• インプラントについて
  • メンテナンス
  • 治療料金と治療期間
  • センター長紹介
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • お問い合わせ

2017年10月18日

2017年10月18日

インプラント治療を受ける歯科医院の選び方

171016.jpg

こんにちは。スタッフの森島です。
歯医者さん選びの基準はいろいろあれど、インプラントをする歯医者さんとしてどんな基準で選ぶべきなのでしょう。

今日は、歯医者さん選び、特にインプラント手術医院を選ぶポイントについて考えてみたいと思います。

平成23年の段階で、全国で歯医者さんは68,156施設あり、そのうち11,311の医院でインプラント手術を行っているそうです。約6分の1です。インプラントを行うには、高度な知識と技術だけではなく、特殊な機器や衛生管理も大切です。
むし歯を診てもらうだけの歯医者さんを選ぶよりも、もっと慎重に選ぶ必要があります。

自分の身を預ける病院・歯医者さんは本当に大切です。

今日は、インプラントに特化したよい歯医者さんを見極める5つのポイントをご紹介します。専門的な機器の名前や鑑識眼がなくても、注意してみるとどなたでも確認ができます。

1.滅菌をしっかりしている

2.カウンセリングルームがある

3.インプラント専用のオペ室がある

4.インプラントの保証制度がある

5.院内がきれい

1.滅菌をしっかりしている

滅菌とは何か、聞きなれない人のために似ている単語のご説明を。

消毒:人の体に有害な物質を除去、または無害化すること。無菌にすることではない。

殺菌:菌を殺すこと。対象や程度は明確にはなっていない。対象の数%だけの菌を殺したとした場合でも使うことができる。

滅菌:対象に存在しているすべての微生物、ウィルスを死滅させるか除去すること。
「100万個のうち1個の対象物に微生物が付着している確率」(SAL≦10-6)が国際的に採用されている。

インプラントに限らずとも、滅菌をしっかりと行っているかどうかは、歯医者さんが患者さんのことを本当に大切に思っているかの1番大きな判断基準となります。

歯科医や衛生士は、日常的に患者さんのお口の中の唾液や血液に常に触れています。ゴム手袋を患者ごとに変えることや、直接口に入れる道具の滅菌を徹底しなければ、前の患者さんの唾液や血液が次の患者さんの口内に触れてしまい感染症などのリスクにおかされてしまうのです。

患者さんのことを第一に考える歯医者さんは、院内感染を防ぐために徹底した滅菌の体制が整えられ、しっかりとしたマニュアルがあります。

インプラントは、手術です。滅菌が徹底されていないと、口の中だけではなくインプラントを埋め込むために穴をあけた歯茎、あごの骨にまでウイルスや細菌が侵入してしまいます。

私たちが怪我をしたらとき、傷口を消毒せずに汚したままにしておけば、化膿して悪化してしまいます。それと同じようにお口の中の傷のある部分へも消毒されたきれいな道具を使わなければ、そこから菌が感染してしまう可能性があるのです。

滅菌を徹底している歯医者さんをどうやって見極めることができるのでしょうか。

・院内が清潔に保たれているか。
・患者さんに触れるスタッフがゴム手袋しているか
・コップやスタッフのゴム手袋を患者ごとに変えているか。
・ホームページで滅菌について記載されているか。
・治療器具が一人分ずつパックされているか。

当院長は恩師より「滅菌は愛である」という言葉を徹底して教わったそうです。
滅菌をしていれば、防ぐことができる痛みや微熱などもあります!ご自分の歯医者さんが、滅菌することを大切にしているかどうか、チェックしてみてくださいね。

2.カウンセリングルームがある

論より証拠。カウンセリングルームがあるということは、患者さんの話に耳を傾けます!という証拠です。

初めてのインプラントの場合、期待と心配の中のうち心配の方が圧倒的に大きくなっていると思います。

例えば、インプラント料金が心配、治療法に選択肢を知りたい、ただ不安だけがあるということでも構いません。きちんと対応する歯科医として、耳を傾けることができる体制があるかどうかは、カウンセリングルームがあり活用されているかに現れます。

