• インプラントについて
  • メンテナンス
  • 治療料金と治療期間
  • センター長紹介
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • お問い合わせ

CT撮影とシュミレーション解析

インプラント治療必携!CT。でも・・・CT画像があるだけでは不十分。

①医院内CT(術前・術中・術後直ちに撮影可能)②CTシュミレーションソフトで解析。これらが整い、安心な精査、計画と安全な治療が獲得されます。

川越市・坂戸市に近い鶴ヶ島市にあるプラザ若葉歯科では、インプラントを当院で行う患者さんには無料で、CT撮影とシュミレーションソフト解析を行っています!

①医院内CTの必要性・・・「術中」「術直後」の口腔内状態をその場で確認でき、万が一のリスク回避が可能です。


ct.jpgCT設備が自分の医院にない場合、術前と術後の撮影は他院でCT撮影しなければなりません。

それでは術中、術直後の状態をCTで確認できません。

骨が少ない時に起きる可能性のリスク回避情報が遅れ、取り返しのつかないことにも繋がります。
このため、医院内CT設備のない歯科医院はリスクが高くなります。また骨の厚みや形は人それぞれ。比較的まっすぐな人もいれば、くぼみがあったり、傾いていたり、骨が薄かったり、厚かったり。

骨の構造は人によって様々です。CTでリアルタイムに正確に確認することで、安全な治療ができ、手術の成功率が高まります。

②CTシュミレーションソフトの必要性


CTを撮影しても、そこから得られる情報はただの3方向から映し出される顎骨の断面像のみなのです。
実際はそれだけではインプラントオペの予測には不十分といえます。

なぜなら、実際のインプラントが入った状態の標記がなく、骨内神経に触れる可能性があるかないか、上顎にある空洞内にどこから触れるのかなどをインプラントが入った場合で正確にシュミレーションできません。

インプラントに於けるCT撮影に関して重要な事は、 インプラント画像診断後、インプラント手術シュミレーションをしっかり行っているかどうかなのです。
上のように、3D画像のなかで、実際にインプラントを入れてみる。そしてそれが下顎神経から十分離れているか、安全な手術なのかを判断する。

そして、その後人工の歯を作ってみて、きちんと良く噛める歯ができるかどうかをバーチャルで調べてみるのです。
コンピューター上で、インプラントを埋入し、その上にバーチャルな歯を作ってみる。

そういうシュミレーションが大切となってくるのです。
坂戸市に近い鶴ヶ島市のプラザ若葉歯科では、当院でインプラント治療を行う患者さんには無料でCT撮影とシュミレーションソフト解析を行っています。


レントゲン検査の種類の比較

レントゲン検査の種類の比較.png


①よく歯科医院にあるレントゲン写真(パノラマ写真)

・平面的に一部分がわかるだけの簡単な検査


レントゲン写真.png
 
②CTだけの写真

・立体的(縦面+横面+水平面)な検査 撮影内部は詳細にわかるもインプラントの予測は不適 

ctだけの写真.png

③CT+シュミレーションソフト解析を行った写真

・立体的(縦面+横面+水平面)な検査 撮影内部は詳細にわかり、インプラントの予測に最適 

シュミレーションソフト.jpg

まずCTの利点とは。

インプラント治療を行う歯科医院は増えましたが、CTを完備している医院はまだ多くはありません。よく歯科医院にあるレントゲン写真(パノラマ写真;図①)は2次元画像です。

この為、「骨の厚み」は全くわかりません。そして拡大して映るため「骨の形」が相当アバウトです。さらに1平面像のため「骨の内部情報」を詳細に得ることができません。歯科用レントゲンだけで、「インプラント手術に支障なし」と判断したが、いざ手術が始まってみたら、骨の形態や骨質が予想とは違っていたという事があります。

CTを撮らない歯科医院では、術前診断の甘さから、手術中止という事も多々あります。
それに対し、CTは3次元画像です(平面像・水平像・立体像の全ての箇所;図②)。

この為、「骨の厚み」「骨の形」「骨の内部情報」が正確に見ることができます。

しかし、よく歯科医院にあるレントゲン写真(パノラマ写真)やCTだけを見て、勘を頼りに大体の感覚で治療し、正確な骨の厚みや形、神経や血管の流れを知らずに、インプラント本体の長さや角度を間違えて埋入すると、骨を突き抜けて血管や神経を傷付けかねません(図2 失敗例)。残念ながら、他院では実際にそのような医療事故が起こっています。

この為、シュミレーションソフトCT画像(図③)で正確に骨の厚みや形を診断していれば、避けられた事故かも知れません。このように、パノラマ写真だけでは正確な判断ができず非常に危険です。


成功例・失敗例.jpg
図2:失敗例、成功例


歯科用CTは的確な情報を得る第1歩であり、これを術前・術中で確認できるため川越市・坂戸市に近い鶴ヶ島市のプラザ若葉歯科では、事故が起きていません。

川越・坂戸に近い鶴ヶ島にあるプラザ若葉歯科では、インプラント手術の前に、
このSimPlant(シンプラント)での治療計画立案と患者説明を行っております。