。
・注射開始から注入速度が緩やかに上がる
・注入速度が電圧などに左右されない

④麻酔保温器

麻酔液と体温に温度差があると、体がびっくりして不快に感じたり、その部分に痛みを感じたりしてしまうこともあります。麻酔保温器は、その名の通り、麻酔液を常に体温に近い温度(37度)に保つための機械です。

2.精神鎮静法

①静脈内沈静麻酔法

腕から点滴で精神安定剤を入れながら手術を行う方法です。全身麻酔が効く寸前のような、うたた寝やほろ酔い状態になります。効果が出ている間は、リラックスし安らかな気持ちを感じることができます。また、処置時の痛みや不安・不快な記憶も和らげてくれます。

恐怖や緊張、口にものを入れただけで「オエッ」となってしまう方には、特に有効です。
静脈内沈静法を用いて手術を行う際は、血圧や脈拍、呼吸などを厳重に監視しながら行われますので安心です。

②笑気ガス鎮静法

低濃度の笑気ガス(亜酸化窒素)と酸素を混合させたガスを鼻から吸いこむことで、心がリラックスでき、恐怖心や緊張を和らげる方法です。手術と聞くと、だれでもドキドキしますよね。緊張をほぐし、恐怖心を和らげ落ち着いた心でインプラント治療を受けることができるように助けてくれます。

この方法は、痛みの緩和や、神経の麻痺を行う作用はないため、他の麻酔と併用して使われます。

3.歯科麻酔と医科麻酔

同じく麻酔をかけることは同じですが、麻酔をかけた後に歯科医と医師が行うことができる領域は全く別となります。

そして、医科領域を学んできた歯科医の数はそんなに多くはありません。患者さんに麻酔をかける上で、歯科治療の技術だけではなく医科領域も周知しており、体全体を診ることができる視点はとても重要です。

本当に痛みを感じないインプラント手術を受ける際は、医科麻酔医と提携のある歯医者さんまたは、医学博士の資格がある歯医者さんで治療をされることをお勧めします。

インプラントは手術です。
患者さんのコンディションや体全体を診て、必要な麻酔の判断が出来る専門性の高い歯医者さんを選ぶ必要があります。

また、無痛治療でインプラント手術を受けるためのもう一つの大きなポイントは手術のスピードです。どんなに滅菌していても、技術力が高くても、手術に時間がかかってしまえば、細菌が入り込むリスクは高まっていきます。
治療スピードが速いということは、手術に無駄がないということです。傷口も最小で、菌の入り込む隙間がなければ、麻酔が切れた後の痛みや腫れも限りなく少なくなります。

インプラントを考えている歯医者さんへ、手術にかかる時間の目安を尋ね、参考にしてみるのも良いかもしれません。

いくつになっても手術をうけるには、勇気が必要です。
勇気をもって自分の笑顔と未来のためにインプラント手術を決断される方々は、素敵に生きようと決意をしているように感じます。
患者さんの恐怖心や不安を認識している歯医者さんでは、インプラント手術に伴う痛みだけではなく、むし歯や口腔ケアの段階でも、恐怖がないように痛みがないようにと配慮した治療が行われています。

ぜひ、歯医者さん選びの参考にしてみてください。 インプラント手術は、無痛治療を徹底している歯医者さんを。

私たちプラザ若葉歯科は、徹底的に痛みの少ない診療へこだわりを持っています。
鶴ヶ島市だけではなく、周辺の川越市、坂戸市、川島町などからも無痛診療の口コミが広がり、多くの方に診療に来ていただいています。

安心して治療を受けられる、かかりつけ歯医者としてプラザ若葉歯科はいかがですか。

少しずつ寒くなってきましたが、今日も元気に診療中です。
インプラントに関する、疑問・質問などいつでもご相談ください。