• インプラントについて
  • メンテナンス
  • 治療料金と治療期間
  • センター長紹介
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • お問い合わせ

骨と歯肉の再生

骨と歯肉の再生

~坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラント専門医のプラザ若葉歯科~

インプラント治療をしようという人は、虫歯や歯周病、事故など、何らかの原因で歯を喪失しています。歯がないままにしておくと歯肉が痩せてしまい、インプラント治療に支障をきたす場合が出てきます。

歯根部はもともと歯肉の下の歯槽骨の中にあった為、歯が抜けるとその空間を埋めようと、次第に周囲の歯槽骨が吸収されてへこんでいきます。

歯槽骨に合わせて歯肉もへこんでいきますので、歯肉の位置は健康な歯があった時とは明らかに異なってくるのです。

インプラント体を埋め込む位置や角度は、治療後の使用感やインプラントの寿命に大きな影響を与えます。

従って、歯槽骨が不足して歯肉が痩せている場合などは、あらかじめ骨の再生手術を行う事もあります。

骨を再生する方法には、次に紹介する骨再生誘導法、サイナスリフト(上顎洞底部の骨量増大)などがあります。
どの技術を採用するかは、インプラント体を埋入する部位や患者さんの骨量の不足状態によります。

【骨を移植する技術】

骨再生誘導法は普通の骨移植よりも活性の高い骨を得られるといわれ、インプラント治療に多用されています。

①骨に支柱となるネジを立て、ゴアテックスなどの素材で遮へい膜をテント状に
 張って密閉された空間をつくり、骨が再生されるのを待ちます。

②①より早く確実に骨をつくる為に、①でつくった空間に骨移植を行う事もあります。
 移植する骨は、自分の骨(口の中の他部位骨)の塊や、それを粉砕して細かくしたもの
 または人工骨を使う事もあります。

【上顎洞底部を増やす技術】(サイナスリフト)

上顎の奥歯付近に骨の萎縮や骨量の不足がある場合は、下顎に比べてインプラントの成功率は低いといわれています。
それは、上顎洞という空洞の存在が大きく影響しているのですが、この空洞の底辺に骨を補う事で、インプラントを可能にする事が出来ます。

①ラテラルウィンドウ法

 上顎洞の側面に窓を開けて、そこから移植用の骨(大量に必要な場合は腰骨を使用)
 を詰める方法。歯槽骨頂から上顎洞までの高さが極端に少ない場合に適用されます

②オステオトーム法

 骨の高さが5ミリ以上、幅が6ミリ以上ある場合は、専用槍のような器具を使って、
 上顎洞内へ骨を移植します。
 それと同時にインプラント体を埋入する方法です。

【歯肉を再生する技術】

歯周病などで歯肉が後退したり、歯肉が柔らかくなって健康な部分が不足している場合には、歯肉の移植や、若干の移動という方法によって再生する事も出来ます。

インプラント周囲炎を予防する為に、インプラント周囲には充分な幅と厚みを持った良い
歯肉(角化歯肉)がある方が良いです。

●歯肉の移植

口の中の天井部(口蓋部)から切り取った歯肉を、歯肉を切り開いた露出面に縫い付ける方法

●歯肉のスライド(移植術)

インプラント体埋入部周囲の余剰な角化歯肉を必要な部位にずらして(スライドして)
縫い合わせる事で、固い歯肉部分を拡張します。

プラザ若葉歯科では最先端の完全自己血由来の骨再生治療を推奨しています。
骨が少ないからとインプラントを諦めていた方も是非ご相談ください。
生体拒絶反応はなく、人工骨より痛くなく、感染が少なく、治りが早いというのが特徴です。

↓↓↓詳しくはコチラをご覧ください
骨を創る!医学博士ならではのこだわり。完全自己血由来の骨再生術!


実際にどの様な手法が最適となるかは、患者さん一人一人によって異なります。
プラザ若葉歯科では、CTを用いた精密な診断、治療計画で、安心で確実なインプラント治療を行っています。

インプラントを検討されていて、ご自身の歯肉の状態が心配な方、その他些細な事でもお気軽にお問合わせください。
医学博士によるカウンセリングを実施しています。


坂戸,鶴ヶ島,川越市のインプラントはプラザ若葉歯科までお気軽にご相談ください。
若葉駅西口徒歩2分。駐車場も完備しています。

坂戸,鶴ヶ島,川越のインプラントならインプラント専門医の当インプラントセンターへ


〒350-2203 埼玉県鶴ヶ島市上広谷792-1レクセルプラザ若葉101

TEL:049-287-1515

【診療時間】 平日 9:00~13:00 15:00~19:00 土曜 9:00~13:00 15:00~17:30