• インプラントについて
  • メンテナンス
  • 治療料金と治療期間
  • センター長紹介
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • お問い合わせ

超滅菌主義

超滅菌主義』敵は細菌、オペは事前準備が勝負を分けます。

インプラントのオペは事前準備が勝負の分かれ目だと当インプラントセンターは考えます。
患者様には見えない部分「滅菌作業」
当インプラントセンターは『超滅菌主義』ポリシーを元に以下のプロセスにて細菌を限りなく0にする準備を万全にしています。
「事前準備にしっかりとした時間を費やし、オペは最短で行う!」
これが当インプラントセンターのこだわりでもあります。

【超滅菌主義】は以下のプロセスによって実現しています。

【超滅菌主義】は以下のプロセスによって実現しています。

1、血液溶解剤に浸け、手洗い洗浄

まずは血液溶解剤に浸けながら手洗いにて汚れを落とします。
当たり前のことですが、1つ1つの器具を丁寧にブラシを使って手洗いで洗浄します。

2、超音波洗浄機

次に全ての機具を「超音波洗浄機」にかけ、目に見えない汚れを落とします。
普通の滅菌では手洗いのみで済ませ、落ちにくい汚れがあるときのみ超音波洗浄器を使用することが多いようですが、洗浄効果に何倍もの違いがあることが実証されています。

【超滅菌主義】は以下のプロセスによって実現しています。2

3、高温自動洗浄機

この「高温自動洗浄機」は当インプラントセンターの特徴で、高温で細かい細菌を熱処理で「滅菌」します。
また、機械で洗い方が均一のため、スタッフ誰がこの機械を使って洗っても完全にバクテリアを殺す事ができます。

【超滅菌主義】は以下のプロセスによって実現しています。2

4、歯や骨を切削する機器、タービン・コントラが専用機器(DACユニバーサル)で洗浄

4、歯や骨を切削する機器、タービン・コントラが専用機器(DACユニバーサル)で洗浄

手洗いでは限界のあるタービン・コントラは専用機器で洗浄・滅菌します。外部洗浄の工程では、 冷水(パルス洗浄)で2回、温水で1回インスツルメントを洗浄し、バイオフィルムや汚れを素早くより効率的に取り除きます。 手作業による内部の洗浄は非常に難しいもので、DACユニバーサルはインスルツメントの内部および外部を徹底的に洗浄し、最適な滅菌処理が行えるよう準備します。

5、1つ1つパックをする

5、1つ1つパックをする

細かい作業ですが、機器を1つ1つ分けて別々にパック処理をします。
当インプラントセンターでは意外と大切な作業・プロセスだと考えています。

6、オートクレーブ(滅菌器)

最後にオートクレーブ(滅菌器)にかけます。こちらの機器・プロセスも他医院でも一般的ですが、このオートクレーブにかけるまでの細かさ、プロセスが当インプラントセンターの特徴です。

【超滅菌主義】は以下のプロセスによって実現しています。2