生活環境や食生活、病歴などを対面で聞き、インプラントをしていくうえで支障になることがないかどうか、一緒に相談ができれば理想的です。

そこの歯医者さんが大切にしていることも聞くことができるかもしれません。スタッフと時間を取って話すことができれば、今後の治療、インプラントについても不安が少し払しょくされ、安心して通うことができますね。

歯医者さんによっては、初めて行ってからすぐ診療台に乗せられ、「口を開けてください」と言われるところもあります。

特にインプラントの場合治療方針を進めていくか、歯医者さんも患者さんもお互いがわかって納得しているべきですね。

カウンセリングルームがあることとは別に、各診療台にモニターがあって、それを活用しているかどうかも大切です。医師が患者さんへ、現在の状態を説明するときに口頭で説明するだけではなく、目で見てわかる画像を提示してもらえると自分の状態をよく理解することができます。

3.インプラント専用のオペ室がある

インプラント治療を大切に考えている歯医者さんには、必ずオペ専用の診療スペースがあります。インプラントは外科手術です。

通常の診療チェアでもインプラント手術は行うことができますが、隣で別の患者さんが虫歯の治療をしていたりするような環境では好ましくありません。

インプラント手術には、準備が大切です。徹底した滅菌をすることは言うまでもありません。慌ただしい中での手術は、集中力が途切れてしまいますし、何よりも細菌やウイルスが完全に管理された状態とは言い切れません。オペ室があるということは、手術を行う際に清潔な環境で、集中して専念する環境が備わっているということです。

4.インプラントの保証制度がある

インプラントは定期的なメンテナンスがかかせません。事前に定期的なメンテナンスを受ける必要があること、その頻度や費用についても説明を受けることは当然です。しかし、正しくメンテナンスを受けていても、骨の状態の急な変化や、インプラントの破損などがおき、噛めない状態になってしまうこともあります。

インプラントは決して安くありません。そのため、手術後に保証をしてくれるかどうかということは、大きな問題です。自信と責任を持っていなければ、保証はつけることができません。

インプラントを考える際は、そこの歯医者さんが保証制度を取り入れているかどうかも事前に知っておいてください。

5.院内がきれい

インプラントと関係があるの?と思うかもしれませんが、院内の清潔さはスタッフの心の現れ。基本中の基本です。1の滅菌をしているかどうか、にも大いに関係がありますが、歯科医院は医療現場なのです。

受付から、トイレ、診療室がきれいに整理整頓されているかをみれば、簡単に確認できますね。新しいかどうかではなく、院内の壁や機器、スタッフの服装なども注意してみてみると、清潔に心がけている病院かどうかを知ることができます。
中には、開業してから10数年以上がたっているのに、そんな歴史を感じさせないほどのきれいさを保っている医院もあります。
「どれくらい前からに開業されたのですか?」と尋ねてみて、年数ときれいさを比較してみるのも良いかもしれません。

経っている年数より、新しくきれいに見えるのはスタッフの意識と日々の整理整頓の結果です。清潔にすることを徹底しているため、心から安心して通えるのではないでしょうか。扱っているものや場所を大切にできるということは、そこで対応する患者さんも大切にできるということにつながってきます。

歯医者さんの数はコンビニより多い!のですが、コンビニのように気軽に行く場所を変更することはできません。インプラントを考えているなら、なおさら歯医者さん選びはとてもとても大切です。

ホームページを開いている歯医者さんでは、そこから調べることもできるかもしれません。
また通っている友人・知人に評判を聞いてみても良いかもしれません。
今日ご紹介した5つのポイントを参考に、信頼できる歯医者さんを見つけてくださいね。

もちろん、私たちプラザ若葉歯科は5つのポイントをすべてクリアしています。 ぜひご自分の目で確かめに来てください。

これからの笑顔と食の喜びのためにインプラントを考えているなら、 徹底した滅菌と、確かな技術力を自慢としているプラザ若葉歯科をお選びください。

いつでもご相談お待ちしております。