• インプラントについて
  • メンテナンス
  • 治療料金と治療期間
  • センター長紹介
  • スタッフ紹介
  • アクセス
  • お問い合わせ

骨再生治療~骨が少なくてインプラントをあきらめていませんか?~

骨を創る!医学博士ならではのこだわり。完全自己血由来の骨再生術!

CGFとは完全自己血液由来の最新骨補充剤です。

プラザ若葉歯科では、インプラント、歯周外科、口腔外科治療などの手術の際、骨や歯周組織の再生療法を実施しております。その際用いるのがCGFというものです。生体拒絶反応はなく、人工骨より痛くなく、感染が少なく、治りが早いというのが特徴です。

CGFとは、「Concentrated Growth Factor」の略で、血小板・成長因子が豊富に含まれた完全自己血液由来のフィブリンゲルのことです。血液中の血小板は、創傷(キズ)の治癒を促進させる、周囲組織細胞と同じ細胞を作るなど様々な因子を持っています。つまり骨組織は骨、肉組織は肉の細胞を伝導させる自己血液由来の骨や歯肉の補充剤です。
また抗凝固剤・トロンビン・塩化カルシウムなど(PRP装置の時使用)の添加物を一切用いないので、感染リスクが低減されます。


■ 当院でのCGF臨床応用

当医院では、患者さんから採血させていただき、専用の遠心分離機「メディフージュ」で遠心分離して作られる「CGF」を臨床に応用しています。
様々な活用方法がありますが、主に、下記の用途に使用します。

• 骨の量を増やしたい場所に、盛り足し骨を作る。
• 骨誘導再生法(GBR)を行う際の、骨造成を誘導するためのメンブレン〈膜〉として使用
• 骨強度の上昇が必要な時に、骨充填剤(人工骨)を最小限に混ぜ骨を作る。


自分の血液を使用するので、感染リスクがほとんどなくなることや、自分の骨を移植する自家骨移植と比べると血液採取の針の痛みだけなので、骨移植のような痛みも出ないというメリットがあります。
他の骨補填剤と違って、何より完全自己血液なので感染症についても安心、免疫拒絶反応の心配もありません。人工物のみを使用する際と比べて安全性が非常に高い治療法です。
そのため、他院にて、骨が無い・薄いためインプラントを断念された患者さん、感染リスクの高い患者さんにも対応いたしております